25 対象のタグ "CO2"

  •  平成30年度長崎県再生可能エネルギー推進フォーラム 

    長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域における再生可能エネルギーの活用を推進しております。
     今回、その一環としてJSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)による、「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギー活用事例」についての講演、県内の自治体と企業の現状の再生可能エネルギーに関する課題や取組内容についての紹介を行う再生可能エネルギー推進フォーラムを開催いたします。

    <開催日時>
     平成31年3月20日(水) 14:30~16:45(13時30分受付開始)
     ※17:00から交流会も予定しています。

    <開催場所>
     ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(3階 プレミアホール)
     長崎市宝町2番26号

    <開催内容>
     ●開会挨拶 14:30~14:35
     ●基調講演 14:35~15:25
      JSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)講師
      「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギーの活用事例」
     ●取組事例紹介 15:25~16:45
      (1)壱岐市 「水素・再生可能エネルギー導入ビジョン策定事業と課題」
      (2)雲仙市 「地域のバイオガス発電導入等の状況と課題」
      (3)ハウステンボス株式会社 「農業とソーラーシェアリングに関する取組み」
      (4)株式会社イワテック 「バイオガス発電、水素に関する取組み」
      発表後 JSC-A講師からの総評・質疑応答
     ●交流会 17:00~18:30

    <参加費>
     無料(ただし、交流会は会費制 5,000円/1名)

    <申し込み方法>
      下記の再生可能エネルギー推進フォーラム申込みフォームよりお申込みください。

    ●申請URL: http://eap.pref.nagasaki.lg.jp/kv2/?42000v00003219ZDt

    電子メール、FAXでも受付いたします。次の項目を明記の上、
     件名を「長崎県再生可能エネルギー推進申込み」として、申込みください。
     申込み受付先の電子メールアドレス及びFAX番号(※申込みフォーム以外から申し込む場合)
     電子メールアドレス:   FAX番号:095-895-2544
     ●記載事項
      1.氏名(ふりがな)2.勤務先/所属 3.部署名 4.役職
      5.勤務先/所属住所 6.電話番号 7.メールアドレス
      8.交流会出欠 
     ●申込期限
      平成31年3月15日(金)

    <詳細はこちらから> 
     長崎県ホームページ
     https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/378349.html

  • 「エコライフ・フェア2019」出展者募集開始

    環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提供することを通じ、環境問題への理解を深め、日々の暮らし中で行動に移していただくことを目的にエコライフフェアを開催します。

    現在、出店者を募集しています。

     

    今年のテーマは「『気づき』から『行動』へ~地球の未来のために~」です。

     

    ・日時

    6月1日(土)10:30~17:00 2日(日)10:00~16:30

    ・場所

    代々木公園ケヤキ並木/イベント広場(東京都渋谷区)

    eco life fair

    http://ecolifefair.env.go.jp/index.html

     

  • 「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」の結果(速報値)について

    環境省では、家庭からのCO2排出実態を把握し、削減対策の検討等に幅広く活用すること等を目的として、政府統計の整備に向けた検討を進めています。
      この度、平成26年10月から27年9月まで、統計法に基づく一般統計調査として、全国10地方の約16,000世帯を対象とした全国試験調査を実施し、その結果(速報値)をとりまとめました。

    ■全国試験調査の主な結果

    ○政府統計としては初めて全国規模で家庭からのCO2排出実態等を把握しました。
     ・電気・ガス・灯油の使用に伴うCO2排出量は世帯当たり年間約3.5t(電気からが約7割、ガスからが約2割、灯油からが約1割)
     ・自動車用燃料(ガソリン・軽油)の使用に伴うCO2排出量は、世帯当たり年間約1.3t

    ○地方別のCO2排出量などを推計しました。
     ・全国10地方の中で、世帯当たりのCO2排出量が最も多いのは北陸地方、最も少ないのは関東甲信地方
     ・世帯当たりのエネルギー消費量が最も多いのは北海道地方、最も少ないのは沖縄地方

    ○省エネ行動の実施率が高い世帯ほどCO2排出量が少なく、削減可能性が分かりました。

    ■報道発表資料
    http://www.env.go.jp/press/102283.html
  • 【募集】国土緑化推進機構「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成事業の公募(2/1~3/15締切)

    公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。
    また、助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーも大阪で開催されます。
    皆様、ぜひこの機会に、応募&ご参加をご検討ください。


    国土緑化推進機構「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成事業の公募(2/1~3/15締切)
    【緑のボランティア応援! 助成する活動を募集します】

    midorinobokin joseiguide2020 page 0001

    国土緑化推進機構の「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」では、国民参加の森林づくり運動を推進するため、国内・海外の森林に関わる先進的で波及効果のある市民の自主的な活動を一般公募し、助成支援しています。
    令和2年度は、重点項目に次世代育成と一体となった森づくり活動や健康に寄与する森林とのふれあい活動なども含め支援します。

    1. 募集期間
    2020年2月1日(土)~3月15日(日)まで(当日消印有効)

    2. 助成対象者
    民間の非営利団体、非営利の法人
    (「緑と水の森林ファンド」は「個人」も対象とする)

    3. 事業期間
    2020年7月1日~2021年6月30日

    4. 対象活動
    「緑の募金」
     森林ボランティア、里山保全団体およびNPO等による以下の活動
    ・国内外の森と人を元気にする活動
    ・地球の緑を増やし、地球温暖化防止や生物多様性保全に貢献する活動
    ・森づくりのリーダーを育てる活動
    ・森や里山で子どもたちを育むことができる活動

    「緑と水の森林ファンド」
    ・普及啓発:森林・緑・水に対する国民の認識を深めるための普及啓発活動
    ・調査研究:地域材の利用・山村資源の有効活用や森林の公益的機能の増進に係る調査研究
    ・活動基盤の整備:森林づくり活動を通した農山村と都市住民等との交流促進
    ・国際交流:国内で開催される森林に関する国際会議への支援、海外情報の収集

    5.  助成対象経費
    事業実施に直接必要となる経費。詳しくは実施要領・募集規則をご確認ください。

    【対象経費の例】
    ・交通費、保険、会場費、保険費
    ・事業に伴う資材費、機材のレンタル経費、外部委託経費
    ・資材運搬費、指導謝金、
    ・事務費、印刷・通信費、人件費(上限額あり)

    【対象外経費の例】
    ・作業労賃、内部人材への謝金、食材・飲食費
    ・国際協力事業の渡航費
    ・記念品、団体の通常運営経費、資産形成に繋がる経費
    ・必要以上の外部委託経費

    6. 助成の限度額
    「緑の募金」
    ・一般公募事業「森林整備・緑化推進」200万円、「国際協力」300万円
    ・特定公募事業「国民参加による災害に強い森林づくり事業」300万円
    ・都道府県緑推推薦事業 「子どもたちの未来の森づくり事業」100万円

    「緑と水の森林ファンド」
    ・団体100万円、個人70万円

    7.  応募方法
    応募申請書に必要事項を記入し、押印の上、補足資料とともに郵送にてご応募ください。
    また、「緑の募金」国際協力事業は郵送とともに、申請書データ(エクセル)をメールで送信してください。

    8. 審査の流れ
    協力企業、有識者および理事会により事業審査、査定します。

    詳しくは各HPをご確認ください。ご応募お待ちしております。

    ◆緑の募金(募集規則、様式、助成ガイド 等ご案内中)
    http://www.green.or.jp/bokin/volunteer/activity-support
    http://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2020.pdf

    ◆緑と水の森林ファンド(2月1日ホームページで公開予定)
    http://www.green.or.jp/news/news-green-fund/

    ───────

    また、これらの助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーを大阪で開催します。
    重点項目の説明とその事例紹介も予定しています。
    http://www.green.or.jp/event/shinrinesd_osaka_sympo-seminar/

    ◆『緑のボランティア助成セミナー2020 in 大阪』

    image 200216 01
    【日時】2020年2月16日(日) 14:00~18:30
    【場所】「近畿中国森林管理局」大会議室
    【主催】国土緑化推進機構
    【共催】近畿中国森林管理局、大阪みどりのトラスト協会

    【プログラム】
     事例報告(次世代育成と一体となった森づくり等)、
     「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成プログラム紹介
     助成金個別相談会、ポスターセッション、情報交換会

    【詳細】 http://www.green.or.jp/bokin/200216bokin


    <問い合わせ先>
      公益社団法人 国土緑化推進機構(担当:募金部)
    〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館(B棟5階)
    TEL:03-3262-8457 FAX:03-3264-3974
    E-mail:

  • 【参加募集】第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス~COP24交渉結果と我が国の将来を考える~

    confer_cop24

    12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマに第5回地球温暖化に関する九州カンファレンスを開催します。 
    COP24では「パリ協定」を運用するルールブック(実施指針)が採択される予定であり、今後の世界的な地球温暖化防止に向け重要な会議となります。
    本カンファレンスでは、COP24の交渉結果をはじめ各国の動向、及び国内の方向性等の最新情報を提供いたします。

     

    詳細と参加申込み方法はこちらから

    九州地方環境事務所_第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス~COP24交渉結果と我が国の将来を考える~
    http://kyushu.env.go.jp/to_2018/cop24.html

     

     

    日 時:平成31年1月18日(金)13:30~17:00 (開場及び受付開始13:00)


    会 場:TKPガーデンシティ博多新幹線口5階プレミアムホー
        (福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル)

    定員:120名 ※参加申し込みが必要です

     

    プログラム

    1.開会挨拶

    2.COP24の成果、パリ協定実施ルールと各国の動き(仮題) 
      東京大学 国際高等研究所(UTIAS)
      サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S) 教授 高村 ゆかり 氏

    3.COP24を踏まえた国内動向、環境省の施策展開(仮題)
      環境省 地球環境局
      国際地球温暖化対策担当参事官  小川 眞佐子 氏

    4.地球温暖化1.5℃上昇のリスクと対策(仮題)
      福岡大学名誉教授   浅野 直人 氏

    5.パネルディスカッション、意見交換    
      モデレーター:浅野 直人 氏
      パネリスト:高村 ゆかり氏、 小川 眞佐子 氏

    6.閉会

     

     

  • 【熊本】令和元年度RISTシンポジウム「熊本のSDGs推進に向けて」

    ~令和元年度RISTシンポジウム「熊本のSDGs推進に向けて」~

     熊本市の「熊本地震の経験と教訓をいかした地域(防災)力の向上事業」*が、内閣府が進めるSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に選定されました。また、熊本市近隣の13市町村が連携して長期的な地球温暖化対策を推進する「熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画」の検討が開始されています。
    このような熊本を舞台とした地球温暖化、エネルギー、防災をはじめとする先導的なSDGsの取り組みについて、情報を共有し、将来を語り、アイデアや意見を募って、熊本のSDGsのさらなる推進の契機にしたいと考えております。
    (今回はSDGsの中でも、地球温暖化対策とエネルギーを主軸とし、防災や地域産業の発展にも波及するテーマも取り上げます)
    皆様の奮ってのご参加をよろしくお願い致します。

    *地域単位の防災力を高めるとともに、地域エネルギーの地産地消、EVによる電力供給、EVバス導入促進等による電力を核としたライフライン強靭化を促進するもの

    1.日 時 令和元年11月22日(金) シンポジウム 13:30〜17:30(13:00開場)
                       交流会      18:00〜20:00

    2.場 所 ホテル日航熊本(熊本県熊本市中央区上通町2-1)
         

    3.主 催 くまもと技術革新・融合研究会(RIST)、(公財)くまもと産業支援財団

    4.共 催 熊本市

    5.後 援 熊本県、熊本県工業連合会、熊本県情報サービス産業協会、
          熊本県産業振興協議会、熊本日日新聞社 (以上、予定)

    6.内 容

    ○受付開始              13:00
    ○開会  主催者挨拶         13:30
    ○講演
      第1部 熊本市のSDGsの取り組みと技術革新への対応  13:35〜14:15
      熊本市長 大西 一史氏
     (熊本市が提案したSDGs未来都市計画の概要、重点的な取組、SDGsの達成に不可欠な
      技術革新への対応等について、その内容と今後の想いを大西市長に語って頂きます)

      第2部 将来のSDGsロードマップについて 14:20〜14:50
      1)温暖化とエネルギーの今後
        熊本大学大学院 先端科学研究部 教授 鳥居 修一 氏
      2)未来都市熊本の交通システム
        熊本学園大学 シニア客員教授 坂本 正 氏

      第3部 先導的な取り組みや研究/ビジネス事例について  15:00〜16:50

       1)人口75億!適応しなければ生きられない不都合な現実と未来
        熊本県地球温暖化防止活動推進センター  センター長 田邉 裕正 氏
        ―温暖化対策センターの取り組みSDGs評価ー

      2)ゼロエネルギー住宅(ZEH) 実現にむけた技術開発の役割
        熊本県立大学環境共生学部居住環境学専攻 准教授  田中 昭雄 氏

      3)熊本市地域エネルギー事業の今後の展開について
        スマートエナジー熊本株式会社 代表取締役  横尾 将 氏

      4)合志市の大規模ソーラー事業について
        自然電力株式会社 太陽光事業部 部長 佐々木 周 氏

      5)電気自動車によるSDGs推進の取り組み(日本電動化アクション)
        日産自動車株式会社 日本事業広報渉外部 担当部長 大神 希保 氏

      6)EVバス技術によるSDGsへの新たな貢献
        熊本大学大学院先端科学研究部 准教授 松田 俊郎 氏

      7)ESG金融とSDGsの取り組み
        株式会社肥後銀行 経営企画部 サスティナビリティ推進室 副企画役 高田 賢治 氏

      第4部 SDGs推進に向けたパネルディスカッション  16:55〜17:25
      モデレータ    熊本大学大学院先端科学研究部 教授 鳥居 修一 氏
      パネラー (講演者、民間、熊本市等)

    ○閉会挨拶          17:25
    ○閉会


    7.参加料   シンポジウム:無料
            交流会:有料(RIST会員:3,000円、一般:5,000円)

    8.定 員    200名

    9.申込締切  11月18日(月)

    10.お申込み  WEB申し込み 

    ※ページへ接続できない等、上記フォームでのお申し込みができない場合は、大変お手数ですがメールにてお申し込みをお願いいたします。(お申し込み先 RIST事務局:)
    ※お申込みに際して記載いただいた内容は当シンポジウムの運営のみに使用いたします。

