epohedimg001

令和2年8月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。
ぜひ御覧ください。


★ご注意
※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

福岡県

◆環境行政に関すること
土砂災害警戒区域等を公開しています
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/dosha-kuiki.html

◆公募・募集に関すること
『スタイリッシュ通勤ふくおか』社会実験参加者募集について
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syakaizikken1101.html

◆イベント・セミナーに関すること
「スポGOMI大会」有明海沿岸で初開催!~海岸の清掃活動イベントへの参加を募集します~
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/event-info/spogomi-yamatokantakukaigan.html

◆SDGsに関すること
令和3年度福岡県「食品ロス削減」ポスターコンテスト入賞作品が決定しました
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syokuhinrosu-sakugen-poster.html

長崎県

◆環境行政に関すること
長崎県電力の調達に係る環境配慮方針について
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/kankyohozen-ondankataisaku/ondanka/kankyohairyo/520487.html

◆イベント・セミナーに関すること
令和3年度 諫干見学会に参加しませんか?
https://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/520622.html

ながさき県民の森フォトコンテスト2021 入賞者決定について
https://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/520360/

◆環境教育・ESDに関すること
食育講演会「長崎の郷土料理~和食文化の継承に向けて~」を開催します。
https://www.pref.nagasaki.jp/area/nagasakichiiki/520872.html

◆その他
大村市でおおむら夢ファームシュシュを運営する有限会社シュシュが、令和3年度(第60回)農林水産祭多角化経営部門で天皇杯を受賞されました。
https://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/519644.html

佐賀県

◆環境行政に関すること
「再生可能エネルギー利用等基本計画」理解促進業務委託に係る企画コンペを実施します
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00383119/index.html

◆イベント・セミナーに関すること
環境を大切にした暮らし方セミナーを開催します~「買う」「使う」「捨てる」を考えよう~
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00372507/index.html

熊本県

◆イベント・セミナーに関すること
秋の絶景を歩く~九州自然歩道モニターツアー開催(兜岩展望所~菊池渓谷)
https://www.pref.kumamoto.jp/site/kenhoku/113887.html

◆その他
令和2年7月豪雨 【災害復旧だより No.8
https://www.pref.kumamoto.jp/site/kennan/113946.html

大分県

◆環境行政に関すること
第423回大分県環境審議会温泉部会の開催について
https://www.pref.oita.jp/soshiki/13070/423onsen-kaisai.html

◆公募・募集に関すること
「プラスチックごみ削減」啓発動画制作の企画提案を募集しています!!
https://www.pref.oita.jp/soshiki/13060/taiken.html

◆イベント・セミナーに関すること
国民参加の森林づくりシンポジウムを開催します
https://www.pref.oita.jp/soshiki/16260/moridukuri-shinpo.html

第18回大分県ボランティア・NPO推進大会開催のお知らせ
https://www.pref.oita.jp/soshiki/13100/vo2021.html

◆その他
阿蘇山の噴火に関する情報
https://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/volcano-aso-information.html

宮崎県

◆環境行政に関すること
宮崎県庁の温室効果ガス排出量の状況(令和2年度)について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kankyoshinrin/kurashi/shizen/20211018094010.html

◆公募・募集に関すること
令和3年度みやざきの自然公園等魅力向上事業補助金の公募について
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shizen/kurashi/shizen/20211016100441.html

◆環境教育・ESDに関すること
令和3年度「みんなで取り組む子育て環境づくり支援事業費補助金」活用事業の3次募集
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kodomo-seisaku/kenko/kodomo/minnade3.html

鹿児島県

◆SDGsに関すること
ワタシらしい「シゴト」を描く”女性の起業支援セミナー"の開催及び参加者募集について
http://www.pref.kagoshima.jp/ab20/kagokigyou.html

「職場におけるジェンダー平等推進フォーラム」を開催します!
http://www.pref.kagoshima.jp/ab15/kurashi-kankyo/danjokyoudou/joseikatuyaku/r3forum.html

「男性の育児・介護休業取得促進セミナー」を開催します!
http://www.pref.kagoshima.jp/ab15/kurashi-kankyo/danjokyoudou/joseikatuyaku/danseiikukyur3.html

