epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.212, Wed Mar 03 2021

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

「EPOねっと九州」vol.212

□□EPO九州から

九州地方ESD活動支援センターでは、九州、沖縄地域の特徴である島しょ地域でESD(持続可能な開発のための教育)に取組む、各主体間のネットワーク構築と情報共有、相互交流を目的とした情報交換会を開催します。

プログラムでは、島しょ地域の持続可能性と地域循環共生圏構築に寄与する、「島のESD」について、ESDを実践されるみなさまの活動を紹介いただきながら、地域の課題やニーズ把握、連携によるESDの普及啓発の効果的手法等について意見交換を実施します。

九州、沖縄地域で持続可能な開発の担い手育成に取り組まれている皆様、ぜひご参加ください。

日 時 令和3年3月11日(木)13:30から15:00

会 場 Web会議サービスZOOMを利用いたします。

内 容 オンラインを活用し、沖縄県関係者に加え、島嶼地域のESDに携わる皆様からの情報提供、交流の機会といたします。

対 象

募集定員:30名程度

・島しょ地域の持続可能な開発のための教育、支援に携わるみなさま

・島しょ地域の学校、教育委員会など教育機関のみなさま

・島しょ地域のSDGs推進の担い手育成に取り組まれる自治体のみなさま

・その他、ESD、SDGsの学びに向けて取組まれるみなさま

お申し込みなど詳細は下記よりご覧ください

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/25/r2_tousho_esd_network/

それでは「EPOねっと九州」vol.212」をご覧ください。

【目次】

□□EPO九州から

□□環境パートナーシップ情報

□□助成金に関する情報

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

□地域ESD拠点情報

□資料公開

□開催・募集

□□新型コロナウイルス感染症に関する情報

□□地域循環共生圏推進の取組み

◎まずはここから!地域循環共生圏

□関連セミナー等

□資料提供等

□関連公募等

□□環境省・九州地方環境事務所からのご案内

□情報の提供

□開催等

□公募・募集等

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■セミナー企画 令和2年度森里川海ネットワーク形成会合

〜みやざきの流域圏から考えるSDGsのタネさがし〜

重要な自然資源である「森里川海」を保全し、地域におけるSDGs(持続可能な開発のための目標)達成に向けた取り組みには、、河川流域等をフィールドに活動する地域団体、企業、行政の連携が不可欠です。

その担い手の確保や、資金等持続的な取り組みには、関係者間のネットワークの構築が求められます。

今回、宮崎県内の各関係者が交流し、宮崎県のSDGs推進、地域循環の構築に向けたアイデアが共有され、地域の自然環境、資源を活用したローカルSDGs実現のためのネットワークが強化されることを目的としたセミナー企画を開催します。

宮崎県で、自然環境保全、またSDGs推進や地域課題解決に活躍する人材育成を志す企業、団体のみなさまへ広くご案内いたします。

SDGsの推進や、自然資源の活用にお取り組みの皆様、ぜひ本セミナーへご参加ください。

日 時:令和3年3月12日(金) 13:30から15:00

会 場:オンラインセミナー形式にて実施いたします。

対 象:

宮崎県内で活動されている

企業、団体のみなさま

地域金融機関のみなさま

地方自治体のSDGs、環境関連部局のみなさま

環境保全活動団体のみなさま

※Web運営の都合から定員に達する場合がありますので、お早めにお申し込みください。

詳細、お申し込みは下記よりご覧ください。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/2194-3-12-sdgs.html

_______________________________________________________

■令和2年度 島しょ地域ESDネットワーク交流会 -地域の持続可能性と島の学び-

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/25/r2_tousho_esd_network/

_______________________________________________________

■【資料公開】GEOC『地域の力をつないで持続可能な社会をつくる』

EPO(環境パートナーシップオフィス)は全国8箇所のネットワークにて活動を行っています。

地域循環共生圏の創造に向け、EPOは地域のステークホルダーと協働し、取組モデルの形成を支援してきました。

今回、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)は、各地方EPOとGEOCの機能や支援プロジェクトをまとめた冊子『地域の力をつないで持続可能な社会をつくる』を作成し公開しました。

