116 対象のタグ "福岡県"

  • 「合宿で身につける『ファシリテーショングラフィック』」参加者募集のお知らせ

    会議やワークショップで「意見出しにくくて沈黙ばかり」「お互いの意見がすれちがう」「脱線が多くて時間オーバー」「せっかくの結論が会議後に忘れられてしまう」ということ,ありませんか?
    こんな時「ファシリテーショングラフィック(板書)」が役に立ちます。ファシリテーショングラフィックとは,出てくる意見やアイデアをみんなが見えるように書きとめること。出席者の声を受けとめ,みんなで共有しやすくすることで,話し合い&学び合いの場面をよりよいものにします。

    特定非営利活動法人グリーンシティ福岡では、ファシリテーショングラフィックを学ぶ1泊2日の合宿を開催します。「いろんなタイプの会議実習」と「個別フィードバック」を行う実践的な内容です。ペンの持ち方や各種の図表から,聴き方や立ち居振る舞い,議論のプロセスへの視点といった内容にも触れます。実習を重ねる中で「その場の出席者に貢献する板書」を一緒に学んでいきましょう。

    開催案内

    ◆と き:平成29年5月27日(土)13時30分~28日(日)15時00分

    ◆ところ:背振少年自然の家(福岡市早良区板屋530) 
    ※車でのアクセスが難しい方は,西鉄大橋駅での事務局ピックアップもしくは乗り合わせを調整します。

    ◆参加費:一般価格:¥20,000-/下記以外の方
           割引価格:¥15,000-/学生,非営利団体の職員等 ※宿泊費と食費(3食)を含みます。宿泊は相部屋です。

    ◆対 象:20人(本申込みの先着順)
        ※当フォームでの仮申込み後,振込先等のご案内を差し上げます。
        ※参加費のお振込をもって本申込みとさせていただきます。

    ◆スケジュール(予定):
       27日(土)
        13:00 受付開始
        13:30 あいさつと参加者紹介
        14:00 セッション1(書き方に慣れる)
        15:00 セッション2(聞いて書く)
        16:00 セッション3(ミニ会議・型を覚える1)
        17:30 夕食と自由時間
        19:00 セッション4(ミニ会議・型を覚える2)
        20:30 初日終了~自由時間・懇親会
       28日(日)
         9:00 セッション5(応用実習)
        12:00 昼食
        13:00 セッション6(応用実習とふりかえり)
        15:00 講座終了

    ◆講師:志賀壮史(しが・そうし) 特定非営利活動法人グリーンシティ福岡 理事
       1996年よりまちづくりや環境保全活動等に取り組む。その実践を通じて
       身に付けたファシリテーショングラフィックの技術を会議、イベント、
       研修等に応用している。2003年よりNPO法人グリーンシティ福岡の理事
       として、自然環境の保全や地域づくりの業務に携わる。博士(芸術工学)。
    ◆主催:特定非営利活動法人グリーンシティ福岡
       みどりのまちづくりや環境保全・環境教育に取り組むNPOです。
       まちづくりの話し合いや人材育成・交流,環境保全活動や自然観察など,
       人と身近な自然が豊かにつながっていくまちを目指して
       「対話と体験の場づくり」に取り組んでいます。
    ◆共催:背振少年自然の家

    申込みや問合せ先はこちら http://www.greencity-f.org/category/1381528.html

  • 「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」いよいよスタート!

    「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」の第1回連絡会が6月24日(金)に開催されました。


    本事業は、地域における課題解決や地域活性化のために、異なる主体が相互に協力して取組む協働事業で、九州・沖縄地域からは福岡と沖縄の2団体が採択されました。この第1回連絡会を機に、事業がいよいよスタートします。採択団体の活動や事業内容をご紹介しますので、ぜひともご覧ください。

    20160624協働取組 第1回連絡会

     

    ~採択団体・事業紹介~

  • 「家電リサイクルプラントツアー」参加者を募集します

    家電リサイクル法をご存じでしょうか?
    家庭で日常的に利用している家電四品目(テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫)を廃棄する際には、家電リサイクル法で定められた方法で処理し、リサイクルすることとなっています。
    しかしながら、無料回収業者に引き渡すなど、不正に処理されている廃家電が多数存在している実態も見受けられます。
    そこで今回、家電リサイクルの必要性と処理の実際等について深くご理解いただけるよう、消費者及び家電小売店の方々等を対象とし、「家電リサイクルプラント見学ツアー」を開催します。

    kaden※イメージ画像

    開催概要

    ■開催日時 平成28年11月29日(火)11:30~17:30
    ■見学先 西日本家電リサイクル株式会社(福岡県北九州市若松区響町1-62北九州エコタウン内)
     ※集合場所 福岡合同庁舎〈福岡市博多区博多駅東2-11-1)

     

    お問合せ

    九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    〒812-8546 福岡市博多区博多駅東2-11-1
    e-mail:
    電話:092-482-5472 FAX:092-482-5554

    詳細はこちら http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1610/161020_1.html

  • 「平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」九州地方説明会 開催のご案内

    環境省では、地域での協働取組を促進するため、協定の締結や具体的な取組を加速化させる先導的な取組形成について、ノウハウ構築、普及や共有を目的とした協働事業を公募いたします。

