4 対象のタグ "地域循環共生圏"

  • 【開催情報】令和元年度環境白書を読む会

    毎年開催されている「環境白書を読む会」が、今年度は熊本市内にて開催されます。
    ぜひご参加ください。
    翌日には、「第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス」が開催されます。

     

    ○令和元年度環境白書を読む会

    環境省では、全国8か所で「環境白書を読む会」を開催します(入場無料)。
    この会では、令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書(令和元年6月閣議決定)について、テーマや狙いなどを環境省担当者が解説します。  九州地方環境事務所(九州・沖縄地域)では、10月3日(木)14時から、熊本地方合同庁舎A棟1階会議室(所在地:熊本市)において開催します(参加無料)。
    また、九州会場では、環境省担当者による環境白書の概要等についての説明のほか、小国町(熊本県)から持続可能な開発目標(SDGs(エスディージーズ)に係る取組紹介を、鹿島市(佐賀県)から地域循環共生圏に係る取組紹介を行っていただきます。

    ■開催日時・会場
     日時:令和元年10 月3日(木)14:00~16:10 ※13:30 受付開始
     会場:熊本地方合同庁舎 A棟1階会議室(熊本市西区春日2-10-1)
    ■主 催:九州地方環境事務所 
     ※参加費無料、会場にお越しの際は公共交通機関をご利用ください


    ■次第
    (1)開催挨拶(14:00~14:05)
    (2)環境白書の概要等についての説明(14:05~14:35)
    (3)SDGs についての説明(14:35~14:55)
    (4)SDGs に係る取組紹介(14:55~15:25)
       講師:小国町政策課 企画係長 森 恵美 様
    (5)地域循環共生圏に係る取組紹介(15:25~15:55)
       講師:鹿島市建設環境部ラムサール条約推進室 主査 江島 美央 様
    (6) 質疑応答(15:55~16:10)


    ■申込み方法等:
    <申込み方法>
     URL先にも掲載しております参加申込書に必要事項を記載し、郵送、電子メール又はFAXでお申込みください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2019/post_115.html


    <申込み期限>
     令和元年9月30日(月)


    <問合せ、申込み先>
     九州地方環境事務所環境対策課(担当:木下・惠島)
     メール:
     電話: 096-322-2411  FAX: 096-322-2446

     

    hakusho 2019

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.166, Fri May 31 2019

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.166

    EPO九州より
    早くも5月最後のメールマガジンをお届けします。
    新しい元号を迎て1ヶ月が経ちました。
    マスコミ、チラシ、ニュースレターによる情報の伝達から、メールマガジン、HP、SNSと情報発信の手段も刻々と変化していきます。
    環境パートナーシップを築く中で、九州・沖縄地域の様々な情報を発信するのも私達、EPO九州の責務です。
    膝詰めの対話を重視しながらも、時流に敏感に対応し、最適な情報発信の手法を模索したいと考ています。




    【もくじ】

    EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

     ★EPO九州のinstagramアカウントを開設しました。

     □「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています

     □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



    ■地域ESD拠点からのお知らせ

     ☆拠点登録情報:NGO福岡ネットワーク

     □【環境講座】熊本地震後の地下水の変化 (第二回・第三回)

     □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集

      □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募



    九州地方環境事務所からのご案内

     □地域循環共生圏に関する支援メニューの公開

     □平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果の公開

     □「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

     □環境教育体験活動の優良事例について

     □【参加募集】諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~

      □ アクティブ・レンジャー日記



    九州・沖縄地域の環境政策情報

     □九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)



    ■関連情報

     □【公募開始】第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    EPO九州のinstagramアカウントを開設しました。
    少しずつ投稿をしています。
    まだ活用を模索中ではありますが、ぜひフォローをお願いします。
    https://www.instagram.com/epo_kyushu/


    ______________________________________________________

    □「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています。

    九州・沖縄地域でESD推進や環境保全活動にに取り組んでいる皆さんへのインタビューを掲載しています。

    ●『北九州まなびとESDステーション』特任教員 宮原昌宏さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1280-epo-esd-2.html

