epohedimg001

josei title bu

 

「新型コロナウィルス感染症」の拡大に対する、各種団体の緊急支援活動の情報掲載についてが、公益財団法人 助成財団センターが取得した情報が一覧として掲載されています。

支援、寄付プラグラム等が掲載されておりますので、ぜひ御覧ください。

 

JFCWEB | 「新型コロナウィルス感染症」拡大に対する各種団体の緊急支援活動
http://www.jfc.or.jp/grant-search/covid19/

 

jfc covid19

 

公益財団法人コメリ緑育成財団による株式会社コメリと連携した助成金、ボランティア事業の募集が行われています。

 

 


 公益財団法人コメリ緑育成財団では、株式会社コメリとの連携で、地域の幼稚園・保育所・小中学校・特定施設の緑化活動を推進する「コメリ緑資金ボランティア」を1999年より実施しています。
 コメリ従業員が活動に参加しお手伝いさせていただきますので、下記のとおりご案内いたします。

「コメリ緑資金ボランティア」助成金申請から活動までの流れ


 コメリ従業員が参加・お手伝いする緑化活動に対して、活動で使用する花苗・プランター・土などの購入資金として助成金を贈呈いたします。最寄りのコメリ店舗従業員と打ち合わせの上、ご応募ください。



1.助成対象となる活動・団体

コメリ従業員が参加して行う、幼稚園・保育所・小中学校・特定施設(老人施設・養護施設等)の校内緑化活動など、公共性のある緑化活動が対象です。

※ 上記以外の、例えばNPO法人や町内会などの任意団体、または最寄りにコメリ店舗のない団体は、一般公募助成をご利用ください。(詳しくはコメリ緑育成財団ホームページをご覧ください)
※ 公共性を重視していますので、営利企業が運営する施設への助成はご遠慮させていただきます。


2.応募内容

活動期間 : 2019年7月1日 から 2020年6月30日 までに実施する活動
応募締切り : 2020年5月31日


※ できるだけたくさんの団体にご利用いただくため、応募は上記期間内 1団体 1回とさせていただきます。また秋と春など2回に分けての申請・助成金の使用はご遠慮ねがいます。


3.応募方法

 活動内容・活動日をコメリ従業員と相談の上、添付の申請書の太枠内を記入し、活動日の1カ月前までにコメリ従業員にお渡しください。急な活動についての対応はいたしかねます。
 また捺印なき書類は受理できませんので、ご注意ねがいます。

 

4.助成金について

 活動日近くに、コメリ従業員が助成金の贈呈に伺います。
 その際、「領収証」兼「活動報告書」をお渡ししますので、活動終了後にご提出ください。 また、活動終了後、助成金の使途についてもご報告していただきます。


5.活動

 コメリ従業員も活動に参加させていただきます。また活動写真を撮影させていただきますのでご了解ください。不都合ある場合は、コメリ従業員のみ撮影いたします。
 なお写真は、当財団パンフレット等に掲載する場合があります。

 

 

その他、申請書のDL、お問合せ先につきましては下記よりご確認ください。

公益財団法人 コメリ緑育成財団 | コメリ緑資金ボランティア助成
http://www.komeri-midori.org/koubo/volunteer.html

 

komeri volunteer 

 

2020年度より創設されたエフピコ環境基金において、社会課題解決をテーマに活動する団体への助成募集が開始されました。

 


エフピコ環境基金について

 

1990年に6ヶ所のスーパーマーケットの店舗に使用済み食品トレー回収ボックスを設置したことからスタートしたエフピコ方式のリサイクルは、スーパーマーケットなどのユーザー及び消費者の皆様のご理解・ご協力をいただき、2020年3月時点で回収拠点が9,300ヶ所を超えました。この当社の自主的な取り組みは、1997年に施行された容器包装リサイクル法に基づく分別・収集の仕組みと合わせて、使用済み食品トレーを資源として有効利用する社会インフラとして定着しております。