    ★詳細は、下記ページをご確認ください。
    http://www.rist.gr.jp/archives/event/2704

  • 【福岡】第8回地球温暖化に関する九州カンファレンス~COP25の交渉結果と我が国の対応を考える~

    第8回地球温暖化に関する九州カンファレンス~COP25の交渉結果と我が国の対応を考える~

    leaflet

    九州地方環境事務所では、地球温暖化対策を推進している自治体、事業者、一般の方々を対象に、「地球温暖化に関する九州カンファレンス」を開催しています。
    今回の「第8回地球温暖化に関する九州カンファレンス」では、12月2日から13日にかけて行われる予定の国連気候変動枠組条約第25回締結国会議(COP25)の結果をはじめ、世界の動向及び国内の方向性等の最新情報を提供することにより、脱炭素社会に向けたより実践的な取り組みが促進されることを目的に講演及びパネルディスカッションを行います。

    1 開催日程

    日 時:令和2年1月8日(水)13:30~17:00(開場及び受付開始13:00)

    会 場:TKP博多駅前シティセンター 8階 ホールB
    (福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F)
    ※参加費無料、会場にお越しの際は公共交通機関のご利用をお願いします。

    主 催:九州地方環境事務所

    2 プログラム

    1.開会挨拶  九州地方環境事務所

    2.COP25結果報告(仮題)
      東京大学未来ビジョン研究センター 高村(たかむら) ゆかり 氏

    3.COP25での交渉結果と今後の展開(仮題)
      環境省地球環境局 ※調整中

    4.国際的な動向を踏まえた地域での取組(仮題)
      福岡大学名誉教授(前中央環境審議会会長) 浅野(あさの) 直人(なおひと) 氏

    5.パネルディスカッション
     【話題提供】 「世界のノンステートアクターの動向」
     一般社団法人イクレイ日本 事務局長 内田(うちだ) (とう)() 氏
     モデレーター:福岡大学名誉教授(前中央環境審議会会長) 浅野(あさの) 直人(なおひと) 氏
     パネリスト:高村(たかむら) ゆかり 氏、内田(うちだ) (とう)() 氏、環境省地球環境局

    3 申込方法等

    (1)定員 100名(先着順)

    (2)申込方法
    1. 参加を御希望の方は、「参加申込書」に必須事項を記入の上、電子メールまたはFAXでお申し込みください。
    2. 申込期限 :令和2年1月7日(火)16時
    3. 参加申込書 :参加申込書 [Word] 、参加申込書 [PDF]
    4. 送付先 電子メール   FAX:096-322-2446
    5. 注意事項
     ・件名に「第8回地球温暖化に関する九州カンファレンス参加申込み」と入力してください。
     ・宛先は「九州地方環境事務所 環境対策課」としてください。
     ・団体名、氏名、連絡先は必ず記入してください。
     ・受付票は発行いたしません。申込み多数でご参加いただけない場合のみ、電話等でご連絡いたします。
     ・ワード様式を使用する場合は、右クリックで「対象をファイルに保存」後に入力ください。
     ・その他、「参加申込書」が使用できない場合などは電子メール又は電話でお問合せください。

    4 ペーパーレス化の取組み

     環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組みを推進しています。
     地球温暖化に関する九州カンファレンスにおいても、開催により排出されるCO₂をできる限り削減するため、講演資料の配布はいたしません。講師からウェブページ上での掲載について承諾を得られた講演資料については本ページで掲載します。聴講される方は事前にご準備の上ご来場ください。 
     また、ノートパソコン・タブレット等の端末を利用可能の場合は、事前に資料をダウンロードしていただく等、ペーパーレス化への協力をよろしくお願いいたします。なお、会場から環境省ウェブページにアクセスして資料を閲覧される場合には、通信環境及び電源の確保は御自身でお願いします。

    5 カーボン・オフセットの取組み

     「地球温暖化に関する九州カンファレンス」の開催に伴い、会場で使用する電気等より排出されたCO₂については、九州・沖縄管内の8県内で創出されたJ-VER及びJ-クレジットにより可能な限りカーボン・オフセットします。皆様も可能な部分からオフセットにご協力ください。

    ★詳細は、下記ページをご確認ください。
    http://kyushu.env.go.jp//to_2019/cop25.html

     

    6 問合せ先

     九州地方環境事務所 環境対策課 (担当:黒田・大嶋)  
     電子メール:  電話:096-322-2411 FAX: 096-322-2446

  • 【終了】第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    「第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス」が熊本県にて開催されます。
    みなさま、ぜひご参加ください。
    前日には、「環境白書を読む会」が開催されます。

    第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    パリ協定の発効により、今後、世界は脱炭素社会に移行していくものと見込まれています。脱炭素社会を実現し、経済・社会全体の転換を成し遂げたうえで、国民生活の質の向上を目指すために、各主体の行動を変え、イノベーションを誘発する可能性のあるカーボンプライシング(炭素の価格付け)について、日本においても協議が進められています。
    本カンファレンスではカーボンプライシングに関する国内外の状況やその意義及び影響について、取組事例を含めた情報提供を行うとともにカーボンプライシングによるイノベーションの可能性についてパネルディスカッションを行います。

    ■日 時:令和元年10月4日(金)13:30~17:00
    ■会 場:熊本地方合同庁舎A棟 1F 共用会議室
        (熊本市西区春日2-10-1)
    ■主 催:九州地方環境事務所 
     ※参加費無料、会場にお越しの際は公共交通機関をご利用ください


    ■プログラム案:
    1.開会挨拶  九州地方環境事務所
    2.世界と日本の動向と環境省の取組について(仮題)
      環境省地球環境局 地球温暖化対策課市場メカニズム室 室長補佐 新原 修一郎 氏
    3.JCLP及び積水ハウスのカーボンプライシングに対する対応
      日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)共同代表
      積水ハウス株式会社丈夫執行役員 石田  建一 氏
    4.リコーグループの取組について
      株式会社リコー  リコー経済社会研究所
      環境・資源・エネルギー研究室 主席研究員 則武 祐二 氏
    5.埼玉県の目標設定型排出量取引制度について(仮題)
      埼玉県 環境部 温暖化対策課 小西 まどか 氏
    6.パネルディスカッション 
      モデレーター:福岡大学名誉教授(前中央環境審議会会長) 浅野 直人 氏
      パネリスト:石田 建一 氏、則武 祐二 氏、小西 まどか 氏


    ■申込み方法等:
    <申込み方法>
     次のウェブサイトに掲載の参加申込書に必要事項を記載し、電子メール又はFAXでお申込みください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html  
    <申込み期限>
     令和元年10月1日(火)17時
    <問合せ、申込み先>
     九州地方環境事務所環境対策課(担当:黒田・大嶋)
     メール:
     電話: 096-322-2411  FAX: 096-322-2446


    ■留意事項:
     本カンファレンスはペーパーレスで実施いたします。講演資料の配付はいたしません。
     講演資料は10月1日をめどに以下のページに掲載いたしますので事前にご準備の上ご来場ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html

    カーボンプライシング

  • 【長崎】ながさきエコライフ・フェスタ2019

    EPO九州も後援として携わっております、「ながさきエコライフ・フェスタ2019」が長崎県の長崎水辺の森公園・三角広場で開催されます。
    同時開催で長崎で作られた旬の農水産物に出会える「ながさき実り・恵みの感謝祭2019」も催されます。
    ぜひ、皆様、足をお運びください!

    ながさきエコライフ・フェスタ2019

    「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント「ながさきエコライフ・フェスタ2019」を開催します!
    本年度は開催から10年目という節目の年になり、昨年度に引き続き、2日間開催するとともに、食のイベント「ながさき実り・恵みの感謝祭2019」と初の同会場(長崎水辺の森公園)での同時開催を行います!
    また、「ながさきエコライフ・フェスタ2019」の一角として、三角広場で「エコカー展示」等も実施します。
    ぜひお越しください。
    なお、11月30日(土曜日)から12月6日(金曜日)までの1週間を「ながさきエコライフ・ウィーク」とし、家庭や職場、学校などさまざまな場所で、普段の生活の中で身近にできる地球温暖化対策に取り組んでいただく期間を設けます。
    ぜひ積極的にエコ行動を実践してください!

    日時

    令和元年11月30日(土曜日)、12月1日(日曜日)午前10時~午後4時(小雨決行)

    場所

    長崎水辺の森公園、三角広場(長崎市常盤町)
    ※専用駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください。

    内容

    ステージイベント

    11月30日(土曜日)
    • (10時00分) 開会式(環境ポスター展及び環境活動表彰式など)
    • (11時00分) オープニングミュージック
    • (11時15分、14時00分)MilkShake(ミルクセーキ)エコステージ
    • (11時45分、15時30分) 「ながさき実り・恵みの感謝祭」によるお楽しみ抽選会
    • (12時30分)龍踊ステージ
    • (13時00分)大声大会(上位者にプレゼントあり)
    • (13時30分)みかん詰め放題
    • (14時30分)エコライフミュージック&ダンス

    12月1日(日曜日)
    • (10時00分) サステナな○×クイズ大会&ゆるキャラ大集合 (正解者にプレゼントあり)
    • (11時00分、15時00分) 「はなかっぱ」キャラクターショー
    • (11時30分、15時30分)  「ながさき実り・恵みの感謝祭」によるお楽しみ抽選会
    • (12時00分)エコライフミュージック
    • (12時30分)長崎県地球温暖化防止活動推進員によるエコ寸劇 
    • (13時00分)新米すくい取り
    • (14時00分)リユース品抽選会 [受付]10時30分~13時30分
    • (14時30分)エコライフダンス 

    ばってんリサイクルゾーン

    • 1日100店舗のガレージセール (フリーマーケット) ※出店者の募集は終了しています。

    中央テント

    • エコバッグのかえっこ ※ご自宅にある不用になったエコバッグをお持ちください!
    • SDGsエコさがしラリー(会場に散らばった「SDGs」を探そう!(1日につき200名まで、参加賞あり))

    いきものゾーン

    • ペンギンの来場!(30日10時~12時のみ)
    • 海のいきものタッチング 
    • いきものの観察コーナー(ホタルの幼虫、カエル など)

    エコカー展示&ソーラーボート乗船

    • 各メーカーの環境に配慮した車の展示
    • 緊急車両の展示、乗車体験
    • ソーラーボートの試乗会(通常1,800円→500円!)

    ガラポン抽選会

    『ながさきエコライフ・フェスタ』会場本部(長崎水辺の森公園)、『ながさき実り・恵みの感謝祭』会場本部(長崎水辺の森公園)、『エコカー展示&ソーラーボート乗船』会場(三角広場)で3種類のスタンプをもらい、<ガラポン抽選会>にご参加ください!
    ※抽選会は11月30日(土曜日)、12月1日(日曜日)に『ながさきエコライフ・フェスタ』会場本部で行います。
    ※景品がなくなり次第終了します。

    その他

    • エコクイズラリー (参加賞あり) [受付] 11時~、14時~
    • ミニ電車[運行時間]11時00分~12時00分、12時30分~13時30分、14時00分~15時00分 (雨天中止)
    • フードドライブ ※ご家庭で眠っている“もったいない”食品をお持ちください!
    • 資源物回収受付 ※ご家庭で不用になった小型家電(縦10センチ、横25センチの搬入口に入る大きさのもの)、古着を回収します。

     

    お問い合わせ先

    長崎市環境部 環境政策課
    電話番号:095-829-1156
    ファックス番号:095-829-1218
    住所:長崎市桜町6-3(別館4階)

  • 【開催案内】企業における気候変動対策セミナー ~脱炭素経営と気候変動適応にむけて~

    企業における気候変動対策セミナー チラシ2月19日火

    九州地方環境事務所では、平成31年2月19日(火)13:30から、
    南近代ビル7階2号室(福岡市博多区博多駅南4-2-10)において、
    「企業における気候変動対策セミナー」を開催いたします。

    本セミナーは、第一部と第二部での開催となります。
    第一部では、SDGsやパリ協定の合意以降、ESG投資の拡大等を背景に、
    SBTやRE100等企業の脱炭素経営に向けての目標を設定する動きが進んでおり、
    こういった動きの背景や現状の説明をはじめ、環境省の企業版2℃目標(SBT)の設定支援事業等の説明、
    本事業への応募企業から取り組みの事例を紹介。

    第二部では、企業における気候変動リスク、適応の重要性、事例等について、
    福岡大学名誉教授 浅野先生をはじめ専門家の方々から説明をいただきます。

    詳細については添付のチラシ、HPをご覧ください。 
     九州地方環境事務所HP
      http://kyushu.env.go.jp/to_2019/post_172.html
     九州環境管理協会 HP
      http://www.keea.or.jp/seminar-20190219.html
     参加申し込みはこちら ※googleフォームを利用しています
      https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9b0poTlStYumF-7F995lr2dRQ4IR-Jnomc7eXcEHZKfUl6Q/viewform

     ※第一部、第二部どちらかの申し込みも可、企業以外の方々も参加可能です

     

  • 【開催案内】小浜温泉発電プロジェクト10周年 記念講演会「小浜温泉の地学的背景」

    長崎県雲仙市において、下記の通り講演会が開催されます。

    地熱、温泉熱、地域エネルギーなどにご関心のある方は、ぜひご参加ください。



     長崎大学と小浜温泉,産学官が連携してスタートした未利用温泉水による温泉発電プロジェクトは,着手から10年が経過しました。この間,2011年東北地方太平洋沖地震の原発事故を受け国内の再生可能エネルギー導入に向けた動きが活発化,小浜温泉では全国に先駆けて温泉バイナリー発電が稼働を始めました。このプロジェクト開始10年を記念し,雲仙火山のホームドクターであり,また島原半島の温泉研究の第一人者でもある九州大学名誉教授の太田一也先生をお招きし,プロジェクトの原点ともいえる国内屈指の豊富な湯量と熱量を誇る小浜温泉の地学的背景をテーマに講演していただきます。また同時開催として,小浜温泉発電プロジェクト10年のあゆみをパネル・写真展示により振り返ります。

    (1)日時:2018年3月18日(日)14:00-16:10(13:30開場)

       開会14:00記念講演14:30-16:10(※休憩・質疑含む)

       【同時開催(13:30-17:00)】

        ~パネル・写真展示~「小浜温泉発電プロジェクト10年のあゆみ」

    (2)講師:太田一也 九州大学名誉教授(元九州大学理学部附属島原地震火山観測所長)

       主催:長崎大学、共催:小浜温泉エネルギー活用推進協議会

    (3)開催場所:雲仙Eキャンレッジ交流センター(雲仙市小浜町北本町862-2島鉄バス小浜バスターミナル2階)

       駐車場:夕日の広場駐車場

      ※駐車場受付にて,講演会参加の旨をお申し出ください。(無料,但し台数制限有)