    ●『NPO法人循環生活研究所』理事長 たいら由以子さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1281-epo-npo-2.html

    ●『NPO法人みずのとらベル隊』山下 吉弘さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1264-epo-npo.html

    ________________________________________________________

    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考ています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD拠点からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ☆新たに九州・沖縄地域から、NPO法人NGO福岡ネットワークが地域ESD拠点に登録されました。

     [所在地]福岡県福岡市博多区
     [URL]https://ngofukuoka.net/

     【登録一覧】https://esdcenter.jp/kyoten/#kyushu


    ________________________________________________________


    【環境講座】熊本地震後の地下水の変化

    熊本地震からまもなく3年が経過します。
    熊本の地下水は、地震後にどのように変化したのか、影響があったのかといったことが学術的に解明されてまいりました。
    そこで今年度は、大学の先生方による「環境講座」を、下記のとおり企画いたしました。

    ■第2回
    講師:嶋田 純 熊本大学名誉教授
    7月19日(金)13:30~15:00

    ■第3回
    講師:市川 勉 東海大学特任教授
    9月20日(金)13:30~15:00

    ■参加費:無料
    ■定 員:50人(先着)
    ■場 所:肥後の里山ギャラリー (肥後銀行本店 1階)

    【お申込み・お問い合わせ先】
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金 TEL 096-351-3882

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1297-2019-04-26-07-51-33.html


    ________________________________________________________


    □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集

    ■表彰の目的
    熊本地域における、水とみどりの保全活動への関心の高まりや、継続的実践行動の広がりを目的とし、支援助成するものです。

    ■表彰の対象
    熊本県内で以下のような着実かつ実効につながる実践活動を最低 2 年以上継続している、県内の自治体(県を除く)、企業、ボランティア団体、学校、個人など。なお、過去の表彰先でも、5年以上経過した先は対象となります。
     1.水資源の涵養・保全・節水
     2.水質汚染防止
     3.緑化推進

    ■募集期間
    令和元年5月20日~7月31日

    ■主催
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金、熊本日日新聞社、熊本県、肥後銀行

    ■お問合せ先
     公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
      〒860-0012 熊本市中央区紺屋今町 1-23
      TEL096-351-3882 FAX096-351-3885
      URL http://www.mizutomidori.jp/

    応募、推薦の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/aigosyo_2019/


    ________________________________________________________


    □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募

    公益財団法人 一本の木財団は、熊本の豊かな自然を守るため、自然環境保全等に取り組んでおられる団体等を対象に助成を行っています。
    令和元年度下期分について、下記のとおり公募します。

    ■受付期間:令和元年6月1日~令和元年7月31日(当日の消印有効)

    ■事業の実施期間:令和元年度下期(令和元年10月1日から令和2年3月31日まで)
             ※助成は、財団の運営委員会での審議を経て決定します。

    ■助成対象団体等
     ?目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
     ?国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
     ?非営利団体であること。

    ■助成対象事業
     ?多様な野生動植物の保護保全等
     ?森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
     ?地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
     ?子どもたちを対象とした環境教育事業
     上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業


    応募の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/2019_shimoki_ipponnoki_josei/



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □地域循環共生圏に関する支援メニューの公開

    環境省による地域循環共生圏に関する支援メニューページが公開されました。

    2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画では、国連「持続可能な開発目標」(SDGs)や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏ま複数の課題の統合的な解決というSDGsの考方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。
    「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考方です。 
    「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。
    「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1311-2019-05-31-09-31-34.html

     ___________________________________________________________


    □平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果の公開

    平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体について公募を行ったところ、66件の応募があり、審査の結果35件を選定しました。

    ■事業の概要
    本事業は、地域循環共生圏の構築に向け、今回選定された活動団体と連携し「地域の総合的な取組となる経済合理性と持続可能性を有する構想策定及びその構想を踏また事業計画の策定」、「地域の核となるステークホルダーの組織化」等の環境整備に一緒に取り組むとともに、地域循環共生圏づくりに資するプロフェッショナル人材や情報の集約、地域と企業等とのマッチング支援など、地域循環共生圏の創造を強力に推進する「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の構築を行うものです。

