epohedimg001
<img src="/images/banners/josei-title-bu.jpg" alt="ニュース 公募・助成" width="670" height="300" />

三井物産環境基金2018年度の募集が開始されます。

三井物産環境基金事務局からの発表は以下のとおりです。



kikin setsumeikai2018 3 001

 

kikin setsumeikai2018 3 002

三井物産環境基金は、2005年の設立以来、世界の各地における重大な環境課題を解決する取組を支援してまいりました。
これまで500件以上の研究・活動に助成し、高い成果をあげています。
近年、気候変動対策であるパリ協定の発効、国連によるSDGsの採択、ESG投資の拡大など、地球環境を巡る社会・経済の状況は、急速に変化しています。
こうした変化をとらえ、三井物産環境基金は、長期的な社会課題の解決を実現し、持続可能な社会を作り上げる活動及び研究を積極的に助成していくため、
2018年度から、新たな選考基準・取組で、助成案件を選定することと致しました。



つきましては、下記のとおり、2018年度活動助成/研究助成の募集に関しての説明会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
環境分野の研究や活動に取り組まれているNPO法人の皆様に是非ご参加いただきたく、お待ちしております。



尚、応募のご案内につきましては、近日中に追って弊社HPにてご案内差し上げる予定でございます。
ご連絡が重複している可能性がございますが、ご容赦ください。


                                    
◎三井物産環境基金 2018年度募集に関する説明会

日時:2018年8月27日(月)
   14:00~16:30(予定)


会場:日本生命丸の内ガーデンタワー 9階(三井物産 本社内)
           東京都千代田区丸の内1-1-3


申込締切:2018年8月23日(木)


申込方法等の詳細については、こちらをご覧下さい。

https://www.mitsui.com/jp/ja/sustainability/contribution/environment/fund/application/__icsFiles/afieldfile/2018/08/01/kikin_setsumeikai2018_3.pdf

◎お問い合わせ先
三井物産環境基金事務局
TEL  :03-6705-6156(活動助成)
E-mail:18MBK-KankyokikinTKVCE@mitsui.com

◎三井物産環境基金ホームページ
https://www.mitsui.com/jp/ja/sustainability/contribution/environment/fund/index.html

Tags:

テーマ:未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて

 

<趣旨>

トヨタ財団の国内助成プログラムでは、本年度も引き続き「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ―地域に開かれた仕事づくりを通じて―」をテーマとして公募を実施します。昨年度同様、事業実施に向けた調査への助成を目的とした「しらべる助成」と地域課題解決とその担い手育成をめざす事業への助成を目的とした「そだてる助成」の二つの領域を設定します。
若い世代とともに地域課題解決につながる仕事づくりに取り組む事業や、そうした仕事の担い手となる人材を育てる事業を支援します。仕事が地域で育つことにより、それざれの地域に適した持続可能で人々が幸せを実感できるコミュニティが気づかれることを期待します。

 

詳細はこちらからご確認ください。

toyota 2018

 ■応募受付期間
2018年9月1日午前9時〜10月10日午後3時

 

■助成総額
1億1千万円(しらべる助成・そだてる助成合計)

 

■助成カテゴリー
A.しらべる助成 地域課題の発掘やその解決のために必要な調査、戦略立案、パイロット事業の実施などを目的としたプロジェクトへの助成
B.そだてる助成 地域課題解決に向けた事業の立ち上げ、実施、拡大ならびにそうした事業の担い手となる人材を育てることを目的としたプロジェクトへの助成

 

■助成額
実施内容と申請額に基づき、選考委員会で決定された金額
A.しらべる助成:上限 100万円/件(2017年度実績平均100万円)
B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の実績平均519万円/2年)

 

■助成期間
A.しらべる助成:2019年4月1日から2020年3月31日(1年間)
B.そだてる助成:2019年4月1日から2021年3月31日まで(2年間)

 

■対象となる組織

運営の中心となる組織の法人格の有無・種類は問いません

 

■助成の決定
外部有識者によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2019年3月に開催予定の理事会にて決定

 
   
   
   
   
   
   
   

東洋ゴム工業株式会社による助成金公募情報です。

2018年度の助成先、並びに公募の詳細は下記プレスリリースからご確認ください。

  → http://www.toyo-rubber.co.jp/news/2018/180726.html

 toyo rubber josei 2019

 

東洋ゴム工業株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、国内外の環境保全活動に取り組む団体、およびその活動に対して資金援助を行なう目的で、1992年に「東洋ゴムグループ環境保護基金」を創設しました。このたび、2018年度の助成先を決定し、同基金より個々の活動のための資金援助を行なうとともに、2019年度の助成公募を実施しますのでお知らせいたします。

  同基金は公益財団法人大阪コミュニティ財団を窓口として設置され、1993年以降、のべ821団体に対して累計4.40億円(2018年4月時点)の助成を実施し、非営利団体の各種環境保全活動をグループとして広く支援してきました。

