epohedimg003

環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。



「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

 

kyoseiken 01

 

環境省では、第五次環境基本計画において提唱された「地域循環共生圏」の先進的な事例を紹介、その具現化方法等についての議論を行うシンポジウムをオンライン開催します。

九州、沖縄地域から、福岡県岡垣市の「株式会社 グラノ24K」から代表取締役の小役丸秀一さんが登壇されます。

ご参加希望の方は、令和2年9月17日(木)までにお申し込みください。

 

【参考】

環境省_地域循環共生圏
https://www.env.go.jp/seisaku/list/kyoseiken/index.html

環境省は地域循環共生圏構築に向け、大幅なCO2排出削減に資する技術の開発・実証について、提案を募集し委託又は補助により実施する事業の二次公募を行います。

二次公募では新たに、下記の2つの枠が追加され、公募要領が公開されています。

■オープンイノベーション型優先テーマ枠またはボトムアップ型分野別技術開発・実証枠
■アワード型イノベーション発掘・社会実装加速化枠

 

【参考】

環境省_令和2年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の二次公募について~新設アワード枠募集開始!~
https://www.env.go.jp/press/108375.html

 

環境省_地域循環共生圏
https://www.env.go.jp/seisaku/list/kyoseiken/index.html

 全国ユース環境活動発表大会実行委員会は、全国の環境活動を行う高校生を対象に、活動のWeb発表大会を開催します。

 8ブロックの地方大会、そして全国大会が行われます。

活動に取り組まれているみなさん、ぜひご応募ください。

 

【ご参考】

全国ユース環境ネットワーク|地球環境基金|独立行政法人環境再生保全機構

youth boshu2020

 
環境省_持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs
https://www.env.go.jp/earth/sdgs/index.html
 

令和2年度地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業について、審査の結果採択結果が公表されました。
各地で自治体や企業、さらには住民が一体となって地域循環型の取組を底上げ、推進する支援策を強化し、地域循環共生圏の構築に資する事業に対して、地方公共団体を対象に当該経費の一部を補助する事業です。

九州、沖縄地域からも意欲的な取り組みが多数採択されています。

 

◆九州・沖縄地域の採択について【引用】

FIT買取期間終了後の再エネ由来電力の活用など地方公共団体と地元企業が連携した再エネの拡大/防災減災効果の向上を図る都市機能集約/高齢化社会に対応した都市部の交通転換や地域公共交通の脱炭素化等の事業検討を行う事業(第1号事業)

・福岡県久留米市

ZEB等のリソースを活用した地産地消型エネルギー利用事業化可能性調査事業

・福岡県大木町

大木町地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業

・佐賀県唐津市

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏事業(フェーズ2)

・熊本県

阿蘇くまもと空港アクセス鉄道への再生可能エネルギー活用実現可能性調査事業

・大分県由布市

温泉熱を活用した脱炭素型地域づくりモデル形成事業

・鹿児島県屋久島町

屋久島町の電力100% 再エネ化を活用した地域活性化事業

・沖縄県宮古島市

エコアイランド宮古島における地域循環共生圏構築事業

・沖縄県伊江村

伊江村版地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業

 

各地域の既存リソースを持続的に活用し、地域の資源生産性向上、地域経済の活性化を図る地域づくりを実現するための事業検討を行う事業(第2号事業)

・鹿児島県奄美市

外海離島の奄美地域における循環資源を活用した新ビジネス創出実現可能性調査

・鹿児島県大崎町

地域の未利用リソースを活用する地域総合環境エネルギーサービス事業体設置による炭素循環事業の事業化可能性調査

・鹿児島県伊仙町

離島版エコ農業パーク事業による地域循環共生圏構築事業

・沖縄県竹富町

エコアイランドを志向した島嶼間連携による生活ごみの堆肥化事業実現可能性調査

 

地方公共団体が中心となり地域関係者と合意形成等を行う取組や、必要な情報や知見を周知する取組を行う事業(第3号事業)

・佐賀県唐津市

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏の実現に向けた分科会運営事業

・熊本県小国町

地熱と森林の恵みを活かした地域循環共生圏実現のための周知事業

・沖縄県伊江村

伊江村・地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業・協議会

・沖縄県竹富町

エコアイランドを志向した「生ごみ広域処理を考える検討委員会運営」事業

 

【詳細】https://www.env.go.jp/press/files/jp/114573.pdf

 

【参考】

環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
http://chiikijunkan.env.go.jp/
環境省_地域循環共生圏(循環分野)
http://www.env.go.jp/recycle/circul/area_cases.html

環境省は、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向け、自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの変革を創出する、自由度のある新たな政策手法の検証を行う業務の公募を行っています。

 

【参考】環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

 

moe gvc pf
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は、脱炭素経営に関する情報プラットフォームを開設し、温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(Scope1,Scope2,Scope3)、またSBT(Sience Based…
2021年01月22日

【資料公表】環境省…

環境省は1月29日(金)まで、「日本・インドネシア環境ウィーク」を展開しており、両国の環境分野協力に…
2021年01月22日

【1/27開催】環境省…

環境省は、脱炭素経営の動向を共有、脱炭素社会の実現に向けた実践・行動を促すこと目的に、「脱炭素経営フ…
2021年01月22日

【2/9開催】国土交通省…

国土交通省は、農林水産省・環境省と共同で、生態系ネットワークに関する全国フォーラムをオンラインで開催…
2021年01月22日

【2/9開催】環境省…

環境省は、先月公表された「気候変動影響評価報告書」について概要を紹介し、適応策の一層推進について議論…