epohedimg003

  2018年12月4日~5日の二日間に渡り、熊本県水俣市において「平成30年度ビジターセンター意見交換会」を実施いたしました。

 今回で4回目となり、九州地域のESDネットワーク推進に向け、九州管内のビジターセンターとの関係促進・ネットワークづくりを目的として企画している意見交換会です。

 今年度は、「水俣から学ぶ」をテーマに、環境学習や教育旅行を企画・実施し、県内外へ発信している関係者からの学びの場を設け、ビジターセンターで活用できる、教育旅行受け入れ体制や手法、地元との連携ノウハウについて共有する内容を設定しました。

 各センター職員間の情報交換と経験交流が加速し、知見や情報が共有された意見交換会となりまいした。

 

以下は当日の模様から作成したレポートです。

ぜひ御覧ください。

 

KIMG5030

 今年度のビジターセンター意見交換会は水俣市の熊本県環境センターからスタート。

 この環境センターのある「まなびの丘」周辺には、水俣市立水俣病資料館と国立水俣病総合研究センター水俣病情報センターの3つの施設が隣接しています。

  自己紹介の後は水俣病資料館へ移動し、水俣病患者の方による語り部講話、環不知火プランニングのフィールドパートナーによる案内解説に参加しました。

 

KIMG5030

KIMG5030

 

 語り部講話では、水俣病患者であり、元水俣病資料館館長である坂本直充さんのお話を伺いました。

 公害問題によって寸断された地域コミュニティがどのように回復の道筋を得ていったのか、坂本さん自身のストーリーを交えた講話となり、参加者は興味深く拝聴しました。

 

 元来、豊かな自然環境に支えられていた水俣。工場の誘致に始まる産業構造の変化や、それに伴って地域がどのように変化していったのかについて展示を通して学ぶ時間となりました。

 今もなお集結していない水俣病の問題。

 誰しもが、他人事と捉えず水俣の歴史から、自分自身、自分の地域につながるポイントを見出すことの重要さを体感しました。

 

KIMG5030

 

 その後環境センターに会場を移し、水俣市で環境学習や教育旅行の企画実施に取り組む、一般社団法人 環不知火プランニングの森山亜矢子代表からの話題提供の時間としました。

 森山代表からは「水俣での学びと教育旅行の提供について」というテーマで、どのような手法で地域を巻き込んだ環境学習とフィールドワークを提供しているのかについて語られました。

 修学旅行だけでなく、社員旅行や大学生ワークショップなど、多彩な内容で積み重ねてこられた受入実績から得た知見を参加者に広く共有していただきました。

 景観や歴史だけでなく、地域の人材を資源として捉え、顧客とともにニーズを探りながら企画、実施することの重要さは、ビジターセンター職員にも今後の活動のヒントとなる部分でした。

 

KIMG5030

  5日のプログラム国立水俣病研究センターの見学からスタートしました。

 こちらでは、公害の原点といえる水俣病とその原因となったメチル水銀に関する総合的な調査・研究を行っています。

 また水俣における地域の健康増進の一環として介護予防事業や、水俣病患者のリハビリテーションを行う施設です。

  海水や土壌に含まれる水銀濃度の継続的な調査や、水銀が人体にもたらす健康被害のメカニズムなど、日々研究者による実験が行われています。

 現在も世界各地で発生している水銀汚染に対応するべく、人材の派遣や調査を行っています。

 

KIMG5030

 研究センターの屋上からは美しい水俣湾を一望。

 肥沃な漁場をもたらしていた閉鎖的な海域が、逆に被害を拡大したことがよくわかります。

 

 

KIMG5030

  続いて、研究センターと同じ水俣市湯の児地域にある、湯の児スペイン村 福田農場を訪問しました。

  ミカンの観光農園からスタートした福田農場。この日も、たくさんの子供達がミカン狩りを楽しんでいました。

 

KIMG5030

 続いては、福田農場創業当時から、教育旅行受け入れ、食品加工と拡大してきた活動について、創業者の奥様からストーリーが語られました。

 湯の児の景観から発想された、スペインをテーマとする農場。建物の内外には電信柱や枕木など、様々な資材が再利用されており、リユースの概念が徹底されています。

  スタッフとのチームワーク構築や、外国人受け入れのノウハウなど、施設運営にあたってもビジターセンターとの共通項が多く、質疑応答が繰り返されました。

 

KIMG5030

 プログラムの締めくくりとして、各職員による問題意識の共有ミーティングを実施しました。

 今回のミーティングにあたって事前に各職員から日頃の問題意識を収集し、課題について各々からアイデアを共有する短時間ながらも中身の濃い時間となりました。

 スタッフのスキル向上や外国人受け入れ、プログラム実施の際のコスト感覚など様々な話題が飛び交い、各職員が即時に活用できるような実務的な手法が検討されました。

 

 

