epohedimg001
ニュース 九州沖縄情報

 毎年恒例の作品コンクール「漫湖みんなでミュージアム」の作品募集がスタートしました!!
 今年も沖縄県内にお住いの3歳児~高校生までを対象に、漫湖の自然や生きもの、観察会やイベントに参加した思い出などを自由に表現した絵画・作文・写真を募集します!!
 今年も素敵な作品に出会えるのを楽しみに、たくさんのご応募お待ちしております!!

■募集期間:平成26年9月2日(金)~11月16日(日)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会

□ 漫湖みんなでミュージアム2014関連企画『しぜんとああと -描く×写す×綴る-』


 この企画は、自然の中での遊びや多様な表現との触れ合い通して、こどもたちの“生きる力”を伸ばす新たな教育プログラムです。

①「親子写真教室 交換日記」
 漫湖の自然の中で自分だけの写真を撮ろう。写真部で活躍している高校生のお兄さん、お姉さんたちににカメラの使い方や撮影時の補助などをしていただき、撮影する時のコツを教えていただきます。
 撮った写真を通して親子で「交換日記」にチャレンジしよう!!

■開催日時:平成26年10月11日(土)10:00~15:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■定  員:5組 10名
■対  象:小学生以上の親子
■講  師:金城幸彦 氏(沖縄県写真協会会長)
■ボランティア:浦添工業高等学校の写真部のみなさん

②「ワークショップ ヒトカメラとカメラマン」
 ボクがカメラになりきって、キミがカメラマンになって自然の写真を撮ろう!自然の写真は絵にして現像するよ。大学生のお兄さんやお姉さんたちが参加者とペアになり、カメラやカメラマンの役を通して、絵を描くことの楽しさを教えてくれます。

■開催日時:平成26年10月12日(日)10:00-12:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■対  象:中学生
■定  員:10名(要申込み)
■講  師:永津禎三 氏(琉球大学教育学部教授)
■ボランティア:琉球大学の学生のみなさん

③「ワークショップ おとことば・さまことば・おのまとぺ」
 耳を澄ますと聞こえてくる自然の出す音を自分だけの言葉にして表現してみよう!どんな音が聞こえてくるかな。新しく発見したした言葉を集めて「漫湖のことば辞典」をつくろう!!大学生のお兄さん、お姉さんたちがきみのお手伝いをしてくれるよ。

■開催日時:平成26年10月13日(月・祝)10:00-12:00
■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市)
■主  催:漫湖水鳥・湿地センター管理運営協議会
■対  象:小学生以上
■定  員:15名(要申込み)
■講  師:玉城きみ子 氏(琉球大学教育学部准教授)
■ボランティア:琉球大学の学生のみなさん


□ 漫湖水鳥・湿地センターでのイベント情報

 漫湖水鳥・湿地センターでは、下記イベントについても開催を予定しています。詳細については決定次第、漫湖水鳥・湿地センターウェブサイトにてお知らせいたします。
 皆さんのご参加お待ちしております。

■野鳥観察会 日程調整中

■フライデーナイト 大人の自由研究~鳥のブローチ作り~
  開催日時:10月24日(金)及び31日(金)予定

 

 

【お問合せ】
※イベントの日時や内容につきましては変更になることもあります。
イベントの内容、詳細、お申し込み方法等は、下記のウェブサイト、もしくは漫湖水鳥・湿地センターまでお問い合わせください。

■ホームページ: http://www.manko-mizudori.net/
■漫湖水鳥・湿地センターtel:098-840-5121

やんばるの森を通る大国林道をゆっくり歩きながら、鳥の声や生きものの様子を観察します。
季節ごとに変化していく生き物の様子を見ながら、ゆったり秋を感じてみませんか?