沖縄県

◆環境行政に関すること
西表財団の設立について
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/shizen/isan/iriomotezaidan.html

プラスチック問題に関する万国津梁会議
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/seibi/ippan/bankoku_plastic.html

◆公募・募集に関すること
沖縄県食品ロス削減県民運動ロゴマーク及びキャッチフレーズの募集について
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kodomo/shohikurashi/syokuhinnrosu/logo.html

◆SDGsに関すること
誰もが暮らしやすい社会づくりに向けたアンケート調査の実施について
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kodomo/shogaifukushi/keikaku/5keikaku/5_jittaityousa_jissi.html

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量実質ゼロを目指して~』というテーマで地球温暖化対策シンポジウムを開催します。
基調講演やパネルディスカッションを通して、行政・事業者・住民らが取り組むべきことを考える場となります。
定員に限りがありますので、ぜひお早めにお申し込みください。

 


 

再エネ・省エネの推進など「脱炭素社会の実現」に向け、行政・事業者・住民の各主体がそれぞれ取り組むべきことを考えるシンポジウムを開催します。来場とオンラインのどちらでも参加可能です。

開催日時       

令和3年(2021年)11月19日(金) 14:00~16:00(受付開始13:30)開催場所        市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) 大会議室 + オンライン配信     

テーマ    

 熊本から起こす「脱炭素ドミノ」 ~2050年温室効果ガス排出量実質ゼロを目指して~

対象

熊本連携中枢都市圏(※)内に住むか通勤・通学する方
( ※熊本市・菊池市・宇土市・宇城市・阿蘇市・合志市・美里町・玉東町・大津町・菊陽町・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町)

次第

(1)開会挨拶   大西市長
(2)基調講演    環境省 環境計画課長 松田 尚之氏
(3)実行計画説明    市職員
(4)パネルディスカッション  ※敬称略
(コーディネーター)
  (株)ヒトコト社 代表  村上 美香
(パネリスト)
   環境省 環境計画課長   松田 尚之
   熊本大学 大学院先端科学研究部 教授   鳥居 修一
        NPO法人くまもと温暖化対策センター 理事長  田邉 裕正
        一般社団法人 熊本みらいエネルギー協会 代表理事 タケモトデンキ株式会社 代表取締役 竹本 雄一
        熊本市長 大西 一史
      山都町長 梅田 穰

参加費

無料

定員

来場100名、オンライン100名程度 
※事前に参加申込が必要です

申込方法

【参加申込書】に必要事項をご記入の上、電子メールまたはFAXにてお申し込みください。

申込先

綜合企画株式会社(シンポジウム運営業務受託事業者)
メールアドレス  
FAX  096-346-1718
申込手続きが完了すると、電子メール等で受付完了をお知らせします。(数日かかる場合があります)

申込期間

10月20日(水)~ 11月15日(月)17時必着  ※先着順

kumamoto datsutanso

会場で参加される方へ

  • 【新型コロナウイルス感染症に関する注意事項】
    ・発熱・体調不良等の症状がある方は来場をご遠慮下さい。当日の検温結果で37.5度以上の発熱がある等の場合は入場を見合わせていただきます。
    ・受付時の検温、マスク着用及び会場入出時の手指消毒をお願いします。
    ・参加者に感染者が発生した場合には、保健所の聞き取りや、自宅待機等の要請が行われる場合があります。
    ・新型コロナウイルス感染状況によっては、開催方法等の変更が生じる場合があります。参加申込をされた方には、電子メールや電話等でご連絡させていただく予定でおりますが、熊本市のホームページ等でもご確認の上、ご来場ください。
    ・接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力をお願いします。

熊本市 「熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策シンポジウム」の開催について
https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=37600

大分県は、来年開催の第45回全国育樹祭の記念行事として、日田市にて表題のシンポジウムを開催します。
パネルディスカッションでは地域の森林資源活用による活性化や、次世代への継承について議論します。
参加費は無料ですので、ご関心のある方はどうぞお気軽にお申し込みください。

 


 

国民参加の森林づくりシンポジウムを開催します

 2022年に開催する第45回全国育樹祭の開催前年記念行事として、(公財)森林文化協会・(公社)法人国土緑化推進機構・(株)朝日新聞社との共催によるシンポジウムを開催します。

 地域に豊富にある資源である森林や木材を活用する地域活性化や、地域だからこそできる地域資源の活かし方について、国内の先進事例を交えながら講演やパネルディスカッションを行い、夢のある地域づくりを考えるきっかけとなることを目指します。
 参加は無料です、申し込みをお待ちしております!