近年クローズアップされている海洋プラスチックごみ問題及び気候変動をはじめとする環境問題は、様々な要因が複雑に絡み合い、一企業の活動だけでは解決にならず、各企業・団体が一丸となって対処すべき課題であると考えております。

ついては、持続可能な社会を実現するため、2020年度よりエフピコ環境基金を創設し、これらの社会的課題の解決をテーマに活動する団体へ助成をすることと致しました。

 

募集概要

助成対象期間 2020年10月1日~2021年3月31日
申請期間 2020年4月1日~2020年6月30日
助成金額 1案件あたり上限100万円

助成を希望される団体は募集要領(PDF)を確認のうえ、必要書類をエフピコ環境基金事務局まで提出してください。

提出書類
①申請書
②団体規約
③役員名簿
④前年度の決算書

 

募集要項、お問い合わせは下記よりご確認ください。

エフピコ環境基金|食品トレー容器のエフピコ
https://www.fpco.jp/esg/environmenteffort/environmentalfund.html

 

fpico 2020

 

Tags: ,

(独法)国立青少年教育振興機構による「令和2年度 子どもゆめ基金助成金/子どもの体験活動・読書活動(二次募集)」が行われています。申請方法により申請締切が異なりますのでご注意ください。(詳細はこちら

① 郵送申請:令和2年5月1日~6月16日
② 電子申請:令和2年5月1日~6月30日

 

助成金を受けたい方 | 子どもゆめ基金
https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/index.html

※二次募集では、【別紙様式1-B】のみでの申請となります。

 


 

この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を推進するため、自然に触れ親しむ活動、科学実験などの科学体験活動、異年齢間の交流を促進する活動、絵本の読み聞かせ会などの読書活動といった地域の草の根団体が実施する様々な体験活動や特色ある新たな取り組み、体験活動等の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を行っています。

「子どもゆめ基金」は、衆議院・参議院の超党派の国会議員により構成される「子どもの未来を考える議員連盟」が子どもの未来のために有意義な基金の創設を発意し、平成13年4月に創設されたものです。

※ 体験活動に関する調査(国立青少年教育振興機構「青少年の体験活動等に関する意識調査」)で、「日頃から「早寝早起き朝ごはん」や、自然体験・生活体験、お手伝いを行っている子供は、自律性・積極性・協調性といった自立的行動習慣が身についている傾向があり、自律的行動が身についている子供ほど、自己肯定感が高く、心身の疲労感が弱い傾向がある」など、子供の頃の体験がいかに重要であるかが示唆されています。

 

 

1.助成の対象となる活動

子どもの健全な育成を図ることを目的に、令和2年10月1日以降に開始し、令和3年3月31日までに終了する、次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。

 

(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動

◆体験活動

【分野】自然体験活動
【分野の趣旨】子どもたちが自然に触れ親しむ活動を通じて、自然への理解や興味関心を深めること
【活動内容の具体例】
・豊かな自然や農山漁村での自然とのふれあい、登山、ハイキング、キャンプ、野外炊事、郷土食作り
・森林等での野鳥の保護活動、環境教育活動
・身近な公園や川等の自然を生かした探究活動、フィールドワーク、工作活動
・地域の特色を生かした生態観察、放流 など

 

【分野】科学体験活動
【分野の趣旨】子どもたちが理科や科学に触れ親しむ活動を通じて、科学等への理解や興味関心を深めること
【活動内容の具体例】
・科学実験・観察実習教室
・ものづくり体験やプログラミングなどを活用した自然科学のワークショップ
・天文や化石の観察などを通じた自然科学のワークショップ など

 

【分野】交流を目的とする活動
【分野の趣旨】子どもたちが異年齢や異世代の交流、地域間の意図的・計画的な交流等を通じて、互いの理解を深めること
【活動内容の具体例】
・老人会や一人暮らしのお年寄りを招いてのレクリエーション等の交流体験会
・幼稚園・保育所を訪ねたり幼児を招いたりしての幼児との遊び、ふれあい
・大人たちとの学び合いの交流
(学び合いのテーマ例 和紙作り、染物、竹細工、焼き物、踊り、太鼓、子守唄、わらじ作り、郷土料理、絵画、手芸、演劇、朗読劇、演奏、合唱、野菜栽培等)
・地域に在住する外国の人々を招いて生活や文化を紹介し合うなどの交流
・農山漁村部と都市部など特色が異なる地域との交流
・通学合宿やスポーツ、プレーパークなど集団活動を通じた意図的な子ども同士の交流 など

