epohedimg002

持続可能な環境・地域づくりを応援します!

「環境パートナーシップオフィス」(略称「EPO」)とは、環境省が環境教育等促進法第19条に基づき全国8カ所に設置する、環境教育や環境保全活動の推進拠点です。EPO九州(九州地方環境パートナーシップオフィス)は、九州地方環境事務所と民間非営利団体が協働で運営しています。環境問題が多様化・複雑化していくなかで、その解決のためには地域・立場・分野を越えた協働=パートナーシップが不可欠です。

NGO/NPO、企業、行政、学校、専門家がつながり、地域での環境パートナーシップづくりの支援拠点としてEPO九州を平成19年9月に設置しました。

EPO九州に期待される役割

EPO九州は、パートナーシップに よる課題解決を目指し、地域におけるNPO、企業、行政、市民の主体的参加によるパートナーシップづくりに役立つ拠点として、

①環境省 や国の行政と、地域の市民、NPO、企業、地方公共団体などとの間の情報の共有・交流、パートナーシップでの取組を推進する役割。
②地域の拠点と して、行政単位を超えた各主体の協働での取組を支援する役割
を担います。

EPO九州の目指すもの

 

EPO九州の取組む事業

EPO九州は、持続可能な九州をつくりだす環境パートナーシップの力を「九州の環境力」と位置づけ、次の取組をしています。

1.環境活動に関する情報の収集、整理、発信

・各主体と連携を取り、地域の環境に関わる情報の収集・提供
・政府や地球環境パートナーシッププラザなどと協力し、国レベ ルや国際的な環境に関わる情報を地域に発信
・地域の取組の状況、意見を政府などにつなぐ

2.対話・連携・学習の場づくり

・行政、市民、NPO、企業など様々な主体間での意見交換会、ワークショップを開催。

3.九州地域の環境課題の理解と改善活動

・ 地域でのNPO活動を、パートナーシップでの取り組みの側面から支援

EPOaction

 

EPO九州運営業務計画(第4期 平成29年~31年度)

EPO九州では、年間の業務計画を作成し、九州・沖縄地域の協働取組やESDのさらなる推進を目指して活動しています。
EPO九州は第4期中期目標を次のように定め、協働取組、ESD、発信の項目ごとに目標を設定しました。


□第4期中期目標(平成29年~31年度)

「九州・沖縄地域のネットワークとEPO九州の発信力を活かした、多様な協働取組の促進と地域ぐるみのESDを推進する。」

平成29年度運営業務計画書

平成30年度運営業務計画書

平成31年度運営業務計画書

 

 

EPO九州運営業務実施報告書(第4期 平成29年~31年度)

 

■H29年度運営業務報告

 

■H30年度運営業務報告

 

■H31年度運営業務報告

 

erca2021boshu
2020年11月20日

【12/2締切】…

環境再生保全機構による、民間団体が実施する環境保全活動への助成金募集が行われています。 制度に関する応募方法、要望書の書き方等は下記にて動画コンテンツや資料が公開されています。…
2020年11月18日

【2021/2/3締切】第8回…

長崎県の島原半島ジオパーク協議会では令和 3 年 2 月 27…
2020年11月18日

【12/11締切】「積水ハウス…

2021年度の積水ハウスマッチングプログラム助成が募集されています。…
2020年11月17日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和2年11月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2020年11月17日

【結果公表】環境省…

環境省は食品ロスの削減と食品リサイクルに取り組む市町村支援を目的に、実現可能性調査事業を実施する市区…