〇開催日時:令和3年12月5日(日曜日)13時~16時
〇開催場所:パトリア日田 大ホール 「やまびこ」
〇参加費 :無料


kokuminnsanka ooita

 

開催チラシはこちら [PDFファイル/2.36MB]

申込はこちら

パトリア日田へのアクセスはこちら


 

このページに関するお問い合わせ先

全国育樹祭推進室
事業推進班
Tel:097-506-3855 Fax:097-506-1803

 

大分県 国民参加の森林づくりシンポジウムを開催します
https://www.pref.oita.jp/soshiki/16260/moridukuri-shinpo.html

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。
環境保全経費とは、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費を総称したものです。
令和4年度要求額は令和3年度予算の14.8%増となっており、環境保全経費の確保が期待されます。

 


 

環境省では、この度、令和4年度環境保全経費概算要求額を取りまとめました。
令和4年度概算要求の総額は1兆8,432億円で、令和3年度当初予算比14.8%の増(+2,383億円)となりました。
環境省においては、今後、政府予算案の編成において、環境保全経費の確保に努めてまいります。

1 環境保全経費とは

 環境保全経費とは、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費を総称したものです。

 環境省では、関係府省において取り組まれている環境保全に係る施策が、政府全体として効率的、効果的に展開されるよう、環境省設置法第4条第1項第3号の規定に基づき、概算要求に先立って、「令和4年度環境保全経費の見積りの方針の調整の基本方針」(令和3年8月17日公表)を関係府省へ示し、見積りの方針の調整を行っています。

 今回の環境保全経費の取りまとめに当たっては、基本方針に照らし、また、関係府省から提出された新規施策等についてはヒアリングを行う等により、環境保全に資する施策であるかを確認した上、その全体を取りまとめて財務省に提出し、政府予算案の編成における配慮を求め、環境保全経費の確保に努めてまいります。

 また、今後、政府予算案の決定時においても、環境保全経費の取りまとめを行い、結果についても公表します。

2 令和4年度環境保全経費概算要求の総額

令和4年度概算要求の総額:1兆8,432億円(前年度当初予算比14.8%増、+2,383億円)

令和3年度当初予算の総額:1兆6,049億円

3 環境保全経費概算要求額の施策体系別内訳及び主な施策

令和4年度概算要求額(令和3年度当初予算額)【対前年度増減額】

(1)地球環境の保全・・・・・・・・・・ 7,153億円 (5,408億円)【+1,745億円】

○住宅・建築物カーボンニュートラル総合推進事業【国土交通省】、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金【経済産業省】、地域脱炭素移行・再エネ推進交付金【環境省】等