 

【分野】社会奉仕体験活動
【分野の趣旨】子どもたちが社会に積極的にかかわる活動を通じて、思いやりの心や豊かな人間性・社会性を育むこと
【活動内容の具体例】
・子どもたちの興味や学習成果、得意な技術を活用した奉仕活動
・老人ホーム等福祉施設を訪問し、話し相手や手伝い、清掃を行う活動
・地域の魅力を生かした地域活性化や地域おこし、安心安全な地域づくりにつながる活動
・地域や駅前、公園、河川や海岸等の清掃、空き缶回収
・地域での花作りや環境美化 など

 

【分野】職場体験活動
【分野の趣旨】子どもたちが職業を体験することを通じて、働く意義や目的を探究することや望ましい勤労観・職業観を育むこと
【活動内容の具体例】
・地域の事業所や商店などでの職業体験
・将来の進路について考えるインターンシップ
・地域の農家の指導を得ながら米作りや野菜作り、並びに鶏、羊、豚などの家畜や魚の飼育
・地域産業を生かした漁労や加工品製造の体験
・森林での植林、下草刈り、枝打ち、伐採、椎茸栽培、炭焼き など

 

【分野】総合・その他の体験活動
【分野の趣旨】意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動を通じて、子どもたちの総合的な力を育むこと
【活動内容の具体例】
上記の複数の分野を意図的・計画的に組み合わせた総合的な体験活動及びその他の体験活動

 

◆読書活動

【分野】読書活動
【分野の趣旨】子どもたちが本に親しむ活動を通じて、自主的に読書活動に取り組む意欲を育むこと
【活動内容の具体例】
・発達段階に合わせた読み聞かせ会、読書会、おはなし会、ブックトーク、ストーリーテリング
(例:乳幼児向けのおはなし会と保護者への家庭読書支援を組み合わせた活動、中高生のための本を使って調べる活動、小学校高学年による本の紹介活動 など)
・ワークショップ等多様な工夫を通じて本に親しみ楽しむ活動
・家庭読書の普及・啓発活動 など

 

(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動

◆フォーラム等普及活動
体験活動や読書活動の振興方策等を研究協議するフォーラム、体験活動や読書活動の普及啓発を図る講演会などが該当します。
※フォーラムとは、あるテーマをもとに基調講演や公開討論などのプログラムを実施する活動のことです。

◆指導者養成
体験活動や読書活動の指導者・ボランティアとして活動する方を養成する研修会、すでに指導者やボランティアとして活動している方のスキルアップを図る研修会などが該当します。

※申請書には、指導者養成事業の全体像がわかるようなカリキュラム表を添付してください。また、実績報告書には受講者名簿を必ず添付するとともに、受講者が実際に指導者として活動した指導実績の把握・保管に努めてください。

 

 

2.助成の対象となる団体

次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が助成の対象となります。

(1)公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人
(2)特定非営利活動法人
(3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く。)
①国又は地方公共団体
②法律により直接に設立された法人
③特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人
(4)法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

 

その他、詳細については下記よりご確認ください。

子どもゆめ基金
https://yumekikin.niye.go.jp/

taiken boshuyoko r021

 

Tags:

no31 midori plan

 

