epohedimg003

九州環境教育ミーティング(略称:KEEM)では、環境教育、環境保全、地域づくりなどに関心のある個人・団体・企業・行政などが交流し、お互いに学びあうことを目的として、九州各地で大会を開催しています。
今年度の会場は、熊本県球磨郡球磨村にて、4回に分け四季折々の実施形態で進めています。

1

その第2回となる「冬編」が、球磨村三ヶ浦地区の「田舎の体験交流館さんがうら」にて開催されました。この施設は、球磨村にて平成22年3月に135年の歴史を閉じた一勝地第二小学校に新たな風を吹き込み、農林業の体験や自然に親しむ拠点として活動しています。

【参考】さんがうら 田舎の体験交流館 

☆九州地方環境パートナーシップオフィスは九州・沖縄地方における環境教育およびESDを推進するため、ステークホルダーと協力し本ミーティングを共催しています。


【実施スケジュール】
■1日目(2月1日 土曜日)
14:00 受付
14:30 開会・オリエンテーション
15:00 球磨村の郷土食について説明
15:30 ワークショップ(体験)「郷土に伝えられた食を味わいつくそう」

■2日目(2月2日 日曜日)
07:30 朝食
09:00 ワークショップ「地名・地域に伝わる伝承から見る球磨」
11:00 振り返り(各グループの発表・質問など)
12:00 閉会


冬編のテーマのひとつは「食」です。
球磨村地域に伝統的に伝わる食について、施設スタッフのみなさんから食文化についての解説と、調理のお手伝いをいただきながらメニューに取り組みました。

 

2
3

4

4

5
 
稲作だけではなく、果樹やジビエ食材など多彩な食文化は、地域で協力しながら、大変困難な治水や農業技術の改善に努力を重ねてきた結果である点が参加者に伝わりました。
またこの食文化をアクティビティと捉え、調理体験を観光資源として提供していることも説明されました。
環境教育と食文化は一見、異なる分野であるように見えますが、根ざす部分は同じであり、次世代への伝承を含め、体験活動として導入する必要性について、各自が考えるワークショップとなりました。


翌日は「地名・地域に伝わる伝承から見る球磨」と題しワークショップを開催しました。
参加者は球磨村総合運動公園へ移動し、「人吉層」の見学を行いました。
この地層は、人吉盆地が人吉湖と呼ばれる大きな湖だった時代に、湖の底に流れ込んだ泥や砂、小石や火山灰などが堆積してできています。この地層からは真水に堆積したことを示す貝や水草、樹木の化石が多く見られます。
この運動公園では、この人吉層からでいている丘がきれいに観察できます。
※見学当日は朝靄が濃い状況でしたが、日頃ははっきりと観察できます。

 
6
7
 
続いて参加者は、三ヶ浦地区に戻り松谷棚田を見学しました。
体験交流館の真下に広がるこの棚田は、日本棚田百選にも選ばれる美しい棚田です。
標高150メートルから250メートル、100メートルの落差に渡って美しい田が広がっています。
美しいだけではなく、棚田周辺には巨大な石や巨木が点在し、棚田を広げるために村の人々が努力を重ねて来たことが伺えます。
一部の田では耕作を休止していることも説明があり、後継者の確保や農産物の消費拡大も村の課題としてあることが参加者に伝わりました。

【参考】松谷棚田展望所 

 
8
9
 
プログラムの最後のワークショップとして、「地名・地域に伝わる伝承から見る球磨」を実施しました。
球磨郡周辺の79集落中、約60の集落が、主な居住者の名字と一致する地域であり、集落の名前が重要なメッセージとなっています。そこには、地域ごとに伝えられた自然現象の生活への影響、災害への考え方が表されています。
参加者は地域の地図を基に、時代によって変化する字名と地域の歴史や、球磨川による洪水被害常襲地帯としての球磨村、球磨川の右岸と左岸で大きく変わる地質、災害の頻度など、様々なキーワードから情報を読み解く内容です。
地名からイメージをふくらませると地域の産業や、防災に対しての考え方、土地の位置づけなど様々なメッセージを読み取ることができ、その豊富な情報量に参加者は大きく驚いていました。