■開催日時:平成26年10月26日(日)8:30-10:30
■集合場所:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
     (沖縄県国頭村)
■開催場所:大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
■主  催:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
■対  象:となたでも(小学生以下保護者同伴)
■定  員:20名(要申込み)
■参 加 費:100円(保険料として)
■持 ち 物:帽子、飲み物、虫除け、雨具(小雨決行)
    (あれば双眼鏡、ルーペ)

※イベントの詳細やお申し込みについては、ウフギー自然館までお問い合わせください。

■ホームページ: http://www.ufugi-yambaru.com/
■やんばる野生生物保護センターtel:0980-50-1025

福岡県では、省エネ・省CO2な分散型発電として期待される「コージェネレーション(熱電併給システム)」の普及を図るため、民間事業者を対象とした導入セミナーを開催します(平成26年度は4回開催予定)。
 第2回は、10月8日(水)に「再生可能エネルギー先端技術展2014」内で開催します。
 工場、医療施設、福祉施設、商業施設の管理者の方々等、興味・関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。
 下記URLから、当日までお申込みいただけます(参加無料。要事前申込)。
 http://www.f-energy.jp/detail.php?type=event&detail=550

■開催日時:10月8日(水)13:00~
■会場:西日本総合展示場(北九州市小倉北区)
■プログラム:
 (基調講演)コージェネレーションの可能性と将来展望
   東京工業大学特命教授/東京都市大学教授/コージェネ財団理事長
   柏木孝夫 氏
  上記のほか、国の取組、最新の導入事例などに関する講演を予定

■お問合せ:福岡県 企画・地域振興部 総合政策課エネルギー政策室
       TEL:092-643-3228
       E-mail:

日本初の国立公園「雲仙」は、3月に指定後80周年を迎え、また、国立公園を核として設置された島原半島世界ジオパークは、本年8月に認定5周年を迎えました。
 これを記念して、標題のフォトコンテストを行っており、この度、8月に受け付けた94作品から月間賞2作品等を選考委員会にて決定しました。
 葛飾北斎の富嶽百景になぞらえ、応募作品を基に観光PR用の電子写真集“雲仙岳百景”を作成予定です。この機にぜひ、あなたの好きな雲仙岳の表情を発見し、デジタル写真を応募しませんか?
 本フォトコンテストは、来年1月末まで実施し、毎月月間賞を選定します。
 素敵な作品のご応募をお待ちしています!

■ご応募状況:
 現在、長崎県外からのご応募がまだまだ数少ない状況です。
 熊本県(天草や宇土半島、八代、熊本市内、阿蘇、玉名、荒尾など)や、福岡県(大牟田、柳川など)、佐賀県(佐賀空港、多良岳、竹崎など)からは、各方面ならではの雲仙岳の姿が有明海越しに眺望できますので、ぜひぜひ雲仙岳を“発見”の上、写真をご応募ください!!

■8月間賞作品等:
 http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/0919a.html (九州地方環境事務所)

■募集要領:
 http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/0611a.html (同上)

家庭部門の温室効果ガス排出量は、1990年度比で約6割も増加しており、居住者の住まい方が排出量削減のための大きな要素の一つとなっています。
 そこで、環境省では、各家庭の実情に合わせて実行性の高い省CO2、省エネ提案、アドバイスを行う「うちエコ診断」を行っています。
 利用者の方からは、「すぐ実行できるエコ対策が聞けた。次の対策がはっきりと見えてきた」などご満足の声をいただいています。お気軽にご利用ください!

【内容】
■ うちエコ診断
  ご家庭のエネルギー消費状況などを「見える化」し、地球温暖化や省エネなどに関する幅広い知識を持った診断士が具体的な対策の提案を行います。
  http://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/katei/

■ 二酸化炭素排出量を簡単にチェックできる「簡単チェック!ワンポイントアドバイスツール」もご利用いただけます。
  http://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/jushin/advise.php
Default Image
2020年06月06日

【パブリックコメント】「生活環境動植物の…

2020年07月05日を締め切りとする2件のパブリックコメントが募集されています。 農業/肥料、農薬、防疫 ・ 環境保全/環境保全、自然保護 【案件番号:195200012】…
2020年06月06日

【助成金】第31期プロ・ナトゥ…

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は,国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究,および市民活動に対する…
2020年06月06日

環境省 出水自然保護官事務所…

鹿児島県の出水自然保護官事務所が、出水市の野鳥について関心を高め、ご自宅でできるアクティビティとして…
2020年06月06日

環境省…

 環境省では国土交通省と連携して、電動化対応トラック・バスの普及を促進し、運輸部門におけるCO2排出…
2020年06月06日

環境省…

令和2年6月1日、気候変動枠組条約事務局主催によるジューン・モメンタムのオープニング会合において、小…