    (4)参加方法:以下のお問合せ先にお申込みください。

    ※ 当日の参加も可能ですが、会場準備のためできるだけ事前申し込みをお願いいたします。

    (5)お問合せ・お申込先:

     長崎大学環境科学部総務班(担当:冨工)Tel 095-819-2713/ E-mail

     雲仙Eキャンレッジ交流センター(担当:佐々木)Tel0957-74-3345/ E-mail

     

    2018 3 18小浜講演会チラシ 001

  • 【開催終了】地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    鹿児島県で開催される2020年度地球環境基金の助成金説明会がいよいよ本日開催となりました!
    日頃、環境保全活動を実践している団体や環境問題などに意識的に動かれている方には、助成金について詳しく知るチャンスです!
    当日は、今注目の「SDGs(持続可能な開発目標)」や鹿児島県での環境活動をされている団体のお話、活動計画の立て方など、
    充実した内容を聞くことができます。
    また、ご自身の団体の活動に関する個別相談会も承ります。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001

    詳細は、下記ページをご確認ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1371-2020.html

    ご予約は、下記フォームから可能です。
    https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8

    ぜひ、この機会にぜひご参加ください。

     

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.106

    環境団体あるある#  活動は準備8割。雨プログラムも忘れずに。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.106

    ◇今月のPICK UP!
    ◆協働取組加速化事業 第2回連絡会 開催報告
    ◆地球温暖化防止月間パネル展示について(那覇自然環境事務所)
    ◆海洋ごみについて考る出前講座の実施校募集について


    EPO九州より
     地球環境基金助成金((独)環境再生保全機構)の平成29年度分説明会
    九州・沖縄地区)が、12月9日に熊本で開催されます。
     今年度の活動募集では、「復興支援助成」に熊本地震も活動対象として
    加わりました。被災地以外の団体による活動も申請できます。
     被災地への環境保全を通じた復興支援を行われている方やご検討中の方も、
    ぜひこの機会にご参加ください。

    ■各地の説明会情報
    https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/schedule/h29_schedule.html
    ※熊本での説明会についてはメルマガ内の記事もご覧ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成28年 11月30日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:info@epo-kyushu.jp
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    EPO九州からのご案内
    □ 協働取組加速化事業 第2回連絡会 開催報告
    □ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ
    □ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内


    九州地方環境事務所からのご案内
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □ 地球温暖化防止月間パネル展示について
    □ 「食品リサイクル推進マッチングセミナー」の開催について

    < 公募 >
    □ 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ネ家電マーケット
    創出事業)に係る公募について
    □ 海洋ごみについて考る出前講座の実施校募集について

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 楽天株式会社、全日本空輸株式会社(ANA)及び株式会社リコーとのCOOL
     CHOICE連携施策について
    □ 第58次南極地域観測隊への環境省職員の同行及び環境省ホームページでの
    現地活動の広報について
    □ 「第51回全国野生生物保護実績発表大会」の結果について
    □ "国連生物多様性の10 年"の普及啓発を目指す生物多様性アクション大賞
     2016」大賞の決定について
    □ 国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)、パリ協定第1回締約国会合
    (CMA1)及び京都議定書第12回締約国会合(CMP 12)の結果について
    □ 国内希少野生動植物種の追加等及び国際希少野生動植物種の追加等に関する
    中央環境審議会答申について
    □ PCB廃棄物の早期処理に係る広報について-処理の期限まで最短で残り500日-
    □ アジア太平洋3R推進フォーラム第7回会合の結果について



    ■関連情報
    □ 第102回 コ塾 ~地域の課題を解決する環境技術~ のご案内
    □ 菜の花カフェ セミナー&オイルテイスティング
    「国産菜種ヴァージンオイルの世界を知るセミナー」のご案内



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 協働取組加速化事業 第2回連絡会 開催報告

    11月21日(月)、22日(火)に、久留米大学御井キャンパスの千歳会館にて、
    H28年度協働取組加速化事業 第2回連絡会が行われました。
    採択団体からの事業進捗報告と参加者との意見交換等を行いました

    詳細はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/accelerate-business/906-h28.html

    ________________________________

    □ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ

    独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う
    環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
    九州・沖縄地域では熊本で説明会を開催し、平成29年度の地球環境基金助成金
    の説明や要望書作成のイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    NPOの資金獲に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日 時 平成28年12月 9日(金) 18:30~20:30
    ■会 場 熊本市国際交流会館 第3会議室(熊本県熊本市、花畑町駅より徒歩1分)
    ■定 員 40名(参加無料)
    ■対 象 NPOの資金獲に関心のある方ならどなたでも。
    ■主 催 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
    ■協 力 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)、(一社)九州環境地域づくり

    ■内容
    ◆地球環境基金助成金について:
    平成29年度地球環境基金助成金について説明。要望書作成のイントも紹介します。
    (特徴、スケジュール、申請のイントなど)
    ◆プロジェクトの立て方について:
    活動計画の立て方について例を交ながら紹介。
    ◆質疑応答:事例などの質疑応答も行います。

    地球環境基金についてはこちら https://www.erca.go.jp/jfge/

    参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
    お申込みはこちら https://goo.gl/forms/GnwZWkO9PorL4YdQ2

    ■お問合せ
    EPO九州   メール:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    ________________________________

    □ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内

    本研修会は、学校の教員等、学校や地域において環境教育に関わる方を対象として、
    学校の授業や地域の活動において相互が連携し、ESDの視点を踏また環境教育の
    カリキュラムデザイン力・実践力を向上させることを目的とするものです。

    ■主催 環境省、協力 文部科学省

    ■福岡会場
     日 時 平成28年12月17日(土) 9:30~17:00
     会 場 福岡県立社会教育総合センター(福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3350-2)
    東京、大阪会場もあります。

    ■定  員  各会場、最大100名
    ■申込期限   研修会開催日の1週間前まで  ※定員に達し次第、募集を締め切り
    ■受  講  料   無料
    ■募集の対象
    学校や地域において環境教育を実践している・実践しようとしている方


    ■お問合せ
    研修会運営事務局(担当:清水(しみず)、小堀(こぼり))
    〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
    公益社団法人日本環境教育フォーラム内
    TEL 03-5834-2897  FAX 03-5834-2898
    E-mail 

    詳細はこちら http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 地球温暖化防止月間パネル展示について

     環境省では、気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)を契機に毎年12月
    を「地球温暖化防止月間」と定め、全国的に地球温暖化防止に関する普及啓発
    活動が集中的に実施されています。
     沖縄県においても、県民の皆様に地球温暖化対策について広く関心と理解を
    深めて頂くため、那覇自然環境事務所として下記の期間においてパネル展示を
    実施いたします。
     お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

    ■開催日時:平成28年12月5日(月)~12月9日(金)
    ■開催場所:沖縄県庁1階県民ホール
    ■主  催:沖縄県環境部環境再生課
    ■お問合せ:那覇自然環境事務所 環境対策課
              tel  098-836-6400

    ________________________________
    □ 「食品リサイクル推進マッチングセミナー」の開催について

     環境省で行っている食品リサイクルの取組の更なる促進のため、地域の実情に
    応じて、多様な食品リサイクル・食品リサイクルループの取組の形成を促していく
    必要があります。
     そこで環境省では、食品リサイクルに関わる事業者(食品関連事業者、再生利用
    事業者、農林漁業者等)及び一般消費者、地方公共団体の方々を対象に「食品
    リサイクル推進マッチングセミナー~不正転売防止対策との同時達成~」を開催
    いたします。
     本セミナーでは、(1)食品リサイクル法に関連する最新動向や、本年1月に発覚
    した食品廃棄物の不適正な転売事案をうけた再発防止のための対応策などに関
    する説明、(2)食品リサイクル・食品リサイクルループの優良事例の紹介のほか、
    (3)パネルディスカッションや(4)情報交換会を実施します。

    ■開催日時:平成28年12月12日(月)・13日(火)
    ■開催場所:沖縄県青年会館2F大ホール(沖縄県那覇市久米2-15-23)ほか
    ■主催  :環境省
    ■協力  :全国食品リサイクル登録再生利用事業者事務連絡会
    ■事務局 :ム・アール・アイリサーチアソシイツ株式会社
    ■募集対象:食品リサイクルに関心がある食品関連事業者、再生利用事業者、
    農林漁業者、一般消費者の皆様、地方公共団体御担当者
    ■定員  :12日目セミナー:100名(先着順)
          13日目施設見学会:20名(先着順)
    ■参加費 :無料
    施設見学会では、昼食をご用意いたしますので、昼食代(1,000円)が別途必要となります。
    ■お申込み:下記ウェブサイトよりお申し込み下さい。
            食品リサイクル推進マッチングセミナー ホームページ
            http://www.mri-ra.co.jp/foodrecycle28/
    ■お問合せ:「食品リサイクル推進マッチングセミナー」事務局
             ム・アール・アイ リサーチアソシイツ株式会社
            電話:03-3518-8498(平日 9:30~12:00、13:00~17:30)
            E-mail:foodrecycle28@mri-ra.co.jp

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103020.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(ネ家電マーケット
    創出事業)に係る公募について

     環境省では、平成28年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による「省
    ネ家電マーケット創出事業」を実施し、事業者のインターネット上での省ネ家電
    買換サイト開設や、同サイトに出店を希望する中小規模の販売店への支援、さらに
    は統一省ネラベル5つ星の家電製品への買換を対象としたCO2排出削減量に
    応じた買換促進に対して支援します。
     二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金による「ネ家電マーケット創出
    事業」の執行団体である一般財団法人 環境イノベーション情報機構が、当該補助
    金の公募を平成28年12月2日(金)まで実施しておりますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103231.html

    ________________________________
    □ 海洋ごみについて考る出前講座の実施校募集について

     環境省では、全国の高等学校、高等専門学校を対象に、世界的な問題となって
    いる海洋ごみの現状を知っていただくため、専門家(大学教授等)の方々を派遣し、
    海洋ごみに関する出前講座を実施いたします。
     海洋ごみには私たちの生活から出るペットボトルなどの身近なごみも多く含まれて
    います。本講座が、高校生等の皆様にとって、海の環境について考ていただく
    機会となることを期待しています。
     以下のとおり、出前講座の実施を希望される学校を募集いたしますので、積極的
    なご応募をお待ちしています。

     ■対象:高校生、高等専門学校生及び教員
     ■募集期間:平成28年12月16日(金)まで
     ■実施時期:平成29年3月17日(金)まで
     ■内容:海洋ごみの専門家を派遣して分かりやすく講義を行います。(約1~2時間程度)
     ■諸費用:講師の派遣にかかる費用(交通費、教材費)は、学校側でご負担
    いただくことはありません。ただし、学校外で会場を用意される場合は、会場確保
    に係る費用等のご負担をお願いします。
     ■申込方法等:所定の申込書に必要事項をご記載の上、メールでお申し込みください。

    詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103234.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 楽天株式会社、全日本空輸株式会社(ANA)及び株式会社リコーとの
    COOL CHOICE連携施策について

     環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、
    低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、温暖化対策に資するあらゆる
    「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。
     「COOL CHOICE」の更なる認知向上を図り、身近な生活のなかで、温暖化対策
    になるアクションへの参加を呼びかけるため、楽天株式会社、全日本空輸株式会社
    (ANA)及び株式会社リコーと連携施策(詳細は以下のウェブサイト参照)を実施
    することとしましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103191.html
    (楽天株式会社との連携施策)

     http://www.env.go.jp/press/103273.html
    (全日本空輸株式会社(ANA)及び株式会社リコーとの連携施策)

    ________________________________
    □ 第58次南極地域観測隊への環境省職員の同行及び環境省ホームページでの
    現地活動の広報について

     平成28年11月27日(日)から平成29年3月23日(木)までの期間、第58次南極地域
    観測隊(夏隊)に環境省職員1名(九州地方環境事務所での勤務経験あり)が同行
    し、以下の(1)~(4)を目的とした現地調査を実施する予定です。
     (1)南極地域活動実態把握調査、(2)南極地域環境調査、(3)南極地域環境資質
    調査、(4)南極地域環境実態把握モニタリング調査
     なお、当該職員の現地における活動状況については、定期的に環境省ホーム
    ページに紹介する予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103267.html

    ________________________________
    □ 「第51回全国野生生物保護実績発表大会」の結果について

     環境省及び公益財団法人日本鳥類保護連盟の主催による「第51回全国野生生物
    保護実績発表大会」が11月21日(月)に開催され、各賞が決定し、表彰状が授与
    されましたので、お知らせします。九州沖縄地方における受賞校は以下のとおりです。
     ■環境大臣賞:鹿児島県奄美市立 屋仁小学校
     ■文部科学大臣賞:福岡県立 伝習館高等学校
     ■林野庁長官賞:佐賀県立 唐津南高等学校

     活動内容等詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103270.html

    ________________________________
    □ "国連生物多様性の10 年"の普及啓発を目指す生物多様性アクション大賞
     2016」大賞の決定について

     「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)主催による「生物多様性アクション
    大賞2016」の授賞式を11月19日(土)に行いましたので、お知らせします。
     授賞式では、優秀賞である5つの部門賞(たべよう、ふれよう、つたよう、まもろう、
    らぼう)の受賞者によるプレゼンテーションを行い、その中から、つたよう部門・
    糸島こよみ舎(福岡県糸島市)の「糸島こよみ」が大賞に決定しました。
     また、大賞には惜しくも至りませんでしたが、それに比肩する団体(特定非営利
    活動法人田舎のヒロインズ(熊本県阿蘇郡南阿蘇村))に対して特別に「未来賞」が
    贈られました。
     なお、アクション大賞受賞者は、12月10日(土)に開催される「コプロ2016」の
    イベントステージで、生物多様性アクション大賞2016アンバサダーである「さかな
    クン」とのイベントに登壇し、プレゼンテーションを行います。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103257.html

    ________________________________
    □ 国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)、パリ協定第1回締約国会
    合(CMA1)及び京都議定書第12回締約国会合(CMP 12)の結果について

     モロッコ・マラケシュで11月7日(月)から11月18日(金)にかけて開催された国連
    気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)、パリ協定第1回締約国会合
    (CMA1)及び京都議定書第12回締約国会合(CMP 12)の結果について、以下の
    ウェブサイトに掲載しましたので、お知らせいたします。
     http://www.env.go.jp/press/103279.html

    ________________________________
    □ 国内希少野生動植物種の追加等及び国際希少野生動植物種の追加等に関
    する中央環境審議会答申について

     中央環境審議会自然環境部会野生生物小委員会において、環境大臣が諮問した
    「国内希少野生動植物種の追加等について」及び「国際希少野生動植物種の追加
    等について」が審議され、これを受けて、中央環境審議会会長から環境大臣に対し
    て、諮問のとおりとして差し支ない旨答申がなされたので、お知らせします。