ワークショップには球磨村住民の方にもご参加いただき、実際の歴史や防災についての意識などを、ワークショップ結果と照らし合わせ、様々な角度から検討を行いました。
また、こうした情報や考え方を、環境教育という視点から、次世代に伝えていくことの重要さと、その手法についても各参加者が想像し、どの地域でも実践できるテーマであることを再確認しました。

 
10

11

12

また、ワークショップの最後には実行委員会から、環境省の提唱する地域資源を活用し自律分散型の社会を形成しながら地域の活力を最大限に発揮する考え方、地域循環共生圏についての話題提供を参加者へ行い、環境教育や環境保全が果たす役割についても参加者で検討、共有を行いました。

【参考】地域循環共生圏ポータルサイト

 13
以上の内容で、九州環境教育ミーティング 球磨 冬編を締めくくりました。
次回は春編として、同会場で季節感を盛り込んだ内容で実施いたします。
募集等につきましては、ホームページ等で発信を行いますので、ぜひご参加ください。
 14

東京海上日動火災保険株式会社では、契約時の「ご契約のしおり」等をホームページ等で閲覧する方法を選択いただくことにより、紙資源使用量削減額の一部で、国内外の環境保護活動をサポートする「Green Gift」プロジェクトを実施しています。

「Green Gift」プロジェクトの象徴的な取組として、東南アジア地域等におけるマングローブ植林活動を実施してきました。2013年10月からは、日本NPOセンターと国内環境NPOが協力し、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動の展開「GreenGift 地球元気プログラム」を開始しました。

2019年10月からは第4期として新たな3年間の取組が実施されており、九州地方環境パートナーシップオフィスは、その地方支援事務局として、福岡県、大分県、宮崎県の活動を支援しています。

【参考】Green Gift 地球元気プログラム | Green Gift | 東京海上日動火災保険


今回はそのプログラムの一環として、各県の実施団体の経験交流や情報交換をとおして、実施団体の取り組みのステップアップと、課題解決のための団体間のネットワーク構築を目指すブロック会議を大分県にて開催しました。
 


■フィールド視察(杵築市住吉浜地域)(令和2年2月17日)


 2日間に渡るブロック会議初日は、フィールド視察として現地の活動団体であるABC野外教育センターの藤谷様から杵築市住吉浜をご紹介いただきました。
DSC 2591
ABC野外教育センターは幅広い年齢層を対象に冒険教育をベースとしたプログラムを実施しており、杵築市だけでなく、広く大分県全域で活動を展開しています。
住吉浜でのリゾート施設とも連携しており、NPOと企業の協働としては早期から取り組みを進めておられます。
住吉浜は古くから景勝地となっている砂嘴地形の砂浜で、海水浴場としても非常に良い水質を保っている他、カブトガニを観察できるスポットもあります。

DSC 2584
ABC野外教育センターでは、このフィールドを活用し、幼児から大学生、そして企業研修など多彩な受け入れを行っています。敷地内ではツリーハウスの体験や、美しい砂浜を活用したビーチコーミング、そして冒険教育のノウハウに基づいたアクティビティなど、様々な活動を提供しています。
住吉浜のフィールドを隅々まで視察しながら、各施設の利用について具体的な説明が行われ、提供プログラムの幅広さに驚きがありました。

活動団体のみなさんからは、安全管理の手法や社会人研修の実情など、様々な質問が行われ、各団体の活動に活かせるポイントについて情報交換が進みました。

DSC 2590
DSC 2605
 


■ブロック会議の実施(大分県大分市)(令和2年2月18日)


 翌日は大分市に会場を移し会議の実施を行いました。

 ご参加いただいたABC野外教育センター(大分県)、大淀川流域ネットワーク(宮崎県)、北九州ESD協議会(福岡県)、の3つの団体のみなさまから、団体の概要とこれまでどのような活動を行ってきたか、GreenGift地球元気プログラムに取り組みにあたってどのようなことを意識しているかなどについてご紹介いただきました。

 

 

■ABC野外教育センター(大分県)

DSCPDC 0003 BURST20200218094217606 COVER

 

■大淀川流域ネットワーク(宮崎県)

DSC 2652

 

■北九州ESD協議会(福岡県)

DSC 2653

 

 