  • 「福岡市地球温暖化対策実行計画」素案について 市民意見を募集します

    福岡市では、市民や事業者の皆様とともに温暖化対策を総合的・計画的に推進するため,「福岡市地球温暖化対策実行計画」の素案をとりまとめました。本計画の策定にあたり,市民の皆様のご意見を募集します。

    discussion※イメージ画像

    意見募集期間

      平成28年10月6日(木) ~ 平成28年11月4日(金)※郵送の場合は当日消印有効

    詳細はこちら http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/opinion/001_2.html

  • 『第3回環境・グローバル人材育成講座』 ~海外展開のリスクマジメントやビジネス英会話を学ぶ~のご案内

      海外展開を志向する企業が増えている中、K-RIPでは企業のグローバル人材化を図るため、海外展開に役立つ知識や出張等で使えるビジネス英会話を学ぶ『環境・グローバル人材育成講座』を開設しました。  
      対象は海外展開に関心のある経営者・新入社員等どなたでもOKです! また、第一部のセミナーのみ、第二部の英語塾のみの参加も可能です。  

    第3回環境グローバル人材育成講座※チラシはページ下部よりダウンロードできます。

  • 【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集

    2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

    10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。EPO九州が環境省SDGs活用ガイドの紹介をするほか、九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されます。この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。
    九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

     

    主旨

    環境技術企業、自治体、研究機関などが出展するエコテクノ展において、SDGsの普及啓発と実践主体による先駆的な取組を紹介し、中小企業をはじめとする各主体によるSDGsの推進に向けた取組みのすそ野を広げる。
    一般企業におけるSDGsに関する認知、ビジネスへの活用はこれからの段階であり、行政(SDGs未来都市)の動向、民間団体における人材育成など、取組みの参考となる情報提供を行う場づくりとする。

     

    開催日時

    平成30年10月11日(木) 10:30から12:20

     

    会  場 

    エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
    西日本総合展示場 新館 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1)

     

    対  象

    環境技術企業、各種団体、大学機関等

     

    プログラム

    10:30 開会 九州地方環境事務所
    10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
    10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
    10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
    11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
    11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
    11:50 意見交換
    12:20 閉会

     

    セミナー申込

    下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
    http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02

     

    実施主体

    主  催 環境省九州地方環境事務所
    共  催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
    協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス

    ecotechno2018

  • 【お知らせ】「九州水フォーラム2017」開催のご案内

    水は、天からの恵みを受け、森や川、地下水を通じて海まで流れ、再び天につながる循環を持っています。
    水循環の背景には、自然の力に加え、地域の人や技術があり、そうした人の営みと技術を後世に伝えていくことが必要です。
    今般、九州各地の「美味しい水」「きれいな水」そして、それを支える地域づくりをテーマに、九州水フォーラムを以下のとおり開催しますので、皆様お誘いの上、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

    【主 催】九州水フォーラム2017実行委員会
    【開催日時・場所】
      日時:平成29年12月19日(火)13:00~16:30
      場所:電気ビル共創館3階カンファレンスA(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
    【参加費】1,000円
    【参加申込方法】
      以下の「九州水フォーラム」の参加申込みページからご登録ください。
      http://www.qwaterforum.org/

    【プログラム】
      ○開会ごあいさつ 
        九州電力(株)代表取締役会長  貫 正義 氏

      ○基調講演  
       「水循環と生物多様性と環境投資」
        日経エコロジー編集/日経BP環境経営フォーラムプロデューサー 藤田 香 氏

      ○ポスターセッション
        「九州の水の活動を語ろう!」

      ○パネルディスカッション
        「九州の多様な主体による社会の形成にむけて」
         コーディネーター
          九州大学工学研究院 准教授 清野 聡子 氏
         パネラー
          九州大学法学部 教授 七戸 克彦 氏
          国連ハビタット アジア太平洋本部 所長 是澤 優 氏
          九州電力(株)耳川水力整備事務所 所長 朝崎 勝之 氏
          水の会 会長 立花 民雄 氏

      ○閉会

    【お問い合わせ先】
    九州水フォーラム2017実行委員会事務局 (九州経済調査協会BIZCOLI内)
    TEL:092-721-4909 FAX:092-721-4908

     

    kyushumizuforum ss

  • 【ご案内】 第109回エコ塾 in 宮崎 「未来へつながるバイオマス活用の取り組み」 (8/31) 

    K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、定期的に環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。第109回エコ塾は8月に宮崎市内で開催します。

    「未来へつながるバイオマス活用の取り組み」をテーマに取り上げ、関連企業4社の取り組みを紹介するとともに懇親会を開催します。懇親会では先着申込による1分間スピーチも行います。
    今回は、基調講演として、資源エネルギー庁による改正FITの説明もございます。翌日は宮崎県内の施設をバス見学いたします.申込先着順 定員20名 参加無料(昼食代1,080円別途)

    ★開催概要★
    【日時】
    平成29年8月31日(木) 講演会:14時00分~17時20分
                   交流会:17時30分~19時00分
    (バス見学)9月1日(金)9時00分発~16時00分解散予定 定員20名(1社2名まで) 締切8/30(水)
    【場所】
    講演会 : HOTELスカイタワー 3階 ターコイズ・マリン
    宮崎県宮崎市高千穂通2-1-26 http://hotelskytower.jp/access/
    懇親会:同ホテル シアン ※参加者による1分間スピーチ実施予定