     国内希少野生動植物種に追加する種の例:クメジマボタル
     国際希少野生動植物種に追加する種の例:インドセンザンコウ

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103228.html

    ________________________________
    □ PCB廃棄物の早期処理に係る広報について-処理の期限まで最短で残り500日-

     高濃度リ塩化ビフェニル廃棄物(高濃度PCB廃棄物)について、中間貯蔵・環境
    安全事業株式会社(JESCO) の全国5か所の処理施設ごとに計画的処理完了期限
    が定められていることを踏まリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に
    関する特別措置法(PCB特別措置法)第10条において、保管事業者は高濃度PCB
    廃棄物の保管場所の属する区域ごとに高濃度PCB廃棄物を処分すること等が義務
    付けられています。
     特に中国・四国・九州・沖縄各県(JESCO北九州事業所の事業対象地域)に保管
    されている変圧器、コンデンサーなどについては、平成29年度末までにJESCOに
    処分委託することが義務付けられており、本年11月16日(水)で処分期間の末日ま
    で500日を迎たところです。
     そこで、この機会を利用して、関係省庁及び都道府県市のSNSなどの広報ツール
    を活用し、高濃度PCB廃棄物の一刻も早い処理の達成に向けた一斉広報を展開し
    ますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103227.html

    ________________________________
    □ アジア太平洋3R推進フォーラム第7回会合の結果について

     環境省は、オーストラリア連邦政府、南オーストラリア州政府、オーストラリア連邦
    科学産業研究機構(CSIRO)及び国際連合地域開発センター(UNCRD)との共催に
    より、11月2日~4日にアデレード市(オーストラリア)において、アジア各国における
    3R推進による循環型社会の構築に向け、幅広い関係者の協力の基盤とするため、
    「アジア太平洋3R推進フォーラム第7回会合」を開催し、会合の成果文書として、
    議長サマリー及びアデレード3R宣言が採択されましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103130.html




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 第102回 コ塾 ~地域の課題を解決する環境技術~ のご案内

      K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、 ビジネス
    マッチング、人脈形成を目的として、毎月一回程度 環境ビジネスに特化した異業
    種交流会「コ塾」を開催しています。
     12月のコ塾では「地域の課題を解決する環境技術」をテーマに、福岡、 佐賀等
    の北部九州における一次産業に関連した課題について、役立つ環境技術を紹介
    します。
      地域の課題解決・活性化につなげるとともに、環境企業の一次産業への進出を
     推進します。

     各分野企業・団体、行政関係、学生等どなたでもご参加できます!
     皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    ■日 時 平成28年12月22日(木)
        講演会:16時30分~18時30分、 交流会:18時45分~19時45分
    ■場 所 福岡合同庁舎本館1階 九経交流プラザ(福岡市博多区博多駅東2-11-1)
    ■参加費 無料(交流会ニ千円程度)

    ■概要
     ◆調査結果報告:一次産業における地域の課題調査結果報告(速報)
      報 告 者 :環境テクノス株式会社

      ◆プレゼン1 :「農業用ため池の水草類の繁殖抑制技術の紹介(仮)」
      講 演 者 :ビスマリン株式会社

     ◆プレゼン2 :「青果物の長期鮮度保持による国内輸送および海外輸送における
    ロス率の低減」
      講 演 者 :株式会社炭化 代表取締役社長 入江 康雄氏

     ◆プレゼン3 :「地域環境に配慮したセブンフーズ式循環型農場(仮)」
      講 演 者 :セブンフーズ株式会社

     ◆プレゼン4 :「太陽光ネルギーを利用した害獣対策技術(仮)」
      講 演 者 :株式会社末松電子製作所

    ■お申込み
     WEB: 下記URLから申込フォームをご記入のう、お申し込み下さい。
         https://entry.k-rip.gr.jp/k-rip/reserves/input/4284

     FAX: 下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードの上お申し込み下さい。
         http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7386

     ■お問合せ
     ▼K-RIP(九州環境ネルギー産業推進機構)担当:杉迫・池田
     TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
     ▼九州経済産業局 資源ネルギー環境課  担当:栢田(かやだ)
     TEL:092-482-5499

     ■詳細・講演内容等はコチラ
       http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7386


    ________________________________

    □ 菜の花カフェ セミナー&オイルテイスティング
    「国産菜種ヴァージンオイルの世界を知るセミナー」のご案内

    国産菜種オイルの魅力紹介や、オイルのテイスティング(体験)などを
    とおして、国産菜種ヴァージンオイルの世界を覗いてみませんか。
    多くのご参加お待ちしています。

    ■日 時 平成28年12月22日(木) 15:00~17:00
    ■会 場 熊本市国際交流会館1F Linkカフェ
    ■参加費 1,000円(材料代、テキスト『菜種オイルソムリ手帳』を含む)
    ■対 象 ロハスな菜種油や菜の花プロジェクトに興味関心のある方


    ■プログラム
    ・話題提供「国産菜種オイルの魅力」傘木宏夫(NPO地域づくり工房代表理事)
    ・菜種体験「オイルのテイスティング」太谷優子(ジュニアオイルソムリ
     特定非営利活動法人菜の花プロジェクトネットワーク副理事長)
    この他、ゲストによる話題提供もございます。

    ■主催:NPO地域づくり工房・一般社団法人九州環境地域づくり

    ■共催:熊本市国際交流振興事業団 linkカフェ、NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク
    ■協力:九州環境パートナーシップオフィス、一般社団法人環境パートナーシップ会議

    ■お申込・問合せ https://goo.gl/1LnACv




    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.110

    中間支援あるある#
    密なコミュニケーションで協働が進む。まずは相手を知るところから。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.110

    ◇今月のPICK UP!
    ◆ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内
    ◆ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    ◆ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

    EPO九州より
    地域の環境課題の解決に向けた協働を後押しする「環境省 平成28年度地域活性
    化に向けた協働取組の加速化事業」について、本事業の成果報告会が東京で
    開催されます(2月18日)。
    EPO九州は地方支援事務局として、沖縄と福岡の取組を支援してまいりました。
    本報告会では、九州沖縄地域も含む全国で16の事業が紹介され、事業ごとに
    意見交換も行われます。
    地域での様々な取組に関心のある方、自治体や企業、NPO等多様な主体との
    協働を考られている方のご参加をお待ちしています。

    詳細はメルマガ内の記事「協働ギャザリング2017」をご覧ください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 1月31日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:info@epo-kyushu.jp
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    EPO九州からのご案内
    □ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内
    □ コカフェ ~あたたかいお金の巡らせ方~のご案内
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催のご案内


    九州地方環境事務所からのご案内
    九州地方環境事務所・那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    □ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

    < 公募 >
    □ 平成28年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催について
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者
    (執行団体)の募集について

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 国立公園公式Facebookの開設について
    □ ダウンロード用「2017年国立公園カレンダー」の掲載について
    □ 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る
    推薦書(正式版)のユネスコへの提出について
    □ 奄美群島国立公園の新規指定に係る中央環境審議会の答申について
    □ 平成27年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の公表について
    □ 平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動功労者
    表彰の受賞者の決定について
    □ PM2.5モニタリング体制の強化について
    □ 各種調査結果の公表について


    ■関連情報
    □ 第104回 コ塾  未来へつなぐ環境ビジネス
     ~バイオマス、リサイクル、ネルギー~ のご案内


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内

    平成28年度、環境省は協働取組のモデル事例として全国で16事業を選定し、
    各地で実践が行われてまいりました。 この度、全16団体が東京に一堂に会す
    報告会と合わせて、“環境分野における協働取組の未来”について議論する場
    を開催いたします。
    すでにNPO、行政、企業等において協働事業に取り組まれている方、これから
    協働事業を始めようと考られている方、取組そのものに関心のある方、多くの
    方々のご参加をお待ちしています。

    ■日 時 平成29年2月18日(土)10:00~18:00 (開場9:30、懇親会 18:15~19:45)
    ■会 場 ベルサール西新宿 Room4(東京都新宿区西新宿4丁目15-3)
    ■費 用 参加費無料(懇親会は実費1,000円)
    ■定 員 120名

    ■紹介事例(九州ブロック)
    ・特定非営利活動法人 おきなわグリーンネットワーク
     「やんばる地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト-2」

    ・特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
     「放置竹林伐採と竹資源の有効活用を通じた、地域における環境保全と
    地域活性化のための協働取組事業」

    ■お問合せ
    地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
    東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F
    TEL:03-3407-8107 FAX:03-3407-8164 E-mail:
    担当:江口、山本、山口

    詳細はこちら http://www.geoc.jp/activity/domestic/26434.html


    ________________________________
    □ コカフェ ~あたたかいお金の巡らせ方~のご案内

     地域や他者、次世代のために使う「温かいお金」が流れる仕組みとは?
    講師に一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水 菜保子さんをお迎し、温かい
    お金がめぐる「クラウドファンディング」の仕組みや、地域に根差した
    実際のプロジェクト例などをご紹介いただきます。
     市民活動やものづくりをされている方はもちろん、支援をお考の方も、活動を
    進めるひとつの支援の形として「クラウドファンディング」を学んでみませんか。
    多くのみなさまのご参加、お待ちしています。
     EPO九州も本講座に協力しています。

    ■日 時  平成29年2月15日(水) 10:00~11:30
    ■場 所  熊本市国際交流会館3F 研修室3(熊本市)
    ■対 象  どなたでも
    ■参加費  1,000円(フェアトレードのコーヒーか紅茶付き)

    ■講師 一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水 菜保子氏
    ■お問合せ
    一般財団法人 熊本市国際交流振興事業団 企画チーム
    TEL 096-359-2121 FAX  096-359-5783
    メール 

    詳細はこちら
     http://www.kumamoto-if.or.jp/event/event_detail.asp?id=2&kiji_id=9042&LC=j


    ________________________________
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催のご案内

    KEEMでは、環境教育、環境保全、地域づくりなどに関心のある個人・団体・企業・
    行政などが交流し、お互いに学びあうことを目的として、九州各地で年1回大会を
    開催しています。
    今年は長崎県佐世保市にて、分科会のテーマごとに地域への学びを深める活動
    を行います。

    ■テーマ
    「きこるかい 波のささやき 木々のうた ~未来に残そう島々の森と海~」

    ■日時:平成29年3月4日(土)12:30~ 3月5日(日)12:30 (1泊2日)

    ■活動場所:長崎県佐世保市内
    ■主催:九州環境教育ミーティング
    ■共催:九州環境パートナーシップオフィス、公益社団法人日本環境教育フォーラム

    ■参加費 14,800円
     (宿泊費、交流会費、資料代等大会経費一式を含む)
    ※別途参加費のかかる分科会もございます。

    ■分科会
    分科会1 九十九島の人とのかかわり方を長尾半島から考る (別途 700円程度)
    分科会2 カブトガニを通した環境地域づくり        (別途 700円程度)
    分科会3 軍港の現在そして過去未来            (別途2,000円程度)
    分科会4 美しい海岸を未来に
    分科会5 循環型共生社会をめざして いのちをつなぐ    (別途1,000円程度)後日追記
    分科会6 環境教育プログラム体験会
    分科会7 ユースがつながる、ひろがる、高めあうコ・アクション!

    ■お申込み
    下記Webフォームにて必要事項を記載の上、
    お申し込みください(申込締切:平成29年2月5日(日))。
    http://my.formman.com/form/pc/I8miktu7wzJungHI/
    締切後のキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。

    ■お問合せ
    KEEM事務局(九州環境パートナーシッップオフォス内)
    TEL:096-312-1884
    メール:

    詳細はこちら http://www.keem.info/index.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所・那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について

     環境省と文部科学省は、平成26年11月に開催された「国連ESDに関するユネ
    スコ世界会議」での成果等を踏まESDを推進するためのネットワークの構築
    のため、28年4月22日、ESD活動支援センター(以下「全国センター」という。)を
    開設しました。
     また、全国の各ブロック(8地域)では、全国センターと協働・連携を図るとともに、
    地域における広域的なハブ機能を果たすための「地方ESD活動支援センター」
    (仮称)を平成29年度に設置する予定となっております。
     これを受け、九州地方環境事務所は、専門家等で構成される九州地方ESD活動
    支援センター設置準備委員会を設置し、同委員会の議論を踏ま平成29年度に
    九州・沖縄地域の九州地方ESD活動支援センター(仮称)を設置する予定にして
    おります。
     このたび、第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果
    を公表しましたので、お知らせします(委員会は計3回を予定)。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/esd.html

    ________________________________
    □ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

     環境省では、政府が2016年3月30日にとりまとめた「明日の日本を支る観光
    ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としての
    ブランド化を図ることを目標に、2020年までに、訪日外国人を惹きつける上質な
    体験や大胆な利用拡大の取組を計画的、集中的に実施する「国立公園満喫プロ
    ジェクト」に取り組むことになりました。
     阿蘇くじゅう国立公園、霧島錦江湾国立公園及び慶良間諸島国立公園は、先行
    的、集中的に取組を実施する国立公園として選定され(全国ではほかに5か所
    選定)、各地域協議会において協議が進められた結果、この度、プロジェクトの
    具体的な取組を示すロードマップとして、各地域におけるステップアッププログラム
    2020が策定されましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■阿蘇くじゅう http://kyushu.env.go.jp/pre_2016/2020.html
     ■霧島錦江湾 http://kyushu.env.go.jp/pre_2016/_2020.html
     ■慶良間諸島 http://kyushu.env.go.jp/naha/pre_2016/2020.html
     ■環境省本省報道発表 http://www.env.go.jp/press/103550.html
     ■各公園のステップアッププログラム2020掲載URL
      http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/index.html


    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成28年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催について

     国や独立行政法人等の公的機関は、「国等による環境物品等の調達の推進等
    に関する法律」(グリーン購入法)及び「国及び独立行政法人等における温室効果
    ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律」(環境配慮契約法)に
    基づき閣議決定された基本方針に則して、環境に配慮した物品・サービス等の
    購入(グリーン購入)や、温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約(環境
    配慮契約)を推進することが義務づけられています。また、これらの法律では
    地方公共団体等においてもグリーン購入や環境配慮契約の推進に努めることが
    地方公共団体等の責務として定められています。
     この度、グリーン購入及び環境配慮契約の取組の普及を図るため、全国8箇所
    において、国の機関、独立行政法人等、国立大学法人等、地方公共団体等及び
    事業者等の皆様を対象とした説明会を開催いたしますので、お知らせいたします
    (以下は、九州・沖縄地方の内容を抜粋)。