これらは、「よりよい地球環境・地域社会を実現するために貢献していく」という趣旨に賛同して寄託する当社グループ従業員の寄付金合計金額と、同額の寄付金を当社が拠出するというマッチングギフト方式によって構成される財団基金より資金を拠出して助成している活動です。

 

1.2018年度「東洋ゴムグループ環境保護基金」の助成内容

 1)大阪コミュニティ財団を通じた助成
2018年度については、多数応募いただいた中から24団体を助成先として決定し、総額600万円の助成を実施します。
(※ご参照:http://www.osaka-community.or.jp/contents/grant/projects_30.htm#link7

 2)日本フィランソロピー協会の選定支援を受けた助成
2018年度より、外部助成先選考委託機関として、公益社団法人日本フィランソロピー協会を迎え、当協会を介した環境保全に関する認定NPO団体やその団体が行なう助成を開始しました。当協会に選定いただいた助成先5団体に対し、総額500万円の助成を行ないます。

 3)当社自主選定による助成
2013年より、社内基金として、当社が自主的に選定した環境保護活動団体への直接の寄付・助成、当社従業員が自らボランティアによる人的支援活動も加えて取り組んでいます。2018年度については、10団体を選定し、総額1,500万円の助成を実施するとともに、当社拠点のある宮城県や三重県、兵庫県等での従業員によるボランティア活動も推進する予定です。
(※下段「ご参考②」を参照下さい)


2. 2019年度「東洋ゴムグループ環境保護基金」の助成公募概要

環境保護における活動を基本テーマとし、以下の内容で助成の募集を行ないます。

 1)助成対象とする団体・事業
公益に資する事業を計画している団体、環境保護・環境保全関連の事業活動
里山・森林・緑化整備運動/生態系保護活動/水・河川環境保全活動/地域環境整備活動/リサイクル活動/環境教育・体験学習活動/啓発活動・イベント活動/研究・開発活動その他

 2)助成対象期間
2019年4月1日から2020年3月31日までの間における1年間の事業活動。

3)助成金額
上限150万円(総額2,000万円)

4)募集期間
2018年7月26日(木)~9月28日(金)

 5)募集要項
申請書類ダウンロードはこちら:http://www.philanthropy.or.jp/toyotires/2018/

 6)申請書送り先
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
公益社団法人日本フィランソロピー協会「東洋ゴムグループ環境保護基金」事務局

 

【本件に関するお問合せ先】

東洋ゴム工業株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

パタゴニア社による助成金プログラムの募集が開始されました。

 

パタゴニア環境助成金プログラム募集【8月31日応募〆切】

 patagonia josei 2018〈詳細〉https://www.patagonia.jp/grant-guidelines.html

 

アウトドア企業のパタゴニア社は、毎年売り上げの1%以上を草の根の環境保護団体に寄付しており、2016年度までには累計8900万ドルを寄付してきました。
私たちは直接行動する課題を持った、草の根で活動する小規模なグループや、自然環境を保護/回復させようとするキャンペーンに取り組んでいるようなグループを支援しています。
また、パタゴニアは株式を公開しておりませんので、株主に縛られることなく支援することができます。
リンクの申請のためのガイドラインをよくお読みいただき、みなさまのご応募をお待ちしております。

 

 

熊本県内において、独自の自主活動や地域住民などと共に自然保護保全の活動及びその普及啓発活動、自然等の環境調査・環境教育・環境研究の活動を行うことにより、自然や環境の課題や問題を広く県民等に提供し保護保全に寄与すると認められる事業に対して助成を行っています。

助成対象団体等

①目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
②国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
③非営利団体であること。

助成対象事業

①多様な野生動植物の保護保全等
②森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
③地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
④子どもたちを対象とした環境教育事業
上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業

 助成額

 ①100万円を限度とし助成対象経費の2分の1以内
 ②助成金は、1団体及び個人に対し年1回(継続は原則なし。但し特認として3年まで)

募集

下期     
事業の実施期間:平成30年10月1日から翌年3月31日まで
募 集 期 間 :平成30年6月1日から7月31日

詳細は公益財団法人再春館「一本の木」財団ホームページよりご確認下さい。
https://ipponnoki.jp/assist/

iponnoki

 

Tags:
ikimono log 2018 08
2018年08月16日

「いきものログ」の『種名調べ支援』好評実…

環境省生物多様性センターでは、全国の生物情報を共有化して提供することを目的としたインターネット上のシステム「いきものログ」を運営しています。…
2018年08月16日

【ピックアップ】西表野生生物保…

 西表野生生物保護センターは、西表島を訪れた皆さんにイリオモテヤマネコをはじめとする希少野生生物や西…
2018年08月10日

【参加募集】世界首長誓約/日本…

NPO法人くまもと温暖化対策センターによるフォーラムと説明会のご案内です。…
2018年08月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前…
2018年08月10日

平成30年度「環境影響評価研修…

環境影響評価実務に携わる方を対象に、以下の内容について大学教授等有識者による講義に加え、環境アセスメ…