 第四期プログラム実施前の時期でもあり、今期より初めてプログラムに参加される団体もあることから、プログラムの実施をとおして、どのような変化が団体にもたらされたか、活動の幅がどのように広がったのかに議論が集まりました。
 また、野外体験を中心とすることからリスク管理の手法についても改めて議論が深まり、リスクの把握や想定、緊急時の情報共有などについてより実践的な話題が検討されました。
 参加者の増減についても、活動団体として不安の多いところでもあり、チラシの配布手法やインターネットの活用など、成功事例が各団体から紹介されました。

 全国事務局からは、プログラムをとおして、参加者や地域にどのような変化がもたらされたかについて、成果を測る手法についてアドバイスがあり、3年間という期間をとおして、各団体が解決したい課題や、挑戦したいテーマを明確化し、団体の幅を広げるようなプログラムとしてほしいとの意見がありました。


EPO九州では今後も、「Green Gift地球元気プログラム」において、東京海上日動火災保険株式会社、各活動団体のみなさまとの協働が促進されることを目指し、地方支援事務局として積極的な支援を展開してまいります。

 

~ブロック会議にご参加いただいたみなさん~

【活動団体】

  • 北九州ESD協議会(福岡県)
  • ABC野外教育センター(大分県)
  • 大淀川流域ネットワーク(宮崎県)

 

【全国事務局】

  • 日本NPOセンター
  • コ・クリエーションデザイン

 

【関東地方支援事務局】

  • 関東地方環境パートナーシップオフィス

 

【主催・九州地方支援事務局】

  • 九州地方環境パートナーシップオフィス

2月18日(火)九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)では、自治体、企業、NPOによるSDGs(持続可能な開発目標)の推進に向けた人材育成、環境教育について啓発するとともに、SDGs推進に関係する主体の連携促進を図ることを目的に、「SDGs人材育成フォーラム in おおいた」を開催しました。
 会場には大分県内を始め、九州各地域から61名の方にお集まりいただきました。

 

ご講演、意見交換の詳細については下記もご覧ください。
 【詳細報告】「SDGs人材育成フォーラムinおおいた」 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/1502-sdgs-in.html

 

【実施内容】
日 時:令和2年2月18日(火) 13:30~16:15
会 場:全労済ソレイユ 7階カトレアA(大分県大分市中央町4丁目2-5)
対 象:企業、NPO、環境教育に興味のあるみなさま
主 催:九州地方パートナーシップオフィス(EPO九州)
後 援:大分県


<プログラム>
13:30 開会
『SDGs・地域循環共生圏と人材育成について』
 九州地方環境パートナーシップオフィス
『大分県環境教育行動計画について』
 大分県生活環境部うつくし作戦推進課
『企業が取組むSDGs・社会貢献活動』
 東京海上日動火災保険株式会社大分支店
『協働で取組む地域の人材育成』
 NPO法人ABC野外教育センター
『意見交換・質疑応答』

16:15 閉会
   ~17時 立ち話カフェ
(参加者名刺交換・情報交換会)

 


 プログラムではまず、九州地方環境事務所環境対策課課長 森寄幸様よりご挨拶をいただき、環境省の提唱する地域資源を活用し自律分散型の社会を形成しながら地域の活力を最大限に発揮する考え方、地域循環共生圏についてご説明いただきながら、本フォーラムにご参加の地域、関係者に期待する役割についてご説明をいただきました。

DSC 0008

 

 続いてEPO九州から、改めてSDGs、及び地域循環共生圏についての近年の潮流、人材育成が持続可能な社会づくりに果たす役割について、話題提供を行いました。

DSCPDC 0003 BURST20200218140328484 COVER
【参考】地域循環共生圏ポータルサイト


 続いて大分県生活環境部うつくし作戦推進課からご登壇いただき、大分県で展開する、「おおいたうつくし作戦」の展開と大分県環境教育等行動計画について詳細をご紹介いただきました。

DSC 2679

 この政策は、豊かな大分県の自然環境を基礎として、環境保全の取組が県民運動に拡大し、次世代への自然環境の継承と地域活性化につながる大きな枠組みの取り組みとなっています。

 「おおいたうつくし作戦」は、まちづくり・ひとづくり・なかまづくりの3つのアクションを柱とし、これらアクションの好循環により、県民の環境意識の更なる醸成と持続可能な活動基盤づくりを目指すこととしています。

 そのなかで「ひとづくり」として人材の育成に様々な事業を展開されており、県の環境教育等行動計画、環境基本計画にもビジョンが示されています。

【参考】おおいたうつくし作戦 - 大分県ホームページ


 