     ■会場:福岡市役所 15階 講堂
     ■日時:平成29 年3月6日(月)13:30~16:50
     ■申込締切:平成29年2月20日(月)
     ■申込方法:以下のウェブサイトをご覧ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103515.html

    ________________________________
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者
    (執行団体)の募集について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金や地域
    低炭素投資促進ファンド事業費補助金等に係る補助事業者(執行団体)を募集
    しています。

     申込方法など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/guide/kobo.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 国立公園公式Facebookの開設について

     環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、全国33の国立
    公園で活躍するパークレンジャーが国立公園の魅力を世界に向けて発信する
    「国立公園公式Facebook」を開設いたします。
     日本の国立公園は、雄大な自然景観のみだけではなく、生息する動植物や
    文化、人々の暮らし、温泉、食など、様々な魅力に富んでいます。
     既に2000人以上の方にフォローいただいている「国立公園公式Instagram」
    では、主に、パークレンジャーが撮影した写真で国立公園の魅力を伝ています
    が、「国立公園公式Facebook」では、環境省職員が季節に応じた記事を執筆し、
    日英の二言語でその魅力を伝てまいります。
     国立公園公式インスタグラムと併せて、国立公園公式Facebookもフォロー
    いただき、国立公園の魅力に触れるとともに、国立公園にぜひお出かけください。
     アカウント名: National Parks of Japan
     https://www.facebook.com/NationalParksOfJapan/

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103547.html

    ________________________________
    □ ダウンロード用「2017年国立公園カレンダー」の掲載について

     環境省では、国立公園満喫プロジェクトの一環として、「2017年国立公園カレ
    ンダー」を作成いたしました。カレンダーの写真は、全国33か所ある国立公園から
    12か所の景観を選び、日本の国立公園の魅力を紹介しています。
     多くの方々に国立公園カレンダーを利用して頂けるように、環境省ホームページ
    に掲載しましたので、パソコンの壁紙用等にぜひご利用ください。
    <ダウンロードURL>
     http://www.env.go.jp/park/doc/calendar.html

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103393.html

    ________________________________
    □ 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る
    推薦書(正式版)のユネスコへの提出について

     1月20日の閣議において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の
    世界遺産登録推薦書(正式版)のユネスコへの提出が了解されましたので、
    お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103491.html

    ________________________________
    □ 奄美群島国立公園の新規指定に係る中央環境審議会の答申について

     平成28年12月26日(月)に開催された中央環境審議会自然環境部会において、
    「奄美群島国立公園」を34番目の国立公園として指定することについて審議され、
    中央環境審議会会長から環境大臣に対して、諮問のとおりとすることが適当で
    ある旨答申がなされたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103403.html

    ________________________________
    □ 平成27年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の公表について

     温暖化対策法に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度における
    温室効果ガス排出量算定に用いる平成27年度の電気事業者ごとの実排出
    係数及び調整後排出係数等について、また、温暖化対策法に基づく政府及び
    地方公共団体実行計画における温室効果ガス総排出量算定に用いる平成27
    年度の電気事業者別排出係数及び代替値について、各電気事業者から提出
    された資料等に基づき、経済産業省及び環境省で確認し、平成28年12月27日
    付の官報に掲載しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度 http://www.env.go.jp/press/103407.html
     ■政府及び地方公共団体実行計画 http://www.env.go.jp/press/103406.html

    ________________________________
    □ 平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動功労者
    表彰の受賞者の決定について

     環境省では、大気環境及び水・土壌環境の保全に関し顕著な功績のあった団体
    や個人に対し、その功績を讃るため、環境省水・大気環境局長から表彰状を
    授与しています。
     この度、平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動
    功労者表彰の受賞者が決定しましたので、お知らせします。
     なお、九州・沖縄地域では3名(個人)、2団体(団体)が受賞しております。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103395.html

    ________________________________
    □ PM2.5モニタリング体制の強化について

     環境省では、微小粒子状物質(PM2.5)のモニタリング体制を強化すべく、福岡
    大学キャンパスなど全国10ヵ所にPM2.5の成分を連続的に測定する機器を設置
    します。これにより、PM2.5の組成を正確かつ迅速に把握することが可能になり、
    汚染の原因究明や効果的な対策の進展が期待されます。平成28年度中に機器
    の設置を終、平成29年4月からPM2.5成分の連続測定を開始する予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103378.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■西表石垣国立公園 石西礁湖のサンゴ白化現象の調査結果
      http://www.env.go.jp/press/103439.html
     ■平成27年度廃家電の不法投棄等の状況 http://www.env.go.jp/press/103506.html
     ■平成27年度産業廃棄物の不法投棄等の状況 http://www.env.go.jp/press/103219.html
     ■平成26年度産業廃棄物の排出及び処理状況等 http://www.env.go.jp/press/103381.html
     ■平成27年度水質汚濁防止法等の施行状況 http://www.env.go.jp/press/103449.html
     ■平成27年度浄化槽の設置状況等 http://www.env.go.jp/press/103420.html
     ■平成27年度地下水質測定結果 http://www.env.go.jp/press/103397.html
     ■平成27年度公共用水域水質測定結果 http://www.env.go.jp/press/103387.html
     ■平成28年度スギ雄花花芽調査結果 http://www.env.go.jp/press/103386.html




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 第104回 コ塾  未来へつなぐ環境ビジネス
     ~バイオマス、リサイクル、ネルギー~ のご案内

    K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、ビジネス
    マッチング、人脈形成を目的として、毎月一回程度環境ビジネスに特化した
    異業種交流会「コ塾」を開催しています。
    2月のコ塾は佐賀市内で開催し、「未来へつなぐ環境ビジネス~バイオマス、
    リサイクル、ネルギー~」をテーマに、この分野における企業の取り組みを
    紹介するとともに(株)ユーグレナによる基調講演を行います。
    翌日はコ塾キャラバンとして佐賀市内の環境関連施設をバス見学いたします。

    講演会のみ、バス見学のみの参加も可能です!
    各分野企業・団体、行政関係、学生等どなたでもご参加できます!
    皆様のご参加を心よりお待ちしております!

    <講演会>
     ■日時 平成29年2月9日(木)
     講演会:14時30分~17時35分 交流会:18時00分~19時00分
     ■場所 講演会:佐賀市コプラザ2階(佐賀市高木瀬町大字長瀬2369)
        交流会:ロイヤルチェスター佐賀(佐賀市天神1-1-28)
     ■参加費 無料(交流会三千円)

     ■概要
     ・基調講演
      講演者 :株式会社ユーグレナ 取締役 研究開発部長 鈴木 健吾氏
     ・プレゼン1 :ファインバブル事業への取り組み紹介
      講演者 :株式会社ワイビーム ファインバブル事業開発部  主事 田中 ひとみ氏
     ・プレゼン2 :ハニカムロータを用いた二酸化炭素分離回収技術
      講演者 :株式会社西部技研 技術開発本部 開発部 吉田 和行氏
     ・プレゼン3 :「植物系バイオマスからの有用物質抽出と商品化」について
      講演者 :株式会社ミゾタ 環境技術研究所 理事・所長 土井 研一氏

    <バス見学>
     ■日時 平成29年2月10日(金)
      9時00分~15時00分(9:00 佐賀駅集合-12:20 昼食-15:00 佐賀駅着解散予定)
      (定員約28名:参加者多数の場合、1社1名等の調整を行います)
     ■見学先
            ・佐賀市清掃工場、CO2分離回収装置・アルビータ培養施設等
            ・佐賀市下水浄化センター
             (ガス発電、藻類培養(ユーグレナ)、堆肥化施設)
            ・他調整中
     ■参加費 バス見学参加費無料(昼食代別)


    ■お申込み
     WEB: 下記URLから申込フォームをご記入のう、お申込み下さい。
         https://entry.k-rip.gr.jp/k-rip/reserves/input/4541
     FAX: 下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードの上お申込み下さい。
         http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7598

    ■詳細・講演内容等はこちら    http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7598
    ■お問合せ
     ▼九州環境ネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
      ▼九州経済産業局 資源ネルギー環境課 担当:栢田(かやだ)
      TEL:092-482-5499












    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.112

    環境団体あるある#
    若者・ユースの巻き込みが活動と団体を盛り上げる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.112

    ◇今月のPICK UP!
    ◆協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告
    第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    ◆国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について

    ◇EPO九州より
    本年度、EPO九州では「ESD実践拠点支援事業」に取組み、北九州、水俣、宮崎の3つの
    地域にて、ネットワークづくりや人材育成などの実践を支援してまいりました
    北九州では「ESDフォーラム2017」、水俣では「継ぎの学びフォーラム」が開催され、
    事業の成果や学びの共有がありました。宮?でも3月に発表会が予定されています。
    EPO九州ではこれらの情報をはじめ、各種イベントの様子もフェイスブックで積極的に
    発信していますので、ぜひご覧ください。
    https://www.facebook.com/epokyushu/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 2月28日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    □ 霧島錦江湾国立公園 重富海岸自然ふれあい館(なぎさミュージアム)の第4回
    「かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞受賞について
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者(執行団体)の
    募集について
    □ 平成29年度生物多様性保全推進支援事業の公募について
    □ 平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に
    係る実施市区町村の公募について
    □ 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について
    □ COOL CHOICE連携事業について(バス連携ポスター、鉄道連携ポスター)
    □ 第20回環境コミュニケーション大賞の受賞作が決定しました!受賞ロゴマークの発表も
    □ 第12回エコツーリズム大賞の決定について
    □ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果及び表彰式の開催について
    □ エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について
    □ 環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)の稼働について
    □ (仮称)五島福江島風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
    □ 光害啓発パンフレットの作成について(ひと・まち・地球にやさしい「光」)
    □ 食品リサイクル法の判断基準省令等の改正及び食品関連事業者向けガイドラインの公表について
    □ 各種調査結果の公表について
    □ 中央環境審議会委員の任命について




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告

    ■開催日:平成29年2月18日(土)
    ■会 場:ベルサール西新宿(東京都)

    「協働取組」は、市民、NPO、企業、行政など様々なセクターが共通の目的で、
    ともに力を合わせて課題解決をめざす新しい連携の形です。環境省は協働取組
    加速化事業を始めて4年目になります。
    平成28年度は、モデル事業として全国で16事業が選定、実践されました。 その
    活動成果を持ちより、さらにブラッシュアップするための報告会(ギャザリング)が
    東京で開催されました。
    今回は、過去最高の123名が参加。各団体による事例報告後、団体ごとのブース
    に分かれ、参加者と事業担当者が直接質疑応答、意見交換を行いました。協働
    取組の価値を再認識し、今後に向けた実践的な報告会となりました。

    ________________________________

    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たして
    いるNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の
    整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の
    加速化事業」を実施しています。
    平成29年度の新たな事業が募集されていますので、お知らせします。

    ■公募対象事業
    地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、
    AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素
    社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

    ■事業地域 【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)

    ■応募締切 平成29年3月31日(金)17時必着

    詳細はこちら http://www.env.go.jp/press/103620.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について

     環境省と文部科学省は、平成26年11月に開催された「国連ESDに関するユネスコ
    世界会議」での成果等を踏まえ、ESDを推進するためのネットワークの構築のた
    め、平成28年4月22日、ESD活動支援センター(以下「全国センター」という。)を開設
    しました(所在地:東京都渋谷区)。
     また、全国の各ブロック(8地域)では、全国センターと協働・連携を図るとともに、
    地域における広域的なハブ機能を果たすための「地方ESD活動支援センター」
    (仮称)を平成29年度に設置する予定となっております。
     これを受け、九州地方環境事務所は、専門家等で構成される九州地方ESD活動
    支援センター設置準備委員会を設置し、同委員会の議論を踏まえ、平成29年度に
    九州・沖縄地域の九州地方ESD活動支援センター(仮称)を設置する予定にしており
    ます。
     このたび、第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果
    概要を掲載しましたので、お知らせします(委員会は計3回開催)

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/esdjunbi2gaiyou.html

    ________________________________
    □ 霧島錦江湾国立公園 重富海岸自然ふれあい館(なぎさミュージアム)の第4回
    「かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞受賞について

     環境省の施設である霧島錦江湾国立公園重富海岸自然ふれあい館(なぎさ
    ミュージアム)が、第4回「かごしま・人・まち・デザイン賞」都市デザイン部門大賞を
    受賞しましたので、お知らせします。
     第3回(平成27年度)では、都市デザイン部門において奄美野生生物保護センター
    が大賞を受賞しており、環境省施設が2年連続で同部門大賞を受賞しました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_59.html


    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者(執行団体)
    の募集について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等として、
    「エコリース促進事業」、「我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2
    削減支援事業」など複数の事業に係る公募を開始しておりますので、お知らせします。
     http://www.env.go.jp/press/103623.html
     http://www.env.go.jp/press/103604.html

    ________________________________
    □ 平成29年度生物多様性保全推進支援事業の公募について

     環境省では、地域における生物多様性の保全・再生に資する活動等を支援する
    「生物多様性保全推進支援事業」を実施しており、自然共生社会づくりを着実に進
    めていくため、地域における生物多様性の保全再生に資する活動等に対し、活動等
    に必要な経費の一部を国が交付します(国費1/2以内)。
     今般、平成29年度の新たな事業について募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103621.html

    ________________________________
    □ 平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に
    係る実施市区町村の公募について

     環境省では、平成27年度から、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの
    促進及び、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進
    するためのモデル事業を実施しております。
     今般、平成29年度分について募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103625.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について

     生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、
    世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う
    「グリーンウェイブ」への参加を呼びかけています。
     このため、環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本
    委員会(UNDB-J)では、生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹
    等をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、3月1日
    から6月15日までの期間を国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」として
    広く本活動への参加を呼びかけます。
    ※世界各地において、5月22日の午前10時(現地時間)に植樹などを行うことによ
    り、この活動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グ
    リーンウェイブ)」と表現しています。

    ■参加方法
      以下のウェブサイトから登録してください。
      http://greenwave.undb.jp/
    ■グリーンウェイブ活動内容
     森林や樹木等とのふれあいを通じて生物多様性の理解や普及啓発につながる
    グループ・団体活動です。具体的には以下の通りです。
     (1) 植樹、(2) 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山
    の管理等)、(3) 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)、(4) (1)から(3)まで
    の活動のための苗木・資材の提供 など

