epohedimg003

集合写真

平成30年2月7日(水)~8日(木)、「自然体験施設ネットワーク冬期プログラム研修会」に参加しました。

九州各県の自然体験施設スタッフが集まり、日々の業務に関する情報の共有や交流を図る本研修会。

平成29年度となる今回は「冬季プログラム開発」をテーマに、生きものの活動が一見静かに見える冬の期間における、効果的なアクティビティ開発について参加者で検討しました。

DSC07996

プログラムではまず、たびら昆虫自然園の西澤正隆先生より、昆虫の冬の過ごし方について情報提供をいただきました。

冬ならではの自然観察の利点について、フィールドの面白さを交えて解説していただきました。

 

DSC07996

続いて諏訪の池ビジターセンターが誇る天体望遠鏡を使って、星の観察を体験。

実際の観察会での留意点などを詳しくお聞きすることができました。

 

 以下写真は雲仙諏訪の池ビジターセンターにご提供いただきました。

研修2日目はチームに分かれてアクティビティの検討を行いました。

フィールドでは実際に考案プログラムを体験。終始明るい声が飛び交う時間となりました。

27750501 1971120146439089 6074364060215930807 n

27750501 1971120146439089 6074364060215930807 n

27750501 1971120146439089 6074364060215930807 n

 

今回の研修会を機に、九州の各施設で効果的で楽しいプログラムが続々と生まれることと思います。

ご覧いただいた皆様もぜひ、季節を問わず、最寄りの自然体験施設を訪れてみてください。

平成28年12月21日に開催された「エコカフェ(主催:熊本市国際交流振興事業団)」では、NPO法人くまもと温暖化対策センター「エコ診断士」の前本昭雄氏をお招きし、「ここまでやるか 家庭省エネ カイゼン!」と題した講座が行われました。前本氏より、家庭でできる省エネ対策を楽しく、賢く、格好良く、がっちり(TKKG作戦)をモットーに分かりやすく面白いお話を伺いました。
エコカフェ 前本さん

Tags: ,

「白書を読む会」とは、環境白書について、担当者から内容のポイントを紹介する場で、毎年地区ごとに開催されています。「環境白書(以下、白書)」とは、環境省が毎年度発行している国が進める環境への取組や環境の現状などをとりまとめた冊子で、環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書から構成されています。
今年度の白書を読む会は、熊本県立水俣高等学校で開催されました。当日は、水俣高校の1年生約160名と一般の参加者約20名、計約180名がこの白書を読む会に参加しました。
なお、水俣高校は、文部科学省の推進するスーパー・グローバル・ハイスクールに指定されています。

P1220169

平成28年9月10日(土)、姶良市立山田小学校(鹿児島県)にて景観学習の授業が行われました。山田小学校では環境省ESD環境教育プログラム実証事業の実証校として平成25年度から27年度まで3年間、ESDの視点を取り入れた環境教育プログラムの実践に取組んできましたが、今年度は鹿児島県が推進する景観学習(※)のモデル校として、身近な景観をテーマに体験型の環境学習に取組んでいます。

Tags: ,
P1200023
2018年01月25日

【参加報告】H29年度…

H29年度 熊本県自然環境講座「生物多様性くまもとセミナー」講座5 ~ ラムサール条約登録干潟の野鳥と熊本県の現状 ~…
2018年01月17日

持続可能な開発目標(SDGs)…

長崎市は、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向け、「長崎市地球温暖化対策実行計画」…
2018年01月13日

諏訪の池ビジターセンター イベ…

●星空観察会 【日程】毎週土曜日の晴天時 2月11日(日)の晴天時【時間】19:30~21:30…
2018年01月06日

九十九島ビジターセンター イベ…

九十九島ビジターセンターから、4件のイベント情報のお知らせです。…
2018年01月06日

野焼き支援ボランティア初心者研…

草原学習館では、野焼き支援ボランティアの養成講座『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を行っています…