    九州・沖縄地域からは下記の9団体が選定されました。※【】は活動地域
      宗像国際環境会議実行委員会 【福岡県宗像市】
      一般社団法人 九州循環共生協議会 【福岡県朝倉市】
      鹿島市ラムサール条約推進協議会 【佐賀県鹿島市】
      小国町(熊本県) 【熊本県阿蘇郡小国町】
      熊本県、南阿蘇村 【熊本県阿蘇郡南阿蘇村】
      奄美市 【鹿児島県奄美市】
      徳之島地区自然保護協議会 【鹿児島県大島郡徳之島町】
      宮古島市 【沖縄県宮古島市】
      国頭村 【沖縄県国頭郡国頭村】

    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1312-31.html

    ___________________________________________________________


    □「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

     体験の機会の場の認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事等が認定する制度です(申請方法等については、各都道府県等にお問合せください。)。
     認定した体験の機会の場をインターネットを通じて公表することにより、自然体験活動等へ参加しようとする人による、ニーズに合った場へのアクセスを円滑化することなどを目的としています。
     環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令が公布されました。省令の改正について、別添のとおり「「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について」を通知しました。
     また、体験の機会の場について、環境教育等促進法第20条の8の規定により、国に申請する場合の申請・認定手続を定めている「体験の機会の場申請要領」及び「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律に基づく体験の機会の場の認定に関する運用について」(いずれも関係各省申合せ)も改正しました。
     改正後の要領については、以下のウェブサイトを御参照ください。

    【環境省_体験の機会の場の認定に係る申請について | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
    https://edu.env.go.jp/system/opportunity.html

    ___________________________________________________________


    □環境教育体験活動の優良事例について

     昨年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく基本方針で、体験活動の促進が重要とされたことから、優良な事例を広く集め、公表することとしました。
     平成30年度は、試行的に、関係省庁で、既存資料等を基に収集し、掲載しました。今年度も収集・公表について継続する予定です(方法等は今後検討します)。
     体験の機会の場の認定事業者についても、取組事例を掲載いたしました。今後も、未掲載の事業者について、掲載していきたいと考ております。
     また、体験の機会の場について、基本方針を踏また体験の機会の場の積極的活用についての資料を掲載しましたので、御活用ください。

    【環境省_各種認定、登録、指定など | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
    https://edu.env.go.jp/system.html

    __________________________________________________________


    □【参加募集】諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~

    九州地方環境事務所では、雲仙諏訪の池ビジターセンターにおいて休暇村雲仙との共催により「諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~」を開催します。
    今回は、長崎県生物学会会長の松尾公則氏、自然観察指導員の上田浩平氏の両名を講師にお招きし、諏訪の池の水辺環境に関する講演の後、水生生物の種類や生態、水生生物の観察方法について学びます。
    初めての方や子ども向け、親子向けの内容になっていますので、お気軽にご参加ください。

    ■開催日時:令和元年6月29日(土)10:00~13:00

    ■集合場所:雲仙諏訪の池ビジターセンター(9:40より受付開始)

    ■講  師:松尾公則氏(長崎県生物学会会長)上田浩平氏(自然観察指導員)

    ■対  象:小学生以上(但し、小学校3年生以下は保護者同伴)

    ■定  員:20名(抽選・結果は、後日文書にて連絡)

    ■参 加 費:300円(資料代、保険代等)

    ■持 ち 物:動きやすい服装(長袖・長ズボン)・着替・筆記用具・運動靴・替の靴・帽子?雨具・水筒・タオル等

    ■申込方法:5月27日(月)受付開始。6月20日(木)まで電話にてお申し込み下さい。(その後、抽選)

    ■お申し込み・お問い合わせ先
    雲仙諏訪の池ビジターセンター(担当:大向)
    電話:0957-76-5010(9:00-17:00)毎週水曜日休館

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1308-2019-05-31-08-31-40.html
    ___________________________________________________________