KIMG4993

  日頃九州各県で活動するビジターセンター職員が一同に会した意見交換会。

 現在は美しい海と緑を称える水俣の記憶と現在から、自然環境の大切さだけでなく、地域の魅力を伝える人材の重要性を皆で実感することができました。

 また今回の場を起点に、今後新たなネットワークが生まれていく予感を強く感じています。

 各参加者が今回の意見交換会で得た情報や知見を、日々のセンターでのご活動に活かしていただけることを心より願っております。

 

熊本県主催で行われる「平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会~森林を守るために私たちが出来ること~」。第1部の基調講演後の第2部において、EPO九州より「SDGs時代の森づくりと地域づくり」と題して話題提供をいたします。ぜひ、ご参加ください。

■日 時:2018年12月22日(土)13:30から17:30(受付13:00~)
■会 場:ホテル熊本テルサ
     (熊本市中央区水前寺公園28-51)
■定 員:100名
■料 金:無料
■問合せ・申込先
 公益社団法人 熊本県緑化推進委員会
 TEL:096‐387‐6260 FAX:096‐387‐6218
 メールアドレス: 
 HP: http://www.midori-no-mori.net

kumamotokenryokka

Tags: ,

平成31年度 地球環境基金 助成金説明会チラシ 002  pdf平成31年度_地球環境基金_助成金説明会チラシにリンク

 

独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
九州・沖縄地域では、10月25日に佐賀市で説明会を開催します。
「平成31年度 地球環境基金助成金」募集について、助成メニューの説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
環境保全活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

 

【プログラム】

  • SDGs(持続可能な開発目標)の紹介
  • 地球環境基金助成金の特徴
  • 助成メニューの紹介、説明
  • 活動計画の立て方について
  • 申請・要望書作成のポイント解説
  • 地球環境基金による質疑応答
  • 活動に関する相談会

 

日時:2018年10月25日(木)
   18:30~20:45

 

会場:佐賀市市民活動プラザ4階 大会議室

 

定員:40名(参加無料、要事前申込み)

 

対象:NPO等の資金獲得に関心のある方

★任意団体のみなさんにもおすすめです!

 

【お申込み方法】

専用申込フォーム

           https://goo.gl/forms/jEPg71Wetiou5Bhi1

◆チラシ裏面のフォームの項目をE-mailで送付

            (必須項目)団体名・参加代表者・電話番号・FAX・Email

◆チラシ裏面のフォームに記入してFAX・郵送

                チラシはこちらから→平成31年度_地球環境基金_助成金説明会チラシ

 

【主催】

独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部

 

【協力】

特定非営利活動法人 佐賀県CSO推進機構
佐賀市市民活動プラザ
公益財団法人 佐賀未来創造基金
特定非営利活動法人 温暖化防止ネット
九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
一般社団法人 九州環境地域づくり

 

【お問合せ・申込み】

EPO九州 E-mail:
          TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

 

地球環境基金について

この基金は、環境省所管の独立行政法人 環境再生保全機構により運用され、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、資金の助成と活動の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
助成金は、国からの出資金および運営費交付金、また民間からの寄付金によって提供されています。
助成には、地域に根付いた活動や新たなモデル・制度を生み出すための支援など多様なメニューがあります。
また、若手人材育成のための若手プロジェクトリーダー育成支援プログラムにも取り組んでいます。

2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。EPO九州が環境省SDGs活用ガイドの紹介をするほか、九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されます。この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。
九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

 

主旨

環境技術企業、自治体、研究機関などが出展するエコテクノ展において、SDGsの普及啓発と実践主体による先駆的な取組を紹介し、中小企業をはじめとする各主体によるSDGsの推進に向けた取組みのすそ野を広げる。
一般企業におけるSDGsに関する認知、ビジネスへの活用はこれからの段階であり、行政(SDGs未来都市)の動向、民間団体における人材育成など、取組みの参考となる情報提供を行う場づくりとする。

 

開催日時

平成30年10月11日(木) 10:30から12:20

 

会  場 

エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
西日本総合展示場 新館 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1)

 

対  象

環境技術企業、各種団体、大学機関等

 

プログラム

10:30 開会 九州地方環境事務所
10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
11:50 意見交換
12:20 閉会

 

セミナー申込

下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02

 

実施主体

主  催 環境省九州地方環境事務所
共  催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス

ecotechno2018

スクリーンショット 6
2018年12月13日

長者原センターからのお知らせ

大分県九重町にある長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な山々が望める場所にあります。タデ原のを歩きながら、自然観察を楽しみましょう! タデ原の自然観察会…
2018年12月13日

諏訪の池ビジターセンターからの…

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔。豊かな自然に囲まれた雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントの…
2018年12月13日

九十九島ビジターセンターからの…

風光明媚な立地にある九十九島ビジターセンターから、12月・1月のイベント情報が届きました。ぜひ、お誘…
2018年12月13日

平成新山ネイチャーセンターから…

雲仙天草国立公園内にある、平成新山ネイチャーセンター。ダイナミックな平成新山を眺めながら、自然を体感…
2018年12月07日

第8回 大分自然環境研究発表会

大分大学にて「第8回 大分自然環境研究発表会」が開催されます。…