 続いて、東京海上日動火災保険会社大分支店よりご登壇いただき、「企業が取り組むSDGs・社会交会県活動」と題し、ご講演いただきました。

DSC 2681

 東京海上グループの社員行動規範には「グループCSR憲章」として示されており、行動原則に基づいた経営理念の実践と、社会とともに持続的成長を遂げ、企業の社会的責任を果たすことが定められています。

 そのなかで、「GreenGift」プロジェクトが開始され、20年間にわたり東南アジア等の国々(9カ国)で、マングローブ植林が継続されてきました。

 2013年からは「GreenGift地球元気プログラム」として日本全国各地で、地方の部店と日本NPOセンター、環境NPOが協力し、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動の展開を開始しています。


【参考】Green Gift | 東京海上日動火災保険

 

最後にご登壇いただいたのは、大分県杵築市を拠点に活動するNPO法人ABC野外教育センターです。

DSC 2689

 幅広い年齢層を対象に冒険教育をベースとしたプログラムを実施しており、杵築市だけでなく、広く大分県全域で活動を展開しています。住吉浜でのリゾート施設とも連携しており、NPOと企業の協働としては早期から取り組みを進めておられます。

 住吉浜は古くから景勝地となっている砂嘴地形の砂浜で、海水浴場としても非常に良い水質を保っている他、カブトガニを観察できるスポットもあります。

 ABC野外教育センターでは、このフィールドを活用し、幼児から大学生、そして企業研修など多彩な受け入れを行っています。
 大分県の各フィールドで、冒険教育のノウハウに基づいたアクティビティなど、様々な活動を提供していることが紹介されました。
 上記「GreenGift地球元気プログラム」の大分県の活動団体でもあります。

【参考】NPO法人 ABC野外教育センター facebookページ

 
 以上の皆様にご登壇いただいた後、EPO九州のファシリテーションで意見交換を実施しました。

DSC 2699

 それぞれの登壇者のご発言からは、環境教育による県民の環境保全意識の更なる醸成、社会とともに持続的成長を遂げるための行動の大切さ、SDGsの達成のために不可欠な人材育成「ひとづくり」を重視している点が強調され、各関係主体が協働しながら生み出す力の大きさについても述べられました。

 今後も九州地方環境パートナーシップオフィスでは(EPO九州)、九州・沖縄地域の関係主体のみなさまの協働を促進し、SDGsの普及啓発、地域循環共生圏の発信を行ってまいります。

 

【参加者の声】 ※一部紹介

・NPOの行動と人づくりは参考になった。
・SGDs、ESD、CSRについて実務の話が聞けてよかった。
・企業やNPOなどの、様々な立場からのSDGsの取り組みについて知ることができた。
・「うつくし作戦」を県が主導で進めていくことで、他分野で横の繋がりが持てているのではないか。
・自分達にもできることがあるか、考えるきっかけになった。
・いろいろな分野の方と接点を増やし、自分で発信、考え行動することが大切。
・一過性で終わることなく継続することが重要である。
・企業だけの活動ではなく、次世代層や、地域の方々と共に活動していくことが地域課題の解決につながることを改めて思った。
・ひとりではなくチームで活動していく時代。一人で何もかもできる必要はなく、できる人が集まって、それぞれの得意分野をつなげて課題を解決していく時代であることが理解できた。

 

 ご講演、意見交換の詳細については下記もご覧ください。
 【詳細報告】「SDGs人材育成フォーラムinおおいた」 | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/1502-sdgs-in.html



 

鹿島市ラムサール条約推進室/鹿島市ラムサール条約推進協議会事務局
主査 江島美央さん  主任 釘尾淑美さん

鹿島市インタビュー江島さん釘尾さん

推進室・協議会の活動について教えてください。

江島:有明海、肥前鹿島干潟の保全に向けた取り組みを進めています。ラムサール登録湿地として、3つの目標である保全・再生、ワイズユース・利活用、学習・教育に取り組んでいます。とりわけ、干潟に興味・関心をもってもらい、実際に干潟に来てもらう活動を心がけています。
最近では「干潟でヨガ」体験や、ラムサール登録地をつなぐウオーキング・ランニングコースを整備し距離表示をするなど市民の健康増進の場になるような企画としてリレーマラソンを開催するなど、一般の市民の反応もよく、活動の輪が広がっています。

ESD推進拠点として、取り組みの広がりやSDGsの取り組みはありますか?