    【バス見学】
    スケジュール
    ・9時00分 宮崎県庁 出発 霧島酒造(焼酎粕リサイクルプラント及び発電施設)
    昼食(1,080円) → エコクリーンプラザみやざき(バイオマス発電)
    ・15時50分 宮崎駅経由 ※時刻は予定
    ・16時00分 宮崎県庁前 解散 ※時刻は予定
    【参加費】 
    ・講演会 : 無料     ・懇親会 : 4千円/人
    ・バス見学 : 参加無料(昼食代1,080円別途) ※自車での追走はお断りしております。

    ★プログラム★

    【基調講演】

    資源エネルギー庁  「改正FIT法と再生可能エネルギー政策の今後の展望」
                  資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課

    【プレゼン1】

    ◆バイオマス発電燃料としての木質チップ生産について
     中山リサイクル産業(株) 常務取締役 堀 文弘 氏

    【プレゼン2】

    ◆木質バイオマス活用による地域エネルギー事業について
      篠田(株) 環境事業部 武谷 歩 氏

    【プレゼン3】
    ◆資源循環で皆が楽しく活躍できる社会を ~食品廃棄物の低コスト地域循環~
      楽しい(株) 代表取締役 松尾 康志 氏

    【プレゼン4】

    ◆木質ペレットのポテンシャル
     (株)フォレストエナジー門川 取締役 事業統括部長 日吉 淳 氏

    お申し込みや詳細については、こちら http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9009

    k rip

  • 【更新】平成28年度ふくおか地域貢献活動サポート事業協働助成事業 公募結果

    福岡県では、新たな公的サービスの担い手として期待されるNPO・ボランティアと企業、行政など多様な主体との協働による「共助社会づくり」を進めています。  その取組の一環として、平成25年度から「福岡県共助社会づくり基金」に寄せられた民間からの寄附金を活用して、「ふくおか地域貢献活動サポート事業」を実施しています。

     本事業は、NPOの皆さんが、地域コミュニティや市町村、企業などの多様な主体と協働して地域課題の解決に取り組む社会貢献活動を支援するもので、審査会を経て採択された事業に補助金を交付しています。

    consultant 779590 180※写真はイメージです。

  • 【福岡】第3回持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修in福岡県久留米市・うきは市

    環境省からのお知らせです。
    各地域におけるSDGsの達成を目指し、主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のため、研修会を開催します。
    本年度は第1回研修を千葉県いすみ市において10月4日(金)から10月6日(日)に開催し、第2回研修は滋賀県東近江市において
    11月8日(金)から11月10日(日)に開催予定、第3回は福岡県久留米市・うきは市において11月29日(金)から12月1日(日)に開催されます。
    今回は、第3回の福岡県久留米市・うきは市の開催についてのご案内です。
    みなさま、ぜひご参加ください。

    ~第3回持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修 in 福岡県久留米市・うきは市の開催について~

    環境省では、各地域におけるSDGsの達成を目指し、主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のための研修を開催します。

    112630 page 0002112630 page 0002

    1.趣旨

     近年、各地域社会が、地域の資源・産物・景観等の地域性を発揮して持続的に発展する、次の世代の地域づくりが求められています。このためには、SDGsの達成を目指して、業種や分野を超えた人々の連携・協働が鍵となっています。環境省では、環境・経済・社会課題の同時解決やパートナーシップ構築によるローカルSDGsとして、地域循環共生圏※という地域社会像を目指しています。そのためには、多様なビジョンを持ち、主体的に地域課題解決に取り組む人材(SDGs人材)が、リーダーとなって周囲を率いていくことが期待されています。
     これらを踏まえ、地域の次世代リーダーを育成することを目的として研修を開催します。
    ※「第五次環境基本計画」において提唱された、地域の資源を有効に活かし地域が持っている力を最大限に発揮してそれぞれの地域が自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合う取組を推進することによって持続可能な地域・社会を構築することを目指す取組。

    2.概要

    (1)件名

    第3回持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修in福岡県久留米市・うきは市

    (2)日程

    和元年11月29日(金)~12月1日(日)

    (3)会場

    久留米シティプラザ ほか

    (4)研修内容

    講座、視察・ディスカッション、グループワーク、研修成果発表会等
    詳細は下記サイトをご参照ください。
    https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2019/sdgsleader/index.html

    (5)対象者

    ○地方自治体・民間企業・NPO等に勤務する、おおむね35歳以下の社会人
    SDGsの達成に向けて、地域課題の解決に取り組んでいる方や関心がある方
    SDGsリーダーとして、持続可能な地域の未来づくりを担う意欲のある方
    ○開催趣旨を理解し、主体的に研修に参加し、その後も2030年に向けて継続して活動を行う意思のある方
    11月29日(金)から12月1日(日)までの全てのプログラムに参加できる方

    (6)募集人数

    40名程度(募集人数に達し次第締切り)

    (7)参加費

    無料(ただし、現地までの交通費、宿泊費、食費(懇親会費含む)は参加者負担)

    (8)申込方法

    下記の申込サイトにて、必要事項を入力の上、お申込みください。
    申込サイトはこちら

    (9)募集期間

    令和元年10月18日(金)~1125日(月)