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103525.html

    ________________________________
    □ COOL CHOICE連携事業について(バス連携ポスター、鉄道連携ポスター)

     環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、
    低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、温暖化対策に資するあらゆる
    「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」に取り組んでいます。
     また、"「移動」を「エコ」に。"をテーマに、公共交通等、エコで賢い移動方法を選択
    し、CO2排出量の少ない移動を推進する「smart move(スマートムーブ)」キャンペー
    ンを展開していますが、このスマートムーブも「COOL CHOICE」(賢い選択)のアク
    ションのひとつです。
     この度、公益社団法人日本バス協会とCOOL CHOICE連携事業として、スマート
    ムーブを呼び掛けるポスター及びステッカーを作成しました。全国の乗合バス事業
    者各社の関連施設及び車両内で掲出予定です。
     また、国土交通省鉄道局とのCOOL CHOICE連携事業として、スマートムーブを
    呼び掛けるポスターを作成しました。全国の駅や関連施設及び鉄道車両内で掲出
    予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■バス http://www.env.go.jp/press/103574.html
     ■鉄道 http://www.env.go.jp/press/103573.html

    ________________________________
    □ 第20回環境コミュニケーション大賞の受賞作が決定しました!受賞ロゴマークの発表も

     優れた環境コミュニケーションを表彰する「第20回環境コミュニケーション大賞
    (環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムの共催)」が今年も行われ、
    多数の応募者の中から、受賞作を決定しましたので、お知らせします。
     今回は制定20回を記念し、中長期的な視点で、優れた環境戦略を掲げ、実践して
    いる事業者を表彰する「環境コミュニケーション大賞制定20回記念大賞」を特設しま
    した。また、受賞のPRにご活用いただける受賞ロゴマークを策定しました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103582.html

    ________________________________
    □ 第12回エコツーリズム大賞の決定について

     環境省では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する
    「エコツーリズム大賞」を平成17年度から実施しています。
     この度、第12回エコツーリズム大賞に応募のあった51件を対象に、審査委員に
    よる審査が行われ、合計11件の受賞が決まりましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103618.html

    ________________________________
    □ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果及び表彰式の開催について

     環境省では、「かおりの樹木・草花」を用いて、良好なかおり環境を創出しようと
    する地域の取組を支援することを目指し、平成18年度から「みどり香るまちづくり」
    企画コンテストを実施しています。
     今年度のコンテストでは18件の応募があり、この度、厳正な審査により環境大臣
    賞等8点の受賞企画が決まりましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103564.html

    ________________________________
    □ エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について

     エコツーリズム推進法(平成19年法律第105号)第6条第1項に基づき、宮崎県
    串間市(串間エコツーリズム推進全体構想)、鹿児島県奄美市(奄美群島エコツー
    リズム推進全体構想)等から主務大臣(環境大臣、国土交通大臣、文部科学大臣、
    農林水産大臣)宛てにエコツーリズム推進全体構想の認定に係る申請書の提出が
    あり、同法で準用する同条第2項各号の基準に適合すると認められるため、平成
    29年2月7日付けで全て認定されました。これにより、全国の全体構想認定数は、
    12件となりました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103614.html

    ________________________________
    □ 環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)の稼働について

     環境省では、花粉自動計測器を全国120地点に配置し、リアルタイムで観測した
    花粉の飛散状況について、毎年、情報提供しています。
     本年は2月1日(水)から「環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)」を稼働し、
    ホームページ(http://kafun.taiki.go.jp/)にて花粉飛散の情報提供を開始しています。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103598.html

    ________________________________
    □ (仮称)五島福江島風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大
    意見の提出について

     環境省は、1月27日、長崎県で計画されている「(仮称)五島福江島風力発電事業
    に係る計画段階環境配慮書」(株式会社レノバ)に対する環境大臣意見を経済産業
    大臣に提出しましたので、お知らせします。
     本事業は、長崎県五島市において、最大で総出力38,500kWの風力発電所を設置
    するものです。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103526.html

    ________________________________
    □ 光害啓発パンフレットの作成について(ひと・まち・地球にやさしい「光」)

     光害(ひかりがい)とは、照明の設置方法や配光が不適切で、景観や周辺環境へ
    の配慮が不十分なために起こるさまざまな影響をいいます。
     このたび、環境省では、屋外照明を対象とした光害防止のため、LED照明に関
    する留意点も含む新たなパンフレットを作成しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103634.html

    ________________________________
    □ 食品リサイクル法の判断基準省令等の改正及び食品関連事業者向けガイドラインの公表について

     平成28年1月に発覚した産業廃棄物処分業者による食品廃棄物の不適正な転売事案を
    受けた再発防止策の一環として、1月26日(木)に、食品リサイクル法の判断基準省令等
    を改正し、食用と誤認されないよう適切な措置を講ずる旨等を新たに盛り込むとともに、
    食品関連事業者向けの不適正な転売防止の取組強化のためのガイドラインを公表しまし
    たので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103553.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しておりますので、お知らせします。

     ■平成27(2015)年度フロン類算定漏えい量の集計結果
    http://www.env.go.jp/press/103668.html
     ■平成27年度自動車交通騒音の状況 http://www.env.go.jp/press/103655.html
     ■平成28年熊本地震の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第3次)結果 http://www.env.go.jp/press/103633.html
     ■平成27年度振動規制法施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103552.html
     ■平成27年度騒音規制法等施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103551.html
     ■平成27年度悪臭防止法施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103535.html

    ________________________________
    □ 中央環境審議会委員の任命について

     平成29年2月8日付けで、中央環境審議会の委員が任命されましたので、お知らせします。
     中央環境審議会は、環境基本法第41条の規定に基づき設置されている審議会です。委員は
    環境の保全に関し学識経験のある者のうちから環境大臣が任命することとされ、任期は2年
    とされています。

     委員名簿など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103628.html









    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.114

    ESDあるある#
    異なる見方や意見から広がる新しい可能性
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.114

    ◇今月のPICK UP!
    ◆宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    ◆国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)
    ◆「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

    ◇EPO九州より
    いよいよ桜の季節。熊本地震で被害を受けた熊本城では、桜並木の行幸坂が
    特別に一般公開されています。熊本城周辺は、毎年多くの花見客でにぎわっていた
    ため、今年はどうなるのかと心配していましたが、特別公開されとてもうれしいです。
    また、桜と人のにぎわいによって、地域がもっと元気になればと思います。

    さて、本年度は本号が最後となります。
    EPO九州は今後も地域の環境団体の活動サポートをとおして、引き続き地域づくり
    に貢献してまいります。次年度もどうぞよろしくお願いいたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 3月28日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について
    □ 各種調査結果の公表について






    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)

    平成29年4月にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その
    開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の
    推進による子育て支援に取組んでいます。
    そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育
    デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

    詳細はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/992-esd-8.html


    ________________________________

    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    「九州環境教育ミーティング」は、九州において環境教育、環境保全、地域づくりに
    関心のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年3月に開催しており今年
    で21回目を迎えました。今回の舞台である佐世保市の歴史的特徴や九十九島周辺
    の自然の恵みなどをテーマとしたそれぞれの分科会をとおして、環境教育への
    理解を深め、様々な団体や個人と交流しました。
    EPO九州は第7分科会「ユースがつながる、ひろがる、高めあうエコ・アクション!」
    を担当。ESDの視点から、学生・ユースの環境団体が活動発表を通じた情報共有・
    意見交換する場を設けました。

    当日の様子はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/989-2017-in.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

     長崎県、島原半島の中央部に位置する雲仙岳は、様々な方角、場所から眺める
    事のできる山です。島原半島が3方を海に囲まれているため、山麓から・海を越え
    て・更に陸を越えて、様々な眺めを楽しむことができます。その「水陸の大展望」が
    評価され、雲仙地域は昭和9年3月16日に日本初の国立公園に指定されました。
    また、平成21年8月22日には日本初の世界ジオパークにも認定されています。
     【国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク~雲仙岳の秘めたるパワー~】
    では、雲仙岳の火山活動・生物多様性・美しい自然・食文化・歴史・伝承等、これ
    まであまり知られていなかったことも含め、様々な角度から雲仙岳を紹介しています。

     以下のリンクより、ぜひ、ご覧ください。
     http://www.env.go.jp/park/unzen/data/index.html

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_87.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生

     平成29年3月7日(火)、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、
    沖永良部島及び与論島で構成される奄美群島が国内で34カ所目の国立公園「奄美
    群島国立公園」として、新たに指定されました。
     奄美群島は、国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が広がり、大陸や日本本土との
    分離・結合を繰り返した島々の地史を背景に、アマミノクロウサギをはじめとする
    多種多様な固有で希少な動植物が生息・生育するとともに、世界有数の速度で今も
    隆起するサンゴ礁段丘、琉球石灰岩の海食崖やカルスト地形、世界的北限に位置
    するサンゴ礁のほか、マングローブや干潟など多様な自然環境を有する地域です。
     また、奄美群島国立公園に含まれる奄美大島及び徳之島は、昨年4月に公園
    区域の大規模拡張を行った西表石垣国立公園の西表島、昨年9月に新たにやん
    ばる国立公園として指定した沖縄島北部とともに、世界自然遺産候補地にもなって
    います。
     魅力あふれる「奄美群島国立公園」に、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103716.html

    ________________________________
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

     第2回全国ユース環境活動発表大会(主催:環境省、独立行政法人環境再生
    保全機構、国連大学サステイナビリティ高等研究所)を平成29年2月4日(土)~
    5日(日)に国連大学にて開催しました。
     特に優れた環境活動を行う高校生・大学生の発表に山本環境大臣より環境大臣
    賞が授与されましたので、お知らせします。
     九州・沖縄地域では、長崎県立諫早農業高等学校 食品科学部が環境大臣賞を
    受賞されました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103724.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■政府実行計画に基づく温室効果ガス総排出量削減の取組の実施結果(平成26年度)
    http://www.env.go.jp/press/103834.html
     ■平成26年度大気汚染物質排出量総合調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103715.html
     ■平成27年度大気汚染防止法施行状況調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103755.html
     ■平成27年度PRTRデータの概要等について -化学物質の排出量・移動量の
    集計結果等-
    http://www.env.go.jp/press/103698.html
     ■平成27年度海洋ごみ調査結果 http://www.env.go.jp/press/103845.html
     ■日本海沿岸地域等への廃ポリタンク等の漂着状況調査結果(平成27年度分)
     http://www.env.go.jp/press/103844.html
     ■平成27年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化実績
    http://www.env.go.jp/press/103766.html
     ■平成28年度地中熱利用状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103827.html
     ■平成28年度電気事業分野における地球温暖化対策の進捗状況の評価結果
    http://www.env.go.jp/press/103850.html
     ■環境経済観測調査(環境短観)平成28年12月調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103673.html
     ■平成28年熊本地震の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第4次)結果
     http://www.env.go.jp/press/103823.html







    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    どうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.120

    ESDあるある#
    学びあいが、一人ひとりを育て、地域を育てる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.120
    ◇今月のPICK UP!
    ◆九州地方ESD活動支援センター開設記念パネル展
    ◆九州地方ESD活動支援センター開設のお知らせ
    ◆廃棄物資源循環学会 in 北九州

    ◇EPO九州より
     カエルの鳴き声が季節を伝えます。沖縄では一足早くセミの声。
     昔に比べて、生き物たちの声を聞く機会が減ったように感じます。
    地域や標高により種類が異なり、新しい声を発見するかも!
    聞き耳を立てて、お気に入りの歌い手を見つけてみませんか?

    【もくじ】
    ■EPO九州からのお知らせ
    □ 九州地方ESD活動支援センター開設記念パネル展

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 九州地方ESD活動支援センター開設のお知らせ
    □ 第1回地球温暖化に関する九州カンファレンス
    □ 港湾におけるツマアカスズメバチの侵入監視調査の結果について
     (お知らせ)
    □ 御池野鳥の森におけるヤイロチョウ保護対策の実施について(お知らせ)
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □ シンポジウム「アマモ場再生活動から見える地球温暖化防止」
    < 公募 >
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □ ヒアリにご注意!(強い毒を持つ。素手で触らないで!)
    □ 近隣騒音防止ポスター・カレンダーデザイン募集について
    □「祖母(そぼ)・傾(かたむき)・大崩(おおくえ)」の生物圏保存地域
     (ユネスコエコパーク)への登録について
    □ 各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □ (一社)廃棄物資源循環学会主催 廃棄物資源循環学会
     シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in 北九州
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)
    □ 2017「肥後の水とみどりの愛護賞」募集開始
    □ 第108回エコ塾 in 鹿児島  『再エネ発電の現状と課題』

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 九州地方ESD活動支援センター開設記念パネル展

    7月より、EPO九州の新たな活動として「九州地方ESD活動支援センター」
    を担います。
    センターの目的や情報交換の場として、関連の情報を紹介しますので
    是非お立ち寄りください。

    ■日 程 7月2日(日)〜7月15日(土)
    ■時 間  9:00〜21:30(最終日は17:00迄)
     (EPO九州オフィスの開設時間は10〜19時(火-土)です)
    ■会 場 熊本市国際交流会館1Fホール



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━

    □ 九州地方ESD活動支援センター開設のお知らせ

     ESDに取り組んでいる方々を支援するため、7月1日、熊本市国際交流
    会館(熊本市中央区、運営はEPO九州)に「九州地方ESD活動支援
    センター」を開設しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/esdcenterkaisetsu.html
    ________________________________
    □ 第1回地球温暖化に関する九州カンファレンス〜パリ協定発行後の
    状況と我が国における気候変動対策の実践(仮題)〜(開催案内)

     最前線で国内計画の審議や国際交渉等に携わっている方を講師に迎え、
    地球温暖化の最新情報の提供等を行うカンファレンスを8月4日(金)、
    熊本地方合同庁舎(熊本市西区)で開催しますので、お知らせします。

     申込方法など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/1.html
    ________________________________
    □ 港湾におけるツマアカスズメバチの侵入監視調査の結果について
    (お知らせ)

     春期のツマアカスズメバチ侵入監視調査を実施した結果、調査対象の
    港湾全てにおいて、ツマアカスズメバチは捕獲されませんでしたので、
    お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_62.html
    ________________________________
    □ 御池野鳥の森におけるヤイロチョウ保護対策の実施について(お知らせ)

     国指定の御池野鳥の森(宮崎県西諸県郡高原町)において、
    ヤイロチョウ保護対策として8月31日まで立入制限区域を設けますので、
    お知らせします。

     区域など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_94.html

    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □ シンポジウム「アマモ場再生活動から見える地球温暖化防止」

    アマモの保全活動を全国各地で行い、海の環境保全活動の第一人者である
    NPO法人海辺つくり研究会事務局長 木村 尚氏の再生活動を通して、地球
    温暖化防止について考えます。

    ■開催日時:平成29年7月3日(月)13:30〜16:30(無料)
    ■開催場所:沖縄県産業支援センター3F 中ホール
    ■主  催:(一財)沖縄県公衆衛生協会
    ※NPO法人おきなわグリーンネットワークも事例発表を行う予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.koeikyo.com/agenda21/

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等
    として複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
     なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

    (CLT等の木材利用)http://www.env.go.jp/press/104196.html
    (省エネ家電等マーケットモデル)http://www.env.go.jp/press/104138.html
    (廃棄物焼却施設の余熱等)http://www.env.go.jp/press/104147.html
    (水素ステーション・燃料電池フォークリフト)http://www.env.go.jp/press/104060.html
    (ヒートポンプ等低炭素型農業)http://www.env.go.jp/press/104148.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ ヒアリにご注意!(強い毒を持つ。素手で触らないで!)