江島:干潟交流館が今年度オープンし、佐賀大学と連携した学習活動を充実させています。
干潟案内人養成講座など人材育成にも取り組んでいます。

釘尾:環境学習では、子ども4〜5人のグループに案内人のみなさんがサポートに関わってもらうなど体制づくりが進んできました。
野鳥観察の活動では、ツクシガモ、ダイシャクシギ、クロツラヘラサギ、ズグロカモメの姿もみられ、子どもたちの興味、質問に応じて、案内人のみなさんも熱心に勉強したことを伝えるなど、地域の中での学びがつながってきていますね。

江島:もともと、干潟案内人養成講座はエコツアーでの活動を想定し、肥前鹿島干潟に特化した講座内容で人材養成をしてきました。
その一環で、熊本の荒尾干潟ビジターセンターや鹿児島の重富干潟への研修なども行い、地域の拠点同士の連携で活動とネットワークを広げています。

肥前鹿島干潟
釘尾:SDGsについては、まだ具体的な取り組みには至っていないのですが、活動ごとにSDGsへの関わりを伝えていく工夫を考えています。
まずは市民のみなさんに知ってもらうためにも、私たちが伝えられるようにしていきたいですね。
もともと、ラムサール条約推進室は取り組みの幅が広く、SDGsの様々なゴールへのつながりも多くあり、海の環境保全、住みやすいまちづくり、食糧など様々な課題とつながっていることを発信できればと思います。協議会の取り組みとしては、女性の活動もありジェンダーについても含まるかなと思います。

 

環境学習の参加者や子どもたちから、どんな反応がありますか?

江島:こどもラムサールの活動に参加した子どもたちが、学校での環境学習で熱心にリーダーシップをとっているなど活動をとおした成長とつながりが広がっていますね。
また、修学旅行や視察のみなさんに干潟や海を見てもらうと、一様にその綺麗さや生き物の姿におどろかれますね。
干潟交流館のオープンをきっかけに、修学旅行の受け入れに力を入れていきたいと考えています。
SDGs学習についてのニーズもあり、また受け入れ時期も冬場の学習活動に重なるため、クロツラヘラサギの生息環境や、地場産業、日頃の暮らし、農業などを活用したプログラムを提案できればと考えています。

釘尾:環境学習では、水性生物調査、干潟の体験、干潟の浄化、野鳥観察に取り組んでいますが、子どもたちがラムサール登録地に実際に行って学ぶ貴重な機会になっています。中でも、干潟体験はすごく反応がよく、子どもたちの心に残る体験になっています。
子どもたちには、川は汚いという先入観があるのですが、実際に川や海に近づいて学習してみるとそのきれいさに驚き、日頃の暮らしについても家庭での会話や水を大切にする取り組みにつながっているようです。

 

今後どのようなパートナーとの連携や協働を進めていきたいとお考えですか?

江島:先日、地元の高校から、地元への関心を高め、生徒たちが自ら地元について考える内容で講演依頼があり、お話をしてきたのですが、こうした高校生たちとのつながりや活動が大切になってくると考えています。
これまで、大人たちへの周知・認知は進んできていますが、地域内外の若者たちへのアプローチを増やしていく上でもSDGsを活用しながら、地域の酒蔵をはじめとする地場産業や活動団体とのネットワークを広げていきたいと思います。

 

<リンク>

鹿島市役所 ラムサール条約推進室 Facebook
https://www.facebook.com/hizenkashimahigata/?ref=page_internal

Tags: , ,

現在、国内における新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感染拡大の防止という観点から、開催を中止するイベントがございます。
当センターのホームページやFacebook、またメルマガなどに掲載しております、イベント・セミナー等の情報につきましても、開催が中止または延期になってしまう情報があることと思われます。
お申込みが必要なイベント・セミナー等につきましては、念のために主催者側に開催の有無について確認をしてからお申込みいただければと存じます。
また、参加予定のイベント・セミナー等につきましても、主催者の開催の有無をご確認くださいませ。
皆様には大変御迷惑をお掛けいたしますが、何卒御理解の程、よろしくお願いいたします。
                                    

                                              EPO九州

Tags: ,
r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…