    10)主催・後援

    主催 環境省
    後援 福岡県(予定)、久留米市(予定)、うきは市(予定)

    3.問合せ先

    SDGsリーダー研修」事務局
    みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
    担当:小山田・森岡・佐々木・吉田
    E-mail
    TEL03-5281-5287
    FAX03-5281-5466

    4.備考

     本年度は第1回研修を千葉県いすみ市において10月4日(金)から10月6日(日)に開催しました。第2回研修は滋賀県東近江市において11月8日(金)から1110日(日)に開催します(1029日(火)まで参加者募集中)。

    連絡先

    環境省大臣官房総合政策課環境教育推進室

    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8231
    • 室長三木清香(内線 6240)
    • 室長補佐田代久美(内線 6262)
    • 係長小倉圭司(内線 7240)
    • 担当藤井裕介(内線 6267)
  • 【福岡県】第19期NGOカレッジ「あなたのそばにあるSDGs~知り、考え、行動する~」

    地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。
    同団体主催で、SDGsについて学ぶことのできる、全5回の連続講座が西南学院大学で開催されます。
    SDGsについて、幅広い分野の専門家がレクチャーしてくれます。
    第5回目の講座には、フォトジャーナリストの安田菜津紀氏もゲスト講師として、登壇されます。
    この機会に、SDGsについて学びを深めてみませんか?

    第19期NGOカレッジ「あなたのそばにあるSDGs~知り、考え、行動する~」参加者募集!

    1

    NGOカレッジとは国際協力に関心のある市民を対象に、NGO の活動や世界課題の現状等を知り、
    自らにできることを考える学習機会の場です。NGO 福岡ネットワーク(FUNN)主催の連続講座です。第 19 期 NGO カレッジでは「あなたのそばにある SDGs ~知り・考え・行動する~」をテーマにしてます。

    SDGs とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で2015 年 9 月の国連サミットで採択されたものです。国連加盟 193 か国が2016 年~ 2030 年の 15 年間で達成するために掲げた目標で、17 のゴール・169 のターゲットからなります。SDGs は、貧困、紛争、教育、食糧、環境など、私たちが取組むべき地球規模の課題をテーマとし、多種多様な課題が国境を超えて身近な問題につながっていることに着目しています。

    第1回目 ゲームで学ぶ SDGs( 持続可能な開発目標 ) ~わたしが「起点」となる世界~

    ゲーム「2030SDGs」を通じて、経済・環境・社会がつながっていることを体感します。
    ゲームの後にはグループごとに対話を重ねながら振返りの時間を持ちます。
    私たちの日常生活が世界の課題とどのようにつながっているのかについて、事例を挙げながら説明します。

    ● 日時:2019年11月9日(土)13:00~17:00(開場12:30)
    ● 講師:亀井直人氏(「SDGs 推進ネットワーク in 九州」代表)
    ● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
    ● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

    第2回目 貿易ゲームで体感する世界の貧困と格差ゲーム~「私たち」にできることは?

    前半に貿易ゲームを通じて、貧困や格差を巡る現状を体感するとともに、課題解決に向けた取り組みについて考えます。
    後半は、さらに一歩進んで、「私たち」にできることはどのようなことなのか?について考えるワークショップを行います。「支援」「援助」という漠然とした
    コトバや、「寄付」「食べ残しをしない」などという自分の努力だけではなく、仕組みを踏まえた解決に向けた取り組みについて考えます。

    ● 日時:2019年11月16日(土)13:00~17:00(開場12:30)
    ● 講師:藤井大輔 氏(九州国際大学現代ビジネス学部准教授)
    ● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
    ● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

    第3回目 SDGsで地方創生~私たちの暮らしと世界のつながり~

    前半に私たちの生活が、どのように世界の人々に影響を及ぼしているのかを食を通じて理解を深めます。その上で、私たちの暮らしを少し見直すことにより、グローバルな課題解決へとつながっていく可能性についても考えていきます。後半は住民主体のまちづくり、ゴミ・環境問題、食育など私たちの身の回りの課題が世界とどのようにつながっているのかをワークショップで学びを深めます。

    ● 日時:2019年11月23日(土)13:00~17:00(開場12:30)
    ● 講師:神田浩史 氏(NPO 法人泉京・垂井理事)
    ● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
    ● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

    第4回目 世界の貧困といのちを考える~自らの命は自らの手で~

    前半は、先進国と言われる日本の医療の問題点を掘り下げながら、バングラデシュやインド・ケララ州のコミュニティケアから学ぶものを探ります。
    後半は、もしバナゲーム(もしものときの話合い)を通じて、いのちの終わりを意識した時に何を大切にするのかを考えるワークショップを行います。

    ● 日時:2019年11月30日(土)13:00~17:00(開場12:30)
    ● 講師:二ノ坂 保喜 氏(NPO 法人バングラデシュと手をつなぐ会代表)
    ● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンター会議室
    ● 定員:40名(先着順 但し全講座参加者優先)