「緑の環境プラン大賞」の趣旨

公益財団法人都市緑化機構および第一生命保険株式会社では、緑豊かな都市環境の形成を図るとともに、生活の質の向上やコミュニティの醸成等に役立つことを願い、1990年に「緑のデザイン賞」を創設し、緑化プラン実現のための助成を開始しました。その後、環境への配慮といった時代の要請に一層応えるべく、2009年度に「緑の環境デザイン賞」と改称し、都市の環境共生に必要な緑地機能を新たな評価基準として加え、深刻化している環境問題への対応を図ってきました。さらに、2015年度からは、2020年に向けた期間限定のプログラムとして、花と緑で観光客をお迎えする 特別企画「おもてなしの庭」への助成を東京都限定で実施してきました。
このように、優れた緑化のプランを表彰し、その実現のための助成を行ってきた「緑の環境デザイン賞」ですが、さらに多くの皆さまに関心を持っていただき、緑の創出を通じて、昨今の社会的重要課題である都市環境の保全や再生、地域コミュニティの形成、生活の質の向上に対応していくことを、これまで以上に積極的に進めていきたいと考えました。
このため、2016年度からは、主催者に第一生命財団を加え、名称を「緑の環境プラン大賞」と改称するとともに、募集を地域のシンボルとなり都市環境の保全・再生に貢献する シンボル・ガーデン部門、地域コミュニティの形成につながる ポケット・ガーデン部門の2部門での募集にに見直しを行いました。
「緑の環境プラン大賞」では、生活の質の向上やコミュニティの醸成の実現への取り組みを一層強化し、豊かな次世代社会の創造に寄与することを目指してまいります。

 

主催:

公益財団法人都市緑化機構
一般財団法人第一生命財団

特別協賛:

第一生命保険株式会社

 

「緑の環境プラン大賞」(旧称:緑の環境デザイン賞)は一般財団法人第一生命財団、第一生命保険株式会社のホームページにも紹介されています。

一般財団法人第一生命財団 http://group.dai-ichi-life.co.jp/dai-ichi-life-foundation/

 

募集概要

 

応募対象

◇部門:シンボル・ガーデン

募集対象 全国の民間・公共の各種団体
助成金額 上限800万円
助 成 数 3件程度
募集内容
地域のシンボル的な緑地として、緑の持つヒートアイランド緩和効果、生物多様性保全効果等を取り入れることにより、人と自然が共生する都市環境の形成、および地域コミュニティの活性化に寄与するアイデアを盛り込んだ緑地のプランを募集します。

 

◇部門:ポケット・ガーデン

募集対象 全国の民間・公共の各種団体
助成金額 上限100万円
助 成 数 10件程度
募集内容
日常的な花や緑の活動を通して、地域コミュニティの活性化や、保育園・幼稚園、学校、福祉施設等での情操教育、身近な環境の改善等に寄与するアイデアを盛り込んだ花や緑のプランを募集します。

審査

審査会による総合的な評価により、緑化プラン実現のための緑化助成を行う優秀作品を選定いたします。

 

主催等

主催
公益財団法人都市緑化機構/一般財団法人第一生命財団
後援(予定)
国土交通省/全国知事会/全国市長会/全国町村会
特別協賛
第一生命保険株式会社

募集期間及び発表等スケジュール

募集開始 4月1日
緑化プランの実現が可能な具体的な場所で応募してください。
緑化助成工事は応募された緑化プランで行いますので、土地所有者・管理者のほか関係者との調整等プランに変更が出ないよう注意してください。

募集締切 6月30日
提出書類の不備、応募条件との相違などがある場合は、応募者に問い合わせを行う場合があります。

審査会 10月上旬

発  表10月中旬
応募者全員に結果を通知いたします。
受賞者等が緑化助成工事を行う場合には、助成金額の内示をあわせて行います。

表彰式 11月~12月
東京で行う予定です。

緑化助成 11月~翌年3月
(原則) 審査会で受賞が決定された緑化プランの変更は原則として認められません。
緑化助成方法は、緑化助成要綱を参照してください。

工事完了 3月下旬
原則として2021年3月末までに助成対象となる緑化工事を完了してください。
受賞者等による確認を行ってください。
助成対象工事の完了。
(地域のみなさんへのお披露目会などの実施)

 

その他応募方法、応募先等は下記よりご確認ください。

緑の環境プラン大賞 | 公益財団法人都市緑化機構
https://urbangreen.or.jp/grant/3hyosho/green-plan

 

Tags:
r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…