     輸入コンテナが留め置かれた地点周辺(兵庫県尼崎市、神戸市)において
    ヒアリの個体が確認され、緊急防除を行いましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104203.html
    ________________________________
    □ 近隣騒音防止ポスター・カレンダーデザイン募集について

     標記ポスター及びカレンダーのデザインを平成29年10月13日(金)まで
    募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104154.html
    ________________________________
    □ 「祖母(そぼ)・傾(かたむき)・大崩(おおくえ)」の生物圏保存地域
    (ユネスコエコパーク)への登録について

     大分、宮崎両県にまたがる「祖母・傾・大崩」(大分県、宮崎県)が
    生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)へ登録されることとなりました
    ので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104164.html
    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

     環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ◇温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成26年度温室
    効果ガス排出量の集計結果 http://www.env.go.jp/press/104197.html
     ◇平成28年度における家電リサイクル実績 http://www.env.go.jp/press/104201.html
     ◇平成28年度全国水生生物調査結果 http://www.env.go.jp/press/104120.html
     ◇平成27年度 大気汚染に係る環境保健サーベイランス調査結果 http://www.env.go.jp/press/104107.html
     ◇特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律の施行状況(平成28年) http://www.env.go.jp/press/103855.html
     ◇廃棄物処理法に基づく廃棄物の輸出確認及び輸入許可(平成28年) http://www.env.go.jp/press/103854.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    □ (一社)廃棄物資源循環学会主催 廃棄物資源循環学会
     シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in 北九州

     PCB廃棄物処理のこれまで得られた知見、教訓を確認し、今後の
    処理完遂への展望を共有することをめざして、標記シンポジウムが
    開催されます。

    ■日時:平成29年7月25日(火) 13:30〜17:30(13:00より受付開始)
    ■場所:北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号)
    ■参加申込:申込フォーム http://jsmcwm.or.jp/?page_id=11507
    ■申込締切:7月14日(金)

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://jsmcwm.or.jp/?page_id=11491/

    ________________________________
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)

     公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金では、環境省九州地方環境
    事務所と連携して、主に阿蘇がテーマの「環境講座」(3回連続)を開催
    企画しました。

    ■第1回:平成29年7月28日(金)
    「阿蘇くじゅう国立公園の保護と利用の概要(満喫プロジェクト含む)」
    講師:家入 勝次氏(国立公園課長補佐)

    ■第2回:平成29年10月6日(金)
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    講師:横田 寿男氏(野生生物課長)

    ■第3回:平成29年12月1日(金)
    「阿蘇地域の自然と利用、阿蘇草原再生の取組(草原の水源涵養機能含む)」
    講師:佐保 光康氏(国立公園管理官)

    <各回共通>
    ■時 間 (金曜日)13:30−15:00
    ■場 所 肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階RKK通り側)
    ■主 催 公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金

    ※詳細はこちら http://www.mizutomidori.jp/
    ________________________________
    □ 2017「肥後の水とみどりの愛護賞」募集開始

    ■目的
    水とみどりの資源保全に熱心に取り組み、着実な成果をあげておられる
    熊本県内の団体・個人等を顕彰してたたえるもので、地域の皆様の水と
    みどりの資源保全への関心と実践行動を高めることを目的としています。

    ■対象
    下記の内容を対象として、着実かつ実効につながる実践活動を最低2年
    以上継続している県内の自治体(県を除く)、機関、団体、ボランティ
    アグループ、学校、企業、個人など
    1.水資源のかん養・保全・節水
    2.水質汚染防止
    3.緑化推進

    ■主催 公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金

    詳細はこちら http://www.mizutomidori.jp/
    ________________________________
    □ 第108回エコ塾 in 鹿児島  『再エネ発電の現状と課題』

     平成29年7月24日(月)15:00〜 ホテル パレスイン鹿児島 孔雀の間
     平成29年7月25日(火)  9:00〜    バス見学

     K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を
    目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、毎月一回程度、
    環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催してい
    ます。
     7月のエコ塾では「再エネ発電の現状と課題」をテーマに取り上げ、関
    連企業3社1自治体の取り組みを紹介するとともに、懇親会を開催します。
     また翌日には、鹿児島県内の関連施設を周るバス見学を開催致します。
    (先着20名限定)

     詳細・講演内容等はコチラ!
      http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=8819

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.122

    中間支援あるある♯
    活動を生み出す情熱と、活動を支える冷静な視点。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.122
    ◇今月のPICK UP!
    ◆ESD地域学びあいフォーラムin大牟田
    ◆平成29年度 環境省アクティブレンジャーパネル展開催のお知らせ
    ◆「いきものみっけ2017」〜いきものたちの変化を追え!

    ◇EPO九州より
    最近、以前のようにコンビニの灯に虫が来ないことに気がつきました。 
    昆虫は人には見えない紫外線にもっとも強く反応します。
    そこで、紫外線をカットした防虫蛍光灯が開発されたとのこと。
    同様に、LED照明も紫外線を出さないので効果があります。
    生きものをよく知ることから、暮らしの知恵と工夫が生まれますね!


    【もくじ】
    ■EPO九州からのお知らせ
    □ ESD地域学びあいフォーラムin大牟田

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □平成29年度 環境省アクティブレンジャーパネル展開催のお知らせ
    □博多港・大分県内におけるヒアリの確認について
    □ラムサール条約湿地「東よか干潟」及び「肥前鹿島干潟」のパンフ
     レット(日本語・英語版)作成について(お知らせ)
    < 公募 >
    □平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □平成29年度環境カウンセラーの募集について
    □「環境アセスメントデータベース"EADAS(イーダス)"」の
     リニューアルについて
    □各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □「いきものみっけ2017」〜いきものたちの変化を追え!
    □第109回エコ塾 in 宮崎

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ ESD地域学びあいフォーラムin大牟田

    ESD(持続可能な開発のための教育)とは、地域の課題と身近な暮らしを
    結びつけ、地域社会づくりに参画する力を育むことを目指した多様な
    教育活動です。
    本年度は、大牟田市教育委員会と共催し、ユネスコスクール・ESD研修会
    in大牟田「みんなで考えよう、ESDへの新たなアプローチ」を開催します。
    第4分科会「地域ESD学び合いフォーラム」として、地域でESD推進に取り
    組む3つの先進的拠点からの活動紹介、意見交換を行います。

    詳細はこちら
    チラシ裏面の申込書にて、FAXでお申し込みください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2017/07/19/esd

    ■日 時 8月23日(水)13:30〜15:00
    ■会 場 ホテルニューガイア オオムタガーデン 会議室
         (〒836-0807 福岡県大牟田市旭町三丁目3番地3 )
    ■対 象 環境教育やESDの地域実践者、関心のある方、教育関係者など
    ■定 員 30名程度 
    ■内 容 九州地方ESD活動支援センター(新設)の紹介
         事例紹介
         ・北九州まなびとESDステーション
         ・熊本県環境センター
         ・日南市子育て支援センター「ことこと」
    ■申込締切 8月4日(金)
    ■申込先  大牟田市教育委員会
          FAX 0944-41-2862

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □平成29年度 環境省アクティブレンジャーパネル展開催のお知らせ

     パネル展は平成29年7月20日(木)より9月上旬までの夏休み期間に、
    アクティブレンジャーが配置されている九州10地区で同時に開催します。
    ぜひ足をお運びください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_1.html
    ________________________________
    □博多港・大分県内におけるヒアリの確認について

     7月20日大分県中津市において、7月21日博多港において発見された
    アリについて、ヒアリと確認されましたので、お知らせします。なお、
    現時点ではヒアリが当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いと
    考えられます。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     博多港 http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_64.html
     大分県 http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_66.html
    ________________________________
    □ラムサール条約湿地「東よか干潟」及び「肥前鹿島干潟」のパンフ
    レット(日本語・英語版)作成について(お知らせ)

     ラムサール条約湿地に登録された「東よか干潟」及び「肥前鹿島干潟」
    の魅力を伝えるための日本語版・英語版のパンフレットを作成しました
    ので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_97.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等
    として複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
     なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

     (廃熱・湧水等)http://www.env.go.jp/press/104331.html
     (LED照明)http://www.env.go.jp/press/104303.html
     (上下水道システム)http://www.env.go.jp/press/104302.html
     (L2-Tech 導入実証)http://www.env.go.jp/press/104300.html
     (低炭素型静脈物流)http://www.env.go.jp/press/104291.html
     (リサイクル高度化設備導入)http://www.env.go.jp/press/104239.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □平成29年度環境カウンセラーの募集について

     環境省では、環境保全に関するきめ細やかな助言が出来る方を登録する
    「環境カウンセラー登録制度」を設けています。
     今般、平成29年度環境カウンセラーを募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104246.html
    ________________________________
    □「環境アセスメントデータベース"EADAS(イーダス)"」の
    リニューアルについて

     環境省は「環境アセスメント環境基礎情報データベースシステム」の
    収録情報及び機能を拡充し、名称を「環境アセスメントデータベース
    "EADAS(イーダス)"」としてリニューアルしましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104267.html
    ________________________________
    □各種調査結果の公表について

     環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■フロン類の再生量等及び破壊量等(平成28年度) http://www.env.go.jp/press/104318.html
     ■西表石垣国立公園 石西礁湖のサンゴ白化現象(平成29年6月) http://www.env.go.jp/press/104333.html
     ■宮古島、石垣島、西表島周辺におけるサンゴ白化現象(平成29年6月〜7月) http://www.env.go.jp/press/104327.html
     ■水浴場(開設前)の水質(平成29年度) http://www.env.go.jp/press/104220.html
     ■水環境における放射性物質モニタリング(平成27年度分) http://www.env.go.jp/press/104206.html
     ■家電リサイクル法に基づく立入検査の実施状況(平成28年度分) http://www.env.go.jp/press/104229.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    □「いきものみっけ2017」〜いきものたちの変化を追え!

     環境省生物多様性センターでは、全国の生物情報を共有化して提供
    することを目的としたインターネット上のシステム「いきものログ」
    を運営しています。
     この度、「いきものログ」を活用して、身近ないきものの観察から、
    その変化を知ることを目的とした、子供向けの市民参加型調査
    「いきものみっけ2017」を実施することとなりました。

    二ホンアマガエルやクマゼミ、ミシシッピアカミミガメなど身近な6種を
    対象としたいきもの調査「いきものみっけ2017」に是非ご参加ください!

    いきものログのホームページから、またはハガキやメールでも参加できます。

    詳細はこちら
     https://ikilog.biodic.go.jp/mikke2017/
    「いきものログ」ホームページ
     https://ikilog.biodic.go.jp/

    ■実施期間 7月10日〜10月31日
    ■問合せ先 いきものログ運営事務局
            TEL:03-6659-3626 (平日10:00〜17:00受付)
            Mail:
    ________________________________
    □第109回エコ塾 in 宮崎
    『 未来へつながるバイオマス活用の取り組み 』

    8月31日(木)14:00〜  HOTEL スカイタワー (ターコイズ・マリン)
    9月 1日(金) 9:00〜  バス見学

     K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興
    を目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、毎月一回程度、
    環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催してい
    ます。
     8月の第109回エコ塾は「未来へつながるバイオマス活用の取り組み」
    をテーマに、4社による取組事例をご紹介致します。
    基調講演には、資源エネルギー庁による改正FITの説明もございます。
    (先着20名限定)

     詳細・講演内容等はコチラ!
      http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9009



    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.124

    環境団体あるある♯
    活動後の振り返りと、共有が次の活動の糧となる。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.124
    ◇今月のPICK UP!
    ◆開催報告 ESD地域学びあいフォーラムin大牟田
    ◆博多港におけるヒアリの確認について
    ◆クールチョイスイベント (沖縄)

    ◇EPO九州より
    いろいろなイベントや活動のあった7月、8月。実りも学びも
    多かったかと思います。
    まだまだ暑い日が続きますが、これからの季節もアクティブに
    行きましょう!
    皆様からの活動情報、イベント情報お待ちしてます!


    【もくじ】
    ■EPO九州からのお知らせ
    □ESD地域学びあいフォーラムin大牟田
    □Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □博多港におけるヒアリの確認について(平成29年7月21日の続報)
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □クールチョイスイベント「ナ−ファぬ・マチで・クールチョイス!」
    開催について
    □イベント「クールチョイス なご大会/県民環境フェアinなご」開催に
    ついて
    < 公募 >
    □平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □再生可能エネルギー導入促進セミナー
    □「アジア環境エネルギービジネスセミナー」参加者募集!