(2)生物多様性の保全及び持続可能な利用・・ 1,859億円 (1,546億円)【+313億円】

○農林水産業の環境政策の推進に必要な経費【農林水産省】、国営公園維持管理費等【国土交通省】、指定管理鳥獣捕獲等事業費【環境省】等

(3)循環型社会の形成・・・・・・・・・・・ 972億円 (674億円)【+298億円】

○循環型社会形成推進交付金【環境省】、大規模災害に備えた廃棄物処理体制検討・拠点整備事業【環境省】、廃棄物処理施設整備事業費【国土交通省】等

(4)水環境、土壌環境、地盤環境、海洋環境の保全・・・ 1,335億円 (1,175億円)【+160億円】

○下水道防災事業に必要な経費【国土交通省】、海岸漂着物等地域対策推進事業【環境省】、休廃止鉱山鉱害防止等工事費補助金【経済産業省】等

(5)大気環境の保全・・・・・・・・・・・ 1,599億円 (1,737億円)【▲138億円】

○交通安全施設等整備費補助【警察庁】、地域交通のグリーン化に向けた次世代自動車の普及促進【国土交通省】、微小粒子状物質(PM2.5)等総合対策費【環境省】等

(6)包括的な化学物質対策・・・・・・・・・  53億円 ( 57億円)【▲4億円】

○化学物質総合研究費【厚生労働省】、食品安全確保調査等事業委託費【農林水産省】、化学物質規制対策事業【経済産業省】等

(7)放射性物質による環境汚染の防止・・ 3,789億円 (3,945億円)【▲156億円】

○除去土壌等の適正管理・搬出等の実施【環境省】、中間貯蔵施設の整備等【環境省】、原子力発電施設等緊急時安全対策交付金【内閣府】等

(8)各種施策の基盤となる施策等・・・・・ 1,672億円 (1,507億円)【+165億円】

※ 各内訳は億円単位に四捨五入したため、総額等とは一致しない場合があります。

※ 複数の施策体系の区分に該当する経費については、主要区分により集計を行っています。

添付資料

 

連絡先
環境省大臣官房環境計画課企画調査室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-9265

 

kankyo hozen keihi

 

環境省 令和4年度概算要求時における環境保全経費の取りまとめについて
https://www.env.go.jp/press/110111.html

環境省は、令和3年10 月22 日(金)に閣議決定された「気候変動適応計画(骨子案)」に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について公表しました。

 


 

気候変動適応法に基づく気候変動適応計画について、令和3年10 月22 日(金)に閣議決定されましたので、お知らせします。
また、令和3年8月30 日(月)から同年9月28 日(火)に実施した「気候変動適応計画(骨子案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果についても、お知らせします。

1. 気候変動適応計画について

(1)経緯

既に生じている、又は将来予測される気候変動の影響による被害を防止又は軽減する「適応策」については、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出量を削減する「緩和策」と併せて、気候変動対策の車の両輪として推進することが極めて重要です。
こうした中、平成30 年6月に気候変動適応法(平成30 年法律第50 号。以下「法」という。)が公布されるとともに、同年11 月には法第7条の規定に基づく気候変動適応計画が閣議決定されました。また、令和2年12 月には、法に基づく初めての気候変動影響の総合的な評価に関する報告書となる「気候変動影響評価報告書」が公表されたところであり、本計画は、そのことを踏まえ、法第8条の規定に基づき改定を行ったものです。

(2)本計画の概要

本計画は、気候変動適応に関する施策の基本的方向性(目標、計画期間、関係者の基本的役割、基本戦略、気候変動適応計画の進捗の管理・評価)、気候変動適応に関する分野別施策(「農業、林業、水産業」、「水環境・水資源」、「自然生態系」、「自然災害・沿岸域」、「健康」、「産業・経済活動」、「国民生活・都市生活」)、分野横断的に取り組む基盤的施策について記載しています。
前計画からの主な変更内容として、「気候変動影響評価報告書」で示された最新の科学的知見を踏まえ、「重大性」「緊急性」「確信度」に応じた適応策の特徴を考慮した「適応策の基本的考え方」を追加するとともに、PDCA サイクルの下で、分野別施策及び基盤的施策に関するKPI の設定、国・地方自治体・国民の各レベルで気候変動適応を定着・浸透させる観点からの指標の設定等による進捗管理等の実施について記載しています。

2.意見募集の結果

(1)実施方法:電子政府の総合窓口(e-Gov)及び環境省のWeb ページに掲載して公募
(2)意見募集期間:令和3年8月30 日(月)~同年9月28 日(火)
(3)意見提出方法:e-Gov の意見提出フォーム、郵送
(4)意見総数:33 団体・個人、52 件
(5)結果:「気候変動適応計画(骨子案)に対する意見募集の結果について」のとおりです。

添付資料

 

連絡先
環境省地球環境局総務課気候変動適応室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8242

 

kikouhendou

 

環境省 気候変動適応計画の閣議決定及び意見募集(パブリックコメント)の結果について
https://www.env.go.jp/press/110115.html

Default Image
2021年10月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬…

令和2年8月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年10月28日

【11/19開催】熊本連携中枢…

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量…
2021年10月28日

【11/19締切】大分県・国民…

大分県は、来年開催の第45回全国育樹祭の記念行事として、日田市にて表題のシンポジウムを開催します。パ…
2021年10月28日

【環境省】令和4年度概算要求時…

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。環境保全経費とは、政府の経…
2021年10月28日

気候変動適応計画の閣議決定及び…

環境省は、令和3年10 月22…