    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1314-2019-05-31-10-31-49.html


    ★ご注意
    ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    ※公開が終了している場合があります。
    ※表示順、日程は前後する場合があります。
    ※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □【公募開始】第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集

    プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は,国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究,および市民活動に対する助成プログラムです。
    第30期(2019年)は,総額約2,350万円の助成を予定しております。
    助成カテゴリーは,国内研究助成,国内活動助成,海外助成,特定テーマ助成の4つです。

    ■募集期間: 2019年5月27日(月)~2019年7月12日(金)正午(郵送の場合は必着)

    ■助成期間: 2019年10月~2020年9月末 ※国内研究助成2年プロジェクトおよび特定テーマ助成2年プロジェクトは2021年9月末まで

    ■問い合わせ・申請書送付先:
    公益財団法人自然保護助成基金 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成担当係
    Tel: 03-5454-1789 Fax: 03-5454-2838
    Email: office[at]pronaturajapan.com ([at]を@に変換して下さい)

    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1313-30-2.html



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:info@epo-kyushu.jp

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」臨時号, Sat May 11 2019

    九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」臨時号

    EPO九州より
    2019年5月18日(土)、福岡市において環境省主催による地域循環共生圏シンジウムが開催されます。
    環境問題や地域づくり、また地域経済や社会課題解決にご関心のある方は、ぜひお申し込みください。

    【参考】環境省_地域循環共生圏
    https://www.env.go.jp/seisaku/list/kyoseiken.html



    九州地域循環共生圏シンジウムの開催について

    環境省では、「九州地域循環共生圏シンジウム」を2019年5月18日(土)に開催します。本シンジウムでは、九州地方における地域循環共生圏の創造に向けた議論を深めるため、自治体・企業等の関係者によるパネルディスカッションを行う他、天野浩教授(2014年ノーベル物理学賞受賞者)による講演等を予定しています。自治体職員、企業、一般の皆様等、どなたでも無料で参加いただけます。

    1. 開催目的

    第五次環境基本計画において目指すべき社会像として掲げられた「地域循環共生圏」は、地域の活力を最大限発揮し、自立・分散型の社会を形成することで、環境問題のみならず経済・社会課題の同時解決を目指すものです。

    九州地方は再生可能ネルギーのテンシャル、観光資源としても活用できる豊かな自然など、様々な地域資源を有しており、地域循環共生圏の創造に向けた多くの可能性を秘めています。

    本シンジウムでは、九州地方の自治体、経済界等の幅広い参加の下、?「九州地域循環共生圏」の形成に向けた議論の起爆剤となるコンセプトを環境省から提案し、?先進事例の紹介と具体的事業形成に向けたテーマ毎の意見交換を行うことで、関係者が相互に協力しながら、地域主導による九州地域循環共生圏の創造を目指します。



    2.開催概要
     1.日時 2019年5月18日(土)14:00~17:30(予定)

     2.場所 電気ビルみらいホール
       福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82電気ビル共創館4F
       博多駅よりバスで10分 西鉄薬院駅より徒歩7分
       七隈線渡辺通駅(電気ビル本館 B2Fへ直結)

     3.主催 環境省
       共催 (一社)九州経済連合会、九州経済同友会、九州商工会議所連合会

     4.後援(予定)
       九州総合通信局、九州農政局、九州森林管理局、九州経済産業局、
       九州地方整備局、九州運輸局、福岡県、(一社)地域企業連合会九州連携機構

     5.定員 300名程度

     6.プログラム(予定)
       (1)開会挨拶 原田義昭 環境大臣

       (2)基調講演
         ?中井徳太郎 環境省総合環境政策統括官
         ?天野浩 名古屋大学教授(2014年ノーベル物理学賞受賞者)

       (3)パネルディスカッション
         ?九州地域循環共生圏に向けた先駆的事例のさらなる展開を目指し
         ?共感できる地域の将来像づくりとその実現に向けて