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催報告】ESD地域学びあいフォーラム

     九州地方ESD活動支援センターでは、福岡県大牟田市にて「地域ESD
    学びあいフォーラム」を開催しました。本フォーラムは毎年、持続可
    能な地域づくりに向けた人づくりについて、活動団体と地域の方々が
    語りあう場として開催しています。今年は「ユネスコスクール・ESD
    研修会」(主催:大牟田市教育委員会)の分科会の一つとして行われ、
    地域でのESD活動実践者と教育関係者が交流し、経験交流する機会と
    なりました。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1030-esd-in-3.html

    ■日 時:平成29年8月23日(水)13:30〜15:00
    ■会 場:ホテルニューガイア オームタガーデン
         (福岡県大牟田市旭町三丁目3番地3)
    ■主 催:九州地方ESD活動支援センター
    ■共 催:大牟田市教育委員会

    _____________________________

    □【開催案内】Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

     NPO法人みずのとらベル隊の主催によるプログラム「Eボートで川の
    観察ツアーと簡単な水質調査体験」が9月10日(日)に開催されます。
    普段上から見るだけの川で実際にEボートに乗ってツーリングをしなが
    ら、身近な自然の素晴らしさを体験し、環境のことも楽しみながら学び
    ませんか。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1032-green-gift-in-3.html

    ■開催日:H29年9月10日(日曜日)
    ■会 場:リバーパーク鯰の学校(熊本県上益城郡嘉島町大字下六嘉1559-2)
    ■参加費:無料
    ■主 催:NPO法人みずのとらベル隊
    ■共 催:NPO法人日本NPOセンター
    ■協 力:九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    ■協 賛:東京海上日動火災保険株式会社
    ■後 援:環境省
    ■お申込み・お問合せ先:
    NPO法人みずのとらベル隊、電話番号:090-2584-6005
    E-mail:



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━

    □ 博多港におけるヒアリの確認について(平成29年7月21日の続報)

     7月21日にヒアリが確認された博多港で、コンテナ内部を検査したと
    ころ、約300個体のヒアリ(生体約20個体を含む)が確認されましたので、
    お知らせします。なお、現段階ではヒアリが当該地域周辺に定着し繁殖
    している可能性は低いと考えられます。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_7_21.html


    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━

    □ クールチョイスイベント「ナ−ファぬ・マチで・クールチョイス!」
    開催について

     地球温暖化防止活動の国民運動としてのクールチョイスを
    広く市民に呼びかけ、参加してもらう契機としてイベントを開催します。

    ■開催日時:平成29年9月17日(日)12:00〜17:00
    ■開催場所:てんぶす那覇(国際通り沿い:那覇市牧志3-2-10)
    ■主  催:那覇市

     詳細は、那覇市 環境部 環境政策課 地球温暖化対策推進グループ
     (TEL:098-951-3392)にお問い合わせください。
    ________________________________

    □ イベント「クールチョイス なご大会/県民環境フェアinなご」開催に
    ついて

     「自然と都市が調和した環境に優しいまちづくり」をテーマに環境保全
    及びクールチョイスに取り組む契機として、イベントを開催します。
    ■開催日時:平成29年10月8日(日)10:00〜17:00
    ■開催場所:名護市民会館前広場(沖縄県名護市2−1−1)
    ■主  催:名護市、おきなわアジェンダー21県民会議

     おきなわアジェンダー21県民会議のウェブサイト(以下参照)に
     順次情報を掲載しますので、詳細はそちらをご覧ください。
     http://www.koeikyo.com/agenda21/

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の公募について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
    として複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
     なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

     (業務用施設等 9/15まで)http://www.env.go.jp/press/104437.html
     (低炭素型農業推進事業 9/20まで)http://www.env.go.jp/press/104395.html
     (省エネ家電等マーケット 9/19まで)http://www.env.go.jp/press/104394.html
     (低炭素機器導入事業 9/11まで)http://www.env.go.jp/press/104364.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 各種調査結果の公表について

     環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。
    ■汚水処理人口普及状況(平成28年度末) http://www.env.go.jp/press/104441.html
    ■土壌汚染対策法の施行状況(平成27年度)http://www.env.go.jp/press/104403.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

    □ 再生可能エネルギー導入促進セミナー
     (バイオマス発電・中小水力発電)

    ■日  時 9月19日(火)13:30〜16:10
    ■場  所 TKPガーデンシティ博多新幹線口4階 4―A
         (福岡市博多区博多駅中央街5-14福さ屋本社ビル)
    ■申込締切 9月12日(火)
    ■定  員 130名(先着)
    ■参 加 費 無料
    ■申し込み方法 詳細・講演内容等はコチラ!
       http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1708/170810_1.html
    ■お問合せ 九州経済産業局 エネルギー対策課 担当:柴田・藤田
           TEL:092-482-5475
    _____________________________

    □ 「アジア環境エネルギービジネスセミナー」参加者募集!
    (1)アジア環境エネルギービジネスセミナー(台湾編)

    ■日  時 9/8(金) 15:30〜17:45
    ■場  所 カンファレンスASC 3A
         (福岡市博多区博多駅東1丁目16番25号 アスクビル)
    ■申込締切 9/6(水)
     詳細・講演内容等はコチラ!
     http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9238

    (2)アジア環境エネルギービジネスセミナー(ベトナム編)
    ■日  時 9/28(木) 15:00〜18:00
    ■場  所 ホテル レオパレス博多(福岡市博多区博多駅東2丁目5-33)
    ■申込締切 9/26(火)
     詳細・講演内容、お申込み方法等はコチラ!
     http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9306
    ■お問合せ 
     九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:嶋田・岩木
     TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
     URL:http://www.k-rip.gr.jp/

     九州経済産業局 資源エネルギー環境課 担当:金山・清水
      TEL:092-482-5499



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.126

    ESDあるある♯
    実りの秋。学びとつながりの継続が収穫をもたらす。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.126
    ◇今月のPICK UP!
    ◆開催案内 平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)
    ◆平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催
    ◆地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナー開催(福岡)

    ◇EPO九州より
    10月4日は中秋の名月。しかし、満月は翌々日の10月6日です。
    "中秋の名月は満月とは限らない"ってご存知でしたか?
    旧暦にちなんだ歳時と、月の公転軌道をもとにした天文学的な
    月齢のずれが変化をもたらします。
    秋の夜長、月の満ち欠けを楽しむ余裕を持ちたいものです。
    (参考)
    国立天文台 http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/10-topics02.html
     


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催(参加者募集)
    □ 地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナーを開催します
    □ 北九州港におけるヒアリの確認について
    □ 平成29年度全国自然歩道を歩こう月間「高森殿の杉と史跡等を訪ねて」
    のお知らせ
    □ 九州版の環境経済観測調査(平成29年6月)を公表します
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □「第12回3R推進全国大会」開催について
    < 公募 >
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □ ヒアリ相談ダイヤルの開設について
    □ 各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □ J-クレジット制度説明会 in 北九州(エコテクノ2017)
    □ ながさきエコライフフェスタ2017
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内
    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州
    2.水素・燃料電池技術セミナー
    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    地球環境基金では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ資金の助成や活動
    の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
    九州・沖縄地域では宮崎で説明会を開催します。助成メニューの概要や
    要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    環境活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日  時 11月8日(水)18:30〜20:30
    ■会  場 みやざきNPO・協働支援センター (KITEN 3F)
          (宮崎市錦町1番10号 TEL0985-74-7075)
    ■定  員 40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対  象 NPO等の資金獲得に関心のある方(任意団体も可)
    ■主  催 独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    ■協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
          (一社)九州環境地域づくり
    ■申込方法 下記URLから申込みフォームをダウンロードし、メールか
          FAXでお申し込みください。
               参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
           https://goo.gl/forms/xm1iKNBMGc4DSXQq1
    ■お問合せ EPO九州
          TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894
          メール:




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催(参加者募集)

    九州地方環境事務所では、北九州市及び北九州ESD協議会と共催(申請中)
    で、10月18日(水)14時から「北九州まなびとESDステーション」において
    「白書を読む会」を開催します。関心のある方はぜひご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29hakusho.html
    ________________________________
    □ 地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナーを開催します

    九州地方環境事務所では、福岡市地球温暖化防止市民協議会と共同で、
    10月22日(日)13時30分から福岡市役所において公開セミナーを開催しま
    すのでお知らせします(NHK福岡放送局「はっけんTV」で気象キャス
    ターを務める松井渉気象予報士による解説あり)。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_71.html
    ________________________________
    □ 北九州港におけるヒアリの確認について

    環境省では、本年7月よりヒアリ確認地点及びヒアリ発見コンテナの陸
    揚げ港において、周辺2km程度に規模を拡大した調査を実施しています。
    そのうちの北九州港周辺の調査においてヒアリが確認されましたので、
    お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_70.html
    ________________________________
    □ 平成29年度全国自然歩道を歩こう月間「高森殿の杉と史跡等を訪ねて」
    のお知らせ

    環境省では、毎年10月を「全国・自然歩道を歩こう月間」としています。
    その一環として、阿蘇くじゅう国立公園管理事務所では、今年度は「高森
    殿の杉」や史跡等を散策し、高森町の歴史文化に親しむ機会を設けること
    としましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_3.html
    ________________________________
    □ 九州版の環境経済観測調査(平成29年6月)を公表します

    九州地方環境事務所では、全国的に実施されている「環境経済観測調査」
    の平成29年6月調査結果を活用し、九州地域(沖縄を含む。)の企業の
    環境ビジネス動向に特化した調査結果を取りまとめましたので、お知らせ
    します。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_2.html

    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □「第12回3R推進全国大会」開催について

    ごみ減量・再資源化など3R推進に関する理解を深め、ごみゼロ社会の
    実現や循環型社会の形成に向けた取組をさらに推進することを目的に
    「第12回3R推進全国大会」開催します。
    関心のある方はぜひご参加ください。

    開催日時:平成29年10月24日(火)13:00〜16:50
    開催場所:沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1)
    主  催:環境省、九州地方環境事務所、沖縄県、3R活動推進フォーラム

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください(※後日掲載予定)。
     http://www.env.go.jp/press/index.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について

    環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等として
    複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
    なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

    (LED照明)http://www.env.go.jp/press/104560.html
    (上下水道システム)http://www.env.go.jp/press/104559.html
    (公共交通機関)http://www.env.go.jp/press/104537.html
    (CO2排出削減 技術開発・実証事業)http://www.env.go.jp/press/104540.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ ヒアリ相談ダイヤルの開設について

    環境省では、国民の皆様への正確な情報発信及び不安の解消のため、
    ヒアリ相談ダイヤルを開設しましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104475.html
    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますので、お知らせします。

    ■PCB特別措置法に基づくPCB廃棄物の保管等の届出の全国集計結果(平成27年度)
     http://www.env.go.jp/press/104573.html
    ■大気中水銀バックグラウンド濃度等のモニタリング調査結果(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104568.html
    ■ゴルフ場で使用される農薬に係る水質調査結果(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104529.html
    ■2014年度及び2015年度の地球温暖化対策及び施策の進捗状況について
     http://www.env.go.jp/press/104484.html
    ■オゾン層等の監視結果に関する年次報告書(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104470.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ J-クレジット制度説明会 in 北九州(エコテクノ2017)

    J−クレジット制度の概要や最新情報、支援策の紹介に加え、農業分野
    での創出事例や、新電力、リサイクル分野での活用事例を紹介します。
    省エネ設備の導入や、再生可能エネルギーの活用などをお考えの事業者様
    だけでなく、CSR・環境活動に関心のある事業者、地方自治体の皆様方
    にも関連の深い内容となっておりますので、是非ご参加下さい。

    ■日  時 10月13日(金)14:00〜16:00
    ■場  所 西日本総合展示場新館 セミナー会場B
         (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
    ■定  員 100名(先着順)
    ■参 加 費 無料
    ■申し込み方法(詳細・講演内容等含む)
       http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi03
    ■お問合せ
    《委託事業者》環境テクノス株式会社 コンサルタント事業部
      担当:蓮井、岩本
     電話:093−883−0982 FAX:093−883−0701

    九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
     担当:久保、西
     電話:092−482−5544

    ________________________________
    □ ながさきエコライフフェスタ2017

    「だれでも」「いつでも」「かんたんに」実践できる市民のエコ行動
    を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント
    「ながさきエコライフ・フェスタ2017」を開催します。
    【イベントページ】
    http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/170000/171000/p027568.html

    ■日  時 10月22日(日)10:00〜16:00
    ■場  所 長崎水辺の森公園(長崎市常盤町)
          ※専用の駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用
           ください。
    ■主  催 ながさきエコライフ実行委員会
    ■後  援 九州地方環境事務所、EPO九州他
    ■お問合せ 長崎市 環境部 環境政策課 
          電話:095-829-1156 FAX:095-829-1218

    _______________________________ 
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)

    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金では、環境省九州地方環境
    事務所と連携し、主に阿蘇がテーマの「環境講座」を開催しております。
     
    ■第2回:テーマ
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    講師:鑪 雅哉氏(野生生物課長)
       古賀 いずみ氏(自然保護官補佐・アクティブレンジャー)

    ■日 時 平成29年10月6日(金)13:30−15:00
    ■場 所 肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階RKK通り側)
    ■申込・問合せ先 公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
         TEL096-351-3882、096-351-3885
         e-mail:
         http://www.mizutomidori.jp/

    ________________________________
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内

    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州

    全国各地の経済産業局等により構成された運営協議会によるセミナーです。
    環境分野で優れた商品や技術を持つ全国各地から参加する企業が、九州
    域内企業との連携を目的として、自社事業(商品・技術・システム等)
    のプレゼンテーションを行うほか隣接する会場にて商談会を実施します。

    ■日 時 平成29年10月12日(木)
         企業プレゼン:13:10〜14:40、商談:14:45〜17:00まで
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
         (北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)
    ■主 催 環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー運営協議会
    ■申込・問合せ先 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
             統括マネージャー 嶋田 
         e-mail:
         TEL 092-474-0042 FAX 092-472-6609
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9362


    2.水素・燃料電池技術セミナー

    究極のクリーンエネルギーである水素を広く活用する水素社会の早期到来
    に向けて、「エコテクノ2017」会場内にて、「水素・燃料電池技術
    セミナー」を開催します。
    本セミナーでは、最新の政策・市場動向に関する情報とともに、地域企業
    による水素・燃料電池分野への先進的な挑戦事例を紹介し、同分野の大き
    な可能性について展望します。

    ■日 時 平成29年10月13日(金)
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
    ■主 催 九州経済産業局
         (一財)九州地域産業活性化センター
         九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■申込・問合せ先 九州経済産業局 資源エネルギー環境課
         TEL 092-482-5499(担当:稲場、鶴丸)
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9638


    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    FIT法施行から5年。太陽光発電バブル、九電ショック、出力抑制、
    そしてFIT法の改正・・・。激しく揺れ動き続けた太陽光発電市場の
    行方と、そこから見えてくる新たなビジネスチャンス、市場の見通しに
    ついて、各分野の専門家が解説!

    ■日 時 平成29年10月4日(水) 13:30〜16:30 (受付13:00〜)
    ■場 所 博多バスターミナル 9階 大ホール
            (福岡市博多区博多駅中央街2-1)
    ■主 催 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■参加費 K-RIP正会員 無料 (非正会員:1万円/人)
    *参加費はセミナー当日、会場にて現金でお支払いください。
    ■申込・問合せ先 (公財)九州経済調査協会 調査研究部
         TEL 092-721-4905(担当:松嶋、藤井)
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9613

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

EasyTagCloud v2.8

midorinobokin joseiguide2020 page 0001
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の募金」「緑…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーも大阪で開催されます。皆様、ぜひこの機会に、応募&ご参加をご検討ください。…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…
2020年01月17日

【福岡】SDGsへの取組みにつ…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2020年01月17日

【長崎】西海国立公園九十九島ビ…

長崎県の西海国立公園九十九島ビジターセンターからのお知らせです。九十九島の冬の自然を感じながら、散策…