    第5回目 特別講演 世界の平和をつくる取組について考える

    第1部(45 分)講演「平和と公平をすべての人に」
    今なお内戦が続くシリアで出会った子どもたちや、こうした紛争や迫害が続く地から、日本に難民として逃れてきた人々の声を伝えます。
    第2部(45 分)対談「安田氏 × 二ノ坂保喜氏(NGO 福岡ネットワーク代表)」
    公正・公平の実現や地域の人々の暮らしから市民が果たす役割とは何か、海外の紛争や災害についてお二人に対談してもらいます。

    ● 日時:2020年1月25日(土)14:30~16:30(開場12:30)
    ● 講師:安田 菜津紀 氏(フォトジャーナリスト)
    ● 会場:西南学院大学西南コミュニティーセンターホール
    ● 定員:100名(先着順 但し第1-4回講座参加者優先 12月に申込結果をメールにて連絡)

    ▼ 参加費

    第1~4回全講座申込:5000円 各講座申込:2000円 (学生は半額)
    ※第5回目は無料

    ▼ お申込み方法

    以下いずれかの方法でお申込みください。
    (1)お申込み専用フォームから
    (2)メール、電話、ファックスから(以下の情報をご連絡ください)
    名前、年齢、所属、電話番号、Eメールアドレス
    第1~4回講座:定員40名(先着順 但し全講座参加者優先)
    第5回講座:定員100名(先着順 但し第1-4回講座参加者優先 12月に申込結果をメールにて連絡)

    ★詳細は、下記ページをご確認ください。
    https://ngofukuoka.net/19th_ngo-college-2/

    ▼ 主催・お問合せ

    特定非営利活動法人NGO福岡ネットワーク
    〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4A 福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」内
    受付時間:火〜土曜日13:00〜18:00、日・月・祝日は休み
    TEL/FAX 092-405-9870
    URL  https://ngofukuoka.net/
    E-Mail 

     

  • 【終了】令和元年度環境技術実証事業 説明会および研修会

    環境技術を有するメーカー、販売者及び環境技術のユーザー並びに実証機関に興味のある方を対象とした、令和元年度環境技術実証事業説明会及び研修会が北九州市にて開催されます。ぜひ、ご参加ください。

    ~令和元年度環境技術実証事業 説明会および研修会の開催について~

    環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら普及が進んでいない先進的環境技術について、環境保全効果等を第三者が客観的に実証して普及を図ることを目的とした事業で、モデル事業を含め平成15年度より実施しています。また、平成28年11月にはISO14034として国際標準化されました。

     本事業は令和元年度から制度が見直されたことから、新たな制度での環境技術実証事業の流れを説明すると共に、本事業の更なる普及促進を目的とし、説明会及び研修会を開催することとしました。説明会では実際に実証を行った実証機関や申請者からの事例紹介もあり、具体的な内容を聞くことができます。また、説明会及び研修会の後には、技術相談会を開催し、個別に相談を承ります。

     

    令和元年 環境省ETV説明会研修会 開催案内5オモテ min

    令和元年 環境省ETV説明会研修会 開催案内5 ウラ ※東京、大阪でも開催されます。

     

    1.開催日時及び開催場所

    【第2回】北九州 令和元年10月1日(火)

    (公財)北九州観光コンベンション協会AIM3F311-313会議室、314会議室


    〈開催時間〉

    第1部:説明会及び技術相談会 9時30分~12時00分

    第2部:研修会及び技術相談会 13時30分~16時30分



    2.プログラム

    【第1部】説明会及び技術相談会

    ・環境技術実証(ETV)事業の流れについて

    (環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

    ・実証のプロセスについて

    (実証機関 3機関程度による事例紹介*

    ・実証済技術の事例紹介(ETV事業のメリット)

    (実証申請者 2事業者程度による事例紹介*

    ・事業の普及依頼について

    (環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

    ・技術相談会

    *:実証機関及び実証申請者による事例紹介は、会場により異なる可能性があります。

    【第2部】研修会及び技術相談会

    ・環境技術申請書を作成する際のポイント

    (技術調査機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

    ・実証機関における実証の流れについて

    ~ 実証機関の役割、実証要領の留意点、よく受ける質問等~

    (実証機関 一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会)

    ETV事業におけるISO14034等の役割とETV取得技術の海外展開方法

    (実証運営機関 いであ株式会社)



    3.対象者

     有用な環境技術をお持ちのメーカー、販売者、環境技術に関係するユーザー(購入者、貿易業者、施工業者、地方自治体の環境担当者等)、実証機関や実証試験を実施する試験機関に興味のある方等

     


    4.申込方法

     説明会及び研修会への参加を希望される方は、下記 「参加申込記載事項」 を記載の上、申込締切日までに電子メールにて以下の申込先()まで御送信ください。お申し込みいただいた方には、後日事務局より電子メールにて参加票をお送りいたします。なお、各回とも申込先着順で定員(200 名)になり次第締め切らせていただきます。

    <参加申込記載事項>

    件名:メールの件名を 「ETV 説明会及び研修会参加申込み」 としてください。

    ① 氏名(フリガナ)

    ② 貴社名 <申込先>

    ③ 御所属部署及び役職名

    ④ 御所属先住所

    ⑤ 電子メールアドレス

    ⑥ 電話番号

    ⑦ FAX 番号

    ⑧ 参加を希望される会場

    (東京、大阪、北九州の記載。また、①第1部のみ参加 ②第2部のみ参加 ③第1部・第2部の両方参加のいずれかを記載)