       (4)閉会挨拶 森本英香 環境事務次官
          ※他、共催者挨拶等を予定

     7.参加費 無料



    3.申込方法

    リンク先申込書に必要事項を記入の上、電子メール、FAXまたは郵送にてお申し込みください。
    http://www.env.go.jp/press/106717.html

    【申込先】
    一般社団法人 地域企業連合会 九州連携機構 小野・謝・世戸口・大日方
    〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-9-28 会議所ビル1階
    TEL:092-451-8610 FAX:092-451-8612
    E-mail:

    【申込締切】
    2019年5月15日(水)まで
    ※申込期間内でも定員になり次第、受付は終了しますので御了承ください。



    4.配布資料

    環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。シンジウムでの配布資料については、原則として2019年5月17日(金)19:00までに環境省報道発表ページ(http://www.env.go.jp/press/106717.html)の下方に資料を追加して更新いたします。また、当日資料はスクリーンに投影いたします。
    なお、当日会場から環境省ホームページにアクセスし、掲載された資料を閲覧される場合には、ご自身で通信環境をご用意いただくようお願いします。


    ■連絡先

    環境省大臣官房総合政策課
    代表:03-5521-3351
    直通:03-5521-8224
    課長:角倉 一郎(内線:6210)
    課長補佐:沼田 正樹(内線:6249)

    環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
    直通:03-5521-8341
    室長:磯辺 信治(内線:6725)
    室長補佐:武藤 文(内線:7740)

    環境省九州地方環境事務所環境対策課
    直通:096-322-2411
    課長:森 寄幸
    担当:惠島 健



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:info@epo-kyushu.jp

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • 平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果の公開

    平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体について公募を行ったところ、66件の応募があり、審査の結果35件を選定しましたのでお知らせします。

     

    ●事業の概要

    本事業は、地域循環共生圏の構築に向け、今回選定された活動団体と連携し「地域の総合的な取組となる経済合理性と持続可能性を有する構想策定及びその構想を踏まえた事業計画の策定」、「地域の核となるステークホルダーの組織化」等の環境整備に一緒に取り組むとともに、地域循環共生圏づくりに資するプロフェッショナル人材や情報の集約、地域と企業等とのマッチング支援など、地域循環共生圏の創造を強力に推進する「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の構築を行うものです。

     

    九州・沖縄地域からは下記の9団体が選定されました。

    ※【】は活動地域

    宗像国際環境会議実行委員会 【福岡県宗像市】
    一般社団法人 九州循環共生協議会 【福岡県朝倉市】
    鹿島市ラムサール条約推進協議会 【佐賀県鹿島市】
    小国町(熊本県) 【熊本県阿蘇郡小国町】
    熊本県、南阿蘇村 【熊本県阿蘇郡南阿蘇村】
    奄美市 【鹿児島県奄美市】
    徳之島地区自然保護協議会 【鹿児島県大島郡徳之島町】
    宮古島市 【沖縄県宮古島市】
    国頭村 【沖縄県国頭郡国頭村】

     

    その他詳細は下記からご確認ください。

    環境省_平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果について
    http://www.env.go.jp/press/106840.html

     

EasyTagCloud v2.8

taisho2020 omote
2019年09月19日

【応募募集】日本自然保護大賞2020

自然環境の保護を目的として創立された公益財団法人日本自然保護協会が、自然保護・生物多様性保全活動を行っている個人・団体・法人を対象に、「日本自然保護大賞2020」を行われます。受賞を機に、地域での認知…
2019年09月19日

【応募募集】北九州SDGs未来…

北九州市を中心とした活動団体を対象とする、SDGs/ESD活動者の意欲の向上と、本市のSDGs/ES…
2019年09月18日

【開催情報】♪ 秋風…

熊本県の南阿蘇ビジターセンターにて、秋の音楽演奏会が開催されます。南阿蘇の雄大の自然の中、ポップス・…
2019年09月18日

2020年度地球環境基金助成金…

(独)環境再生保全機構は、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、地球環境基金の交付を行っています。…
2019年09月18日

【開催情報】第7回…

「第7回…