EPO九州による地域での事例として「災害時に活きるネットワーク地域をつなぐビジターセンターの連携〜」として、雲仙諏訪の池VC大向様からのコメントを含め、各ビジターセンターのみなさまとEPO九州とのネットワーク事例を掲載しております。

その他、地域循環共生圏構築に繋がる全国各地の事例についても掲載されておりますので、ご覧いただけますと幸いです。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2126-geoc-2.html

_______________________________________________________

■新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について(開所時間変更等)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、九州地方環境パートナーシップオフィスが入居する熊本市国際交流会館では、2階フロアの利用が制限されています。この措置に伴い、九州地方環境パートナーシップオフィス及び九州地方ESD活動支援センターの業務時間を9:00-18:00といたします。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

☆状況によって変更の場合もございますので、下記リンクにて最新の情報をお知らせしています。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1538-2020-04-24-01-36-39.html

_______________________________________________________

■九州・沖縄各県の環境政策情報(2月下旬)

近日の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。

EPO九州では2月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報をまとめて公開しています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2197-2021-03-03-10-47-42.html

★ご留意ください

※詳細はリンク先を必ずご確認ください。

※公開が終了している場合があります。

※表示順、日程は前後する場合があります。

※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃環境パートナーシップ情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【3/13開催】「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム

自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞の各表彰、入選者が決定の授賞を決定、2021年3月13日(土)に「授賞記念シンポジウム」がオンライン開催されます。

シンポジウムの模様は、YouTube ライブで配信され申込みは不要です。

九州地域から保護実践部門大賞を熊本県の吉崎和美さん、特別賞を長崎県諫早農業高等学校食品科学部が受賞されています。

また、入選者として筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)、熊本県が選定されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2172-3-13-2021.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃助成金に関する情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※現在情報準備中です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□地域ESD拠点 関連情報

■再春館「一本の木」財団キッズクラブメンバー募集

地域ESD拠点にご登録いただいております、再春館「一本の木」財団による、キッズクラブメンバーの募集が行われています。

このクラブは1年間を通して熊本の自然にふれあいながら学ぶことで、自然や生き物を愛し感謝する気持ちを育む活動を行っています。。

【募集期間】令和3年2月15日(月)〜令和3年3月31日(水)

【募集人数】14名

※定員を超える申込みがあった場合は4月1日(木)に抽選を行い、ご連絡させて頂きます。

【申込み方法】財団ホームページにある専用フォームより申込み。もしくは申込用紙の郵送。

【お問合せ先】

https://ipponnoki.jp/kids-club/

_______________________________________________________

■地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。

ご関心をお持ちの方、まずは下記へご連絡ください。

〈お問合せ〉九州地方ESD活動支援センター

TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894

E-mail:

(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )

□ESD資料公開

■【資料掲載】菊地南中学校 ESD実践研究発表資料の公開(教育課程研究指定校)

熊本県の菊池市立菊地南中学校は、国立教育政策研究所の実施する「教育課程研究指定校事業」の指定を受け、令和元年度・2年度に渡り、ESDの実践研究を行っています。

その研究成果が先日研究協議会で発表され、現在同校Webサイトにて資料掲載されています。

研究主題や推進体制、取り組みの詳細について紹介されており、学校として、また学校と連携してESDの推進に取り組まれる皆さんのご参考となる資料となっておりますので、ぜひ御覧ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/05/kikuchiminami_jhs_esd_r1_r2/

_______________________________________________________

■ユネスコ「持続可能な開発目標のための教育−学習目標−」(日本語版資料)の公開

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/09/unesuko_esd_sdgs_learningobjectives/

_______________________________________________________

■環境省 環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定 いまり「こまなきの里山」

※九州から初、佐賀県からのご登録です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2021-2020-11-17-08-05-31.html

□ESD関連の開催・募集

■【3/13開催】「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム(YoutubeLive)