    ★申込締切

    【北九州】 令和元年9月26日(木) 17 時まで


    5.申込先及び問合わせ先

    いであ株式会社 担当:川岸、安間、河野、宮田、矢光、工藤

    TEL:045-593-7604,FAX:045-593-7623 ,MAIL:



    6.その他

     本事業全般については、環境技術実証事業のウェブサイト(http://www.env.go.jp/policy/etv/)を参照してください。

     

  • 【終了】第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    「第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス」が熊本県にて開催されます。
    みなさま、ぜひご参加ください。
    前日には、「環境白書を読む会」が開催されます。

    第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    パリ協定の発効により、今後、世界は脱炭素社会に移行していくものと見込まれています。脱炭素社会を実現し、経済・社会全体の転換を成し遂げたうえで、国民生活の質の向上を目指すために、各主体の行動を変え、イノベーションを誘発する可能性のあるカーボンプライシング(炭素の価格付け)について、日本においても協議が進められています。
    本カンファレンスではカーボンプライシングに関する国内外の状況やその意義及び影響について、取組事例を含めた情報提供を行うとともにカーボンプライシングによるイノベーションの可能性についてパネルディスカッションを行います。

    ■日 時:令和元年10月4日(金)13:30~17:00
    ■会 場:熊本地方合同庁舎A棟 1F 共用会議室
        (熊本市西区春日2-10-1)
    ■主 催:九州地方環境事務所 
     ※参加費無料、会場にお越しの際は公共交通機関をご利用ください


    ■プログラム案:
    1.開会挨拶  九州地方環境事務所
    2.世界と日本の動向と環境省の取組について(仮題)
      環境省地球環境局 地球温暖化対策課市場メカニズム室 室長補佐 新原 修一郎 氏
    3.JCLP及び積水ハウスのカーボンプライシングに対する対応
      日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)共同代表
      積水ハウス株式会社丈夫執行役員 石田  建一 氏
    4.リコーグループの取組について
      株式会社リコー  リコー経済社会研究所
      環境・資源・エネルギー研究室 主席研究員 則武 祐二 氏
    5.埼玉県の目標設定型排出量取引制度について(仮題)
      埼玉県 環境部 温暖化対策課 小西 まどか 氏
    6.パネルディスカッション 
      モデレーター:福岡大学名誉教授(前中央環境審議会会長) 浅野 直人 氏
      パネリスト:石田 建一 氏、則武 祐二 氏、小西 まどか 氏


    ■申込み方法等:
    <申込み方法>
     次のウェブサイトに掲載の参加申込書に必要事項を記載し、電子メール又はFAXでお申込みください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html  
    <申込み期限>
     令和元年10月1日(火)17時
    <問合せ、申込み先>
     九州地方環境事務所環境対策課(担当:黒田・大嶋)
     メール:
     電話: 096-322-2411  FAX: 096-322-2446


    ■留意事項:
     本カンファレンスはペーパーレスで実施いたします。講演資料の配付はいたしません。
     講演資料は10月1日をめどに以下のページに掲載いたしますので事前にご準備の上ご来場ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html

    カーボンプライシング

  • 【終了】食品リサイクル推進マッチングセミナー

    食品リサイクルに関わる事業者(食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者等)、一般消費者及び地方公共団体の方々を対象に「食品リサイクル推進マッチングセミナー」が福岡にて開催されます。
    みなさま、ぜひご参加ください。

    ~令和元年度「食品リサイクル推進マッチングセミナー」の開催について~

    環境省では、食品リサイクルの取組の更なる促進のため、食品リサイクルに関わる事業者(食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者等)、一般消費者及び地方公共団体の方々を対象に「食品リサイクル推進マッチングセミナー」を令和元年10月16日(水)に福岡県福岡市において開催いたします。

    112350 page 0001 min

    1.経緯

     環境省では、肥料や飼料にリサイクルできるにも関わらず廃棄される食品廃棄物等を削減するため、食品リサイクルの促進に取り組んでいます。
    これまでに、食品リサイクルループ(食品リサイクル法に基づく認定を受けた食品循環の環)を含む、食品リサイクルに係る関連主体の連携が進んでいますが、こうした取組事例をより一層増やしていくことが食品リサイクルの推進には重要です。
    そのためには、関連主体間の連携が必須であり、食品リサイクル法においては、国は、「食品関連事業者、再生利用事業者及び農林漁業者等のマッチングを強化すること」とされています。
    そこで環境省では、平成27年度~30年度と同様、食品リサイクルの取組の更なる促進のため、再生利用事業者、農林漁業者、一般消費者、地方公共団体等の方々を対象に、「食品リサイクル推進マッチングセミナー」を開催します。

    2.主催等

      主催:環境省
          事務局:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

    3.対象者

     食品リサイクルに関心がある食品関連事業者、再生利用事業者、農林漁業者、地方公共団体担当者、一般消費者の皆様

    4.開催概要・開催場所

      日時:令和元年10月16日(水)13:00~16:30(開場:12:30)

          場所:電気ビル共創館 カンファレンスルームA
                 (福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目1−82)

    5.プログラム概要(予定)

      13:30 開催挨拶・食品リサイクル関連最新情報(環境省)

