epohedimg001

農林水産省 農山漁村における再生可能エネルギーの地産地消の取組について

私たちの身のまわりには、土地や水、風、熱、生物資源等が豊富に存在しています。有限でいずれは枯渇する化石燃料などと違い、これらは、自然の活動などによって絶えず再生・供給されており、環境にやさしく、地球温暖化防止にも役立つものとして注目を集めています。農山漁村において、これらのエネルギー(太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスなど)を積極的に有効活用することで、地域の所得の向上等を通じ、農山漁村の活性化につなげることが可能となります。農林水産省は、再生可能エネルギーの導入を通じて、農山漁村の活性化と農林漁業の振興を一体的に進めています。

農山漁村における再生可能エネルギーの地産地消の取組を紹介します(平成28年度農山漁村再生可能エネルギー地産地消型構想支援事業)。

・湯沢市再生可能エネルギー地産地消推進協議会(秋田県湯沢市)
 ・信州しおじり地域電力供給事業推進協議会(長野県塩尻市)
 ・五島市再生可能エネルギー推進協議会(長崎県五島市)
 ・地域の恵みを活かした小国町農林コミュニティ協議会(熊本県小国町)

 

protect 450596 180※イメージ画像

詳細はこちら http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/tisan_tisyou.html

Default Image
2017年05月19日

地球環境基金主催 平成29年度…

「支援者獲得・イベント集客が変わる情報発信プログラム」 ――応援と共感が集まるWEB・SNS活用―― 環境保全に取り組む NGO・NPO…
2017年05月19日

資源エネルギー庁からの公募情報…

▽資源エネルギー庁からの公募のお知らせです 草の根NPO等活動支援の公募を開始しました…
2017年05月19日

第106回エコ塾 『新分野へ広…

K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を目的に、人脈形成・ビジネスマッチ…
2017年05月18日

公開シンポジウム「わが国のSD…

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development…
2017年05月17日

「合宿で身につける『ファシリテ…

会議やワークショップで「意見出しにくくて沈黙ばかり」「お互いの意見がすれちがう」「脱線が多くて時間オ…