自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞の各表彰、入選者が決定の授賞を決定、2021年3月13日(土)に「授賞記念シンポジウム」がオンライン開催されます。

シンポジウムの模様は、YouTube ライブで配信され申込みは不要です。

九州地域から保護実践部門大賞を熊本県の吉崎和美さん、特別賞を長崎県諫早農業高等学校食品科学部が受賞されています。

また、入選者として筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)、熊本県が選定されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/02/nacsj_award2021/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃新型コロナウイルス感染症に関する情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

環境省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同感染症への対応に係る情報発信の重点化を行っております。

環境省関連の対応状況取りまとめ情報の他、事業者向け情報、国立公園・国民公園等における取組等が紹介されています。ぜひ御覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1548-2020-04-24-09-46-18.html

________________________________________________________

■文部科学省 学校・子供応援サポーター人材バンクの開設について

文部科学省では、学校再開後、各地域において、学校をサポートしていただける人材が必要となる機会も多くなるため、教育委員会等が必要な人材をすぐに探すことができるよう、人材バンクを開設しました。

休校明けの学校は、子供たちの学習指導や心のケア、感染症対策等、沢山の大人たちのサポートが必要になります。

この人材バンク登録には教育免許は不要で、退職教員、教員免許取得を目指す方、大学生、塾講師、NPOなどの教育関係者だけでなく、ICTサポートや事務作業、消毒サポートなど幅広い人材が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/06/11/mext_covic19_jinzaibank/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃地域循環共生圏推進の取組み

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎まずはここから!地域循環共生圏

□地域循環共生圏について

環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。

「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2.html

■「環境省ローカルSDGs」ポータルサイト

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1525-sdgs.html

________________________________________________________

■地域循環共生圏づくり プラットフォーム活動団体

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/chiiki_ichiran_r1/

________________________________________________________

■「環境省ローカルSDGs」実践地域等登録制度

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/

_______________________________________________________

■【機能追加】環境省ローカルSDGs公式サイト パートナー検索機能の追加

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1974-sdgs-2.html

_______________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏づくりプラットフォームにおける「企業等登録制度」

http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/

《今月の地域循環共生圏ピックアップ》

■環境省_循環経済パートナーシップを立ち上げました

環境省は本日、経済産業省及び(一社)日本経済団体連合会(以下「経団連」という。)とともに、「循環経済パートナーシップ」を立ち上げました。

本パートナーシップは、令和3年1月20日に開かれた環境省と経団連の懇談会において立ち上げを合意したものであり、国内の企業を含めた幅広い関係者の循環経済への更なる理解醸成と取組の促進を目指して、官民連携を強化するためのものです。

https://www.env.go.jp/press/109225.html

□地域循環共生圏 関連セミナー等

■【3/13開催】「令和2年度ローカルSDGsリーダー研修プログラム "migakiba(ミガキバ)" 」成果発表会(オンライン)

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ)"の成果発表会とトークセッションがオンラインにて行われます。

専用フォームから事前のお申込が必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2191-3-13-2-sdgs-migakiba.html

□地域循環共生圏 資料提供等

■「環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくり 構想策定の手引き(ver.1.1)」の公開

http://chiikijunkan.env.go.jp/manabu/

________________________________________________________

■環境省 環境ビジネスの先進事例集の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1791-2020-07-14-04-25-42.html

________________________________________________________

■環境省 令和元年度 持続可能なローカルSDGsビジネスの先進的実例と成功のポイントの公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1728-2020-06-27-07-12-39.html

________________________________________________________

■環境省 「気候変動時代に公的機関ができること〜「再エネ100%」への挑戦〜」(公的機関のための再エネ調達実践ガイド)の公表

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1709-100-2.html

________________________________________________________

■「森里川海からはじめる地域づくり−地域循環共生圏構築の手引き−」Ver2.0の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1632-ver2-1.html

________________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏 先進事例集2の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1634-2020-05-23-06-48-6.html