      13:35 先進事例紹介・パネルディスカッション

    1. ロイヤルホールディングス株式会社 CSR推進部 部長 成田 鉄政 氏

    2. 平木工業株式会社 食品リサイクルプラント責任者 木村 好男 氏

    3. 福岡市 環境局循環型社会推進部 事業系ごみ減量推進課

    4. 一般社団法人 全国食品リサイクル連合会 専務理事・事務局長 松岡 力雄 氏

      15:30 情報交換・名刺交換会

    6.参加費

      無料

    7.参加申込方法

      参加可能人数:100名程度(先着順)
      申込をする際は、下記ページの下部にあります参加申込書に必要事項を記載し、下記の事務局宛にE-mailもしくはFaxにて令和元年10月9日(水)15時までに御提出ください。
          https://www.env.go.jp/press/107207.html
    8.お問い合わせ先

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
    「食品リサイクル推進マッチングセミナー」事務局 俵藤(ひょうどう)・小林
    TEL:03-6733-4955
    E-mail:  
    ※メール本文に参加申込書の事項を記載してお送りいただいても構いません。
    ※メールでのお申し込みの場合には、メールの件名を「食品リサイクルセミナー参加希望」としてください。
    ※会場の定員に達した場合には参加いただけない場合がございます

    詳細につきましては、下記ページをご確認ください。
    https://www.env.go.jp/press/107207.html

     

  • 【開催報告】平成29年度 協働取組フォーラム

    kyodo forum2017 1

    平成29年12月14日(木)、福岡市中央区にて「平成29年度協働取組フォーラム」を開催しました。

    環境省では、環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくために、平成25年度より地域活性化に向けた協働取組加速化事業を行っています。今回のフォーラムは5カ年のモデル事業の成果をふまえて、協働取組を実践した団体、行政担当者による、ノウハウの共有や、政策提案・支援のあり方について意見交換を行うことを目的としています。

    フォーラムでは、九州・沖縄地域の5つの特徴的な協働取組が、活動団体と行政担当者からのコメントと共に紹介されました。

    それぞれ「ネットワーク型政策協働の取組」「未利用資源活用型政策協働の取組」「マルチステークホルダー型政策協働の取組」として、3つのタイプに分けてセッションを展開しました。

    3名のアドバイザーからは、各取組に対し様々な意見交換や質問がなされ、参加者にたくさんの新しい気づきが生まれたフォーラムとなりました。

    今後もそれぞれの地域で生まれた取組が、多様なステークホルダーにより継続され、大きな波となって展開していくことと思います。

     

    ■日時   平成29年12月14日(木)14:00~17:00
    ■会場 久留米大学福岡サテライト 会議室
        (福岡県福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィス6階)


    ■セッション1 ネットワーク型政策協働の取組
     ・NPO法人グリーンシティ福岡  × 福岡県広域地域振興課
     ・NPO法人くすの木自然館    × 鹿児島県霧島市環境衛生課
    ■セッション2 未利用資源活用型政策協働の取組
     ・一般社団法人小浜温泉エネルギー   × 長崎県雲仙市環境政策課
     ・NPO法人筑後川流域連携倶楽部   × 久留米市新産業創出支援課
    ■セッション3 マルチステークホルダー型政策協働の取組
     ・NPO法人おきなわグリーンネットワーク × 沖縄県営農支援課

     

    パネルディスカッションでは、3名のアドバイザーから「政策協働の勘所」として下記のようなご意見が挙がりました。

    ・得意分野を活かす、信頼関係を築く
    ・もう一歩「川上」のことを話しあう
    ・ソーシャルキャピタルのプラットフォーム

     

    また、会場の参加者の皆様からは下記のような「政策協働の勘所」が寄せられました。
    ・実際に地域を歩いてみること
    ・楽しむ
    ・進化+協働
    ・お互いを認める余裕を持ち、持続可能な関係づくり
    ・思いを形に各々のスキルをシンプルに合体
    ・「行政のやって欲しいこと」が好きな人を見つけてつなげる!!
    ・民間にとって継続の動機は「利益」を明確にできること。
    ・ミッション
    ・独りよがりでない共有可能な課題の設定
    ・相談→共有できる解決策・課題、明確化・共有→ゆるい協働からスタート、情報の共有
    ・庁内の情報共有(行政の協働)
    ・課題の共有、行政が取り組む理屈づけ
    ・共通の目標、ビジョンの共有
    ・共有(情報・課題・地域の思い)

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

  • 【開催情報】地域と再生可能エネルギーに関するセミナー

    「地域と再生可能エネルギー」をテーマにしたセミナーが福岡市にて開催されます。
    皆様、ぜひご参加ください。

    「地域と再生可能エネルギーに関するセミナー」の開催について

    農山漁村に再生可能エネルギーを導入することは、従来未利用となっていた土地、水、バイオマス等の資源に新たな価値を生む他、地域内に経済循環を生み出すことで、地域の自立、農林漁業の課題解決を図ることが可能となります。
    また、近年ではSDGsの考えに基づく世界的な脱炭素社会への移行等も踏まえ、より積極的な再生可能エネルギーの活用推進が求められています。

