epohedimg003

 環境省では、地域における環境課題への取組を、SDGsを活用することにより他の社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を促進することを目的に「平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を実施します。

今年4月25日まで実施事業を募集したところ、全国から48件の応募があり審査の結果8事業が採択されました。

九州からは下記の通り福岡県の、(特非)循環生活研究所の事業「ローカルフードサイクリング美和台」が採択されました。

 

No.     採択団体名  地域         採択事業名
1 中標津素材感覚  北海道  道東SDGs広域パートナーシップまちづくりプロジェクト
2 鶴岡市三瀬地区自治会  東北 鶴岡市三瀬地域 木質バイオマスエネルギーの自給自足活動
3 (一社)おらってにいがた
市民エネルギー協議会
 関東 環境・農業・観光が調和した岩室温泉街の持続可能なまちづくり
4 里山ウェルネス研究会  中部 里山保全体験を通した障がい者雇用促進を目指すプログラム事業
5 竹生島タブノキ林の保全・
再生事業推進協議会
 近畿 竹生島・びわ湖北部の魅力発掘プロジェクト
6 (公財)水島地域環境再生
財団
 中国 みずしま滞在型環境学習で新たな"まちのにぎわい"を創ろう
7 (特非)郷の元気  四国 協働による「かみかつ茅葺き学校」の展開
8 (特非)循環生活研究所  九州  ローカルフードサイクリング美和台

 

環境省_平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業公募結果について
http://www.env.go.jp/press/105615.html

douji 2018

 

環境省では、地域における環境課題への取組を、SDGsを活用することにより他の社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を促進することを目的に「平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を実施します。つきましては、下記対策事業について公募いたします。

 


1. 事業の目的

平成27年9月25日に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で中核をなすのが、世界が達成すべき17ゴール・169ターゲットからなるSDGs(「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)である。SDGsは、先進国、途上国の二元論ではなく、全ての国に適用される普遍性を持ち、環境・経済・社会の3側面に関する課題を統合的に解決することを目指すもので、それはパートナーシップの下で、あらゆるステークホルダーが力を合わせて取り組むことが求められています。
日本においても、政府一体となってSDGsに取り組むため、平成28年5月に閣議決定により「SDGs推進本部」を設置、「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」を策定し、その取組を推進しているところです。
しかし、国内ではSDGsについての理解、具体的な取組方法等が十分に進展しているとはいえない状況にあります。
こうした背景を踏まえて、地域における環境課題への取組を、SDGsを活用することにより他の社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を進めるとともにSDGsへの理解を促すことを目的とするものです。



2. 公募対象事業

上記の事業目的に沿う事業で、下記の8地域から8事業(各地域1事業)を募集します。
なお、請負金額は1事業あたり200万円未満とします。
※予算額については、予算措置が講じられた場合の金額であり、予算の変更や契約を締結しない場合もあります。



〇対象地域及び採択事業予定数

対象地域  北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州地方
採択予定数  各地方1事業(1事業×8地域=全8事業)


〇1事業あたりの予算額

 金 額  1カ年 200万円未満。



〇採択期間

    平成30-31年度の2カ年事業(各年度3月まで)とします。
    (注1)ただし、以下の条件が整った時点で、平成31年度事業を継続出来るものとします。

    1.採択団体の平成30年度事業評価が外部評価委員会で継続と評価された場合。
    2.平成31年度の該当予算が措置された場合。
    (注2)継続案件及び平成31年度予算措置された場合、平成31年度に再度契約を取り交わすものとします。


〇採択要件等

    ・SDGs17のゴールのうち、環境分野のゴールの達成度が向上する事業であること。
    ・SDGsの環境分野においてモデルとなり、波及が期待される事業であること。
    ・環境課題と社会課題の同時解決を目指す事業であること。
    ※環境分野のゴール(下線の12ゴール)

1. 貧困の撲滅

10. 国内と国家間の平等等削除

2. 飢餓撲滅、食料安全保障

11. 持続可能な都市

3. 健康・福祉

12. 持続可能な消費と生産

4. 万人への質の高い教育、生涯学習

13. 気候変動への対処

5. ジェンダー平等、女性の能力強化

14. 海洋と海洋資源の保全・持続可能な使用

6. 水・衛生の利用可能性

15. 陸域生態系、森林管理、砂漠化への対処、生物多様性

7. エネルギーへのアクセス

16. 平和で包摂的な社会の促進

8. 包括的な持続可能な経済成長、雇用

17. 実施手段の強化と持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップの活性化

9. 強靱なインフラ、工業化・イノベーション





〇事業実施上の留意点

本事業は、その取組において民間団体、中間支援組織、企業、教育機関、地方公共団体等の異なる複数の主体が連携し協働で、SDGsを活用することにより環境課題と他の社会課題を統合的に解決するものである必要があります。
また、環境省が事業発注する請負契約方式での実証事業であり、補助金や交付金ではありません。このため、事業の成果物やプロセスは、原則として全て公表することとしています。


3.応募の方法

応募の方法については、添付「平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」等をご覧ください。
※添付資料については環境省報道発表HPをご参照ください。
 なお、本事業の実施については、平成30年度予算の成立を前提としています。

 応募締切 平成30年4月25日(水)17時必着


4.お問い合わせ先

北海道地方環境事務所環境対策課(TEL 011-299-1952)
東北地方環境事務所環境対策課(TEL 022-722-2873)
関東地方環境事務所環境対策課(TEL 048-600-0815)
中部地方環境事務所環境対策課(TEL 053-955-2134)
近畿地方環境事務所環境対策課(TEL 06-4792-0703)
中国四国地方環境事務所環境対策課(TEL 086-223-1581)
中国四国地方環境事務所高松事務所環境対策課(TEL 087-811-7240)
九州地方環境事務所環境対策課(TEL 096-322-2411)

 

添付資料

 

【報道発表資料】

平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業公募について

全画面キャプチャ 20180315 101854

http://www.env.go.jp/press/105247.html

 

グループ②
2018年11月15日

【参加募集】諏訪の池ビジターセンター…

長崎県雲仙市の諏訪の池ビジターセンターからイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください! □星空観察会…
2018年11月15日

南阿蘇ビジターセンターからのお…

熊本県阿蘇郡高森町にある、南阿蘇ビジターセンターの情報です。…
2018年11月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

11月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年11月06日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターからイベントのご案内です。 ぜひご参加ください!…
2018年11月06日

野焼き支援ボランティア2018…

熊本県阿蘇市で活動する、阿蘇グリーンストック様による「野焼き支援ボランティア初心者研修会」が企画され…