    こうした状況を踏まえ、再生可能エネルギーの導入、持続可能な循環共生型社会の構築などに関連する施策や、再生可能エネルギーの導入による地域活性化の取組事例について情報提供を行い、「地域と再生可能エネルギー」の方向性について考えていただくことを目的として、セミナーを開催します。

    バイオマス
    ■日時:令和元年11月7日(木曜日)13時30分~16時00分  ※13時00分から受付を開始します。

    ■開催場所:九経交流プラザ大会議室(福岡市博多区博多駅東2丁目11-1 福岡合同庁舎 本館1階

    ■主催:農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課、環境省、九州地域バイオマス関係連絡会議

    ■参集範囲、定員

     ・参集範囲:県、市町村、農林漁業者(団体)、再生可能エネルギー関連事業者(団体)

     ・定員:60名程度(参加費は無料)

    ■内容

     (1) 情報提供(農林水産省・環境省)

    • 農山漁村再生可能エネルギー法基本方針の見直しについて

    • 地域循環共生圏の構築について

    • 令和2年度再生可能エネルギー関連予算概算要求の概要について

    (2) 講演(事例紹介)

    • 「唐津市の再生可能エネルギー導入の取り組みについて」

        講演者:唐津市役所 政策部市政戦略課 新エネルギー対策係   係長    小田 信也   氏

    • 「バイオマス発電事業による森林再生と持続可能な地域づくりへの貢献について」

        講演者:株式会社グリーン発電大分   代表取締役社長    石田 博   氏

    ■申込方法

    本説明会への参加を希望される方は、事前の申込みが必要です。以下のアドレスから参加申込フォームに必要事項を入力の上、10月31日(木曜日)までにお申し込みください。

    ※直接、電話での申込みについてはご遠慮願います。

     

    詳細につきましては、下記のページからご確認ください。
    http://www.maff.go.jp/kyusyu/syokuryou/saiene_seminar.html

     

    ■お問合せ先

    経営・事業支援部 食品企業課

    担当:再生可能エネルギー推進係

    TEL:096-300-6330

    FAX番号:096-211-9825

  • 【開催案内】企業における気候変動対策セミナー ~脱炭素経営と気候変動適応にむけて~

    企業における気候変動対策セミナー チラシ2月19日火

    九州地方環境事務所では、平成31年2月19日(火)13:30から、
    南近代ビル7階2号室(福岡市博多区博多駅南4-2-10)において、
    「企業における気候変動対策セミナー」を開催いたします。

    本セミナーは、第一部と第二部での開催となります。
    第一部では、SDGsやパリ協定の合意以降、ESG投資の拡大等を背景に、
    SBTやRE100等企業の脱炭素経営に向けての目標を設定する動きが進んでおり、
    こういった動きの背景や現状の説明をはじめ、環境省の企業版2℃目標(SBT)の設定支援事業等の説明、
    本事業への応募企業から取り組みの事例を紹介。

    第二部では、企業における気候変動リスク、適応の重要性、事例等について、
    福岡大学名誉教授 浅野先生をはじめ専門家の方々から説明をいただきます。

    詳細については添付のチラシ、HPをご覧ください。 
     九州地方環境事務所HP
      http://kyushu.env.go.jp/to_2019/post_172.html
     九州環境管理協会 HP
      http://www.keea.or.jp/seminar-20190219.html
     参加申し込みはこちら ※googleフォームを利用しています
      https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd9b0poTlStYumF-7F995lr2dRQ4IR-Jnomc7eXcEHZKfUl6Q/viewform

     ※第一部、第二部どちらかの申し込みも可、企業以外の方々も参加可能です

     

  • 【開催案内】公開セミナー「気候変動による生活への影響~持続可能な未来を考える~」

    10月22日(日)に福岡市で公開セミナー「気候変動による生活への影響」(九州地方環境事務所及び福岡市地球温暖化防止市民協議会主催)が下記のとおり開催されますのでお知らせします。気象に関しては、NHK福岡テレビ・ラジオでもおなじみの松井渉気象予報士に、災害に関しては、九州地方整備局の光武水災害予報センター長に、それぞれ分かりやすく解説していただきます。ぜひご参加ください。

  • 【開催案内】協働取組フォーラム(福岡市)

    環境省では協働取組を推進していくため、平成25年度より地域活性化に向けた協働取組の加速化事業を行い、九州・沖縄地域では5年間で5団体が採択され、モデル事業の実証に取り組んできました。この度、本事業において協働取組を実践した団体、および関係自治体による活動の歩みと現在の取組を発信するフォーラムを開催いたします。

EasyTagCloud v2.8

112630 page 0002
2019年10月23日

【福岡】第3回持続可能な地域の未来づくり…

環境省からのお知らせです。各地域におけるSDGsの達成を目指し、主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のため、研修会を開催します。本年度は第1回研修を千葉県いすみ市において10月4日(金)か…
2019年10月17日

【福岡県】第19期NGOカレッ…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。同団体主催で、SD…
2019年10月16日

【宮崎県】地球温暖化防止月間ギ…

地域ESD活動推進拠点である宮崎県環境情報センターからのお知らせです。ゲームを通して、SDGsについ…
2019年10月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

9月下旬~10月中旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年10月09日

「地域循環共生圏実践地域等登録…

環境省は、地域循環共生圏の構築に向けて、地域循環共生を創造している/したい地域・団体の登録制度「地域…