________________________________________________________

■「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」発行

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1660-sdgs-ict-2.html

________________________________________________________

■事業者のための「生物多様性民間参画 事例集 」及び生物多様性・自然資本に関する 「企業情報開示のグッドプラクティス集」の公表

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1658-2020-05-28-08-38-43.html

________________________________________________________

■地域循環共生圏に関するリーフレットの公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1566-2020-05-07-00-26-8.html

________________________________________________________

■環境省 企業の脱炭素経営の促進について公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1699-2020-06-11-03-25-49.html

________________________________________________________

■環境省 グリーン・バリューチェーンプラットフォーム

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2119-2021-01-22-02-43-47.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃環境省・九州地方環境事務所からのご案内

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□開催情報

■【3/9開催】CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project

環境省は、環境分野に取り組む国際NGOであるCDPと「CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project」をWebにて共催します。健全な水循環の重要性について理解や関心をより高めることを目的に、企業の水リスクへの対応に関する調査結果や優良事例を発表する他、Water Projectの取組事例が行われます。

報告会では、熊本市の持続可能な地下水保全に関する官民連携の取組について紹介されます。

3月8日までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2189-3-9-cdp-2020-water-project.html

________________________________________________________

■【3/11開催】サプライチェーン・アジア・サミット2021の開催

環境省は脱炭素に向けた社会的機運を受け、サプライチェーン全体でのネットゼロを求める動きに対応した企業、投資家などの取り組み紹介を行うイベントを開催します。

3月5日(金)までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2190-3-11-2021.html

________________________________________________________

■環境省_令和2年度第2回「民間取組等と連携した自然環境保全(OECM)の在り方に関する検討会」の開催について

我が国においては、国や地方公共団体の法令等による自然保護地域だけでなく、民間の取組等によって生物多様性の保全が図られている区域が多くあります。環境省では、そのような取組等がなされている区域を把握し、それらと連携した自然環境保全の在り方について検討することとしました。

ついては、幅広い観点から有識者の御意見を伺うことを目的として、有識者による令和2年度第2回「民間取組等と連携した自然環境保全(OECM)の在り方に関する検討会」を、下記のとおり令和3年3月11日に開催いたしますので、お知らせします。なお、本研究会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、WEB会議により開催いたします。

https://www.env.go.jp/press/109224.html

________________________________________________________

■【3/10開催】環境省_国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)10周年振り返りフォーラムの開催について

国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)は愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、2011年9月に設立されました。

本イベントはUNDB-Jのこれまでの活動を振り返り、次の10年に繋げていくことを目的に同委員会の委員長代理である涌井史郎 東京都市大学特別教授による基調講演、委員会参加団体からの10年間の成果報告、有識者を交えた2030年に向けてのパネルディスカッション等を行います。

なお、本イベントは、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、オンラインによる開催を予定しております。

https://www.env.go.jp/press/109204.html

________________________________________________________

■【3/11-12開催】環境省_第2回CCUS・水素に関する国際シンポジウムの開催について

令和3年3月11日(木)・12日(金)に「第2回CCUS・水素国際シンポジウム〜脱炭素技術による2050年カーボンニュートラルの実現に向けて〜」を開催します。

https://www.env.go.jp/press/109252.html

________________________________________________________

■【3/12開催】環境省_TCFDシンポジウムの開催について

環境省は令和3年3月12日(金)に「TCFDシンポジウム 脱炭素経営を通じた企業価値向上に向けて〜シナリオ分析と開示の最前線〜」を開催いたします。日本においてはTCFD提言に賛同する企業数が世界一位となっており、本シンポジウムは、これらの企業に対してTCFD提言に沿った具体的なアクションを促進させるものです。

https://www.env.go.jp/press/109150.html

________________________________________________________

■【3/17開催】環境省他 第4回温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム開催

公益社団法人日本理学療法士協会、上田市(長野県)及び環境省は、国民保養温泉地等の振興・活性化並びに国民の健康増進に資する取組の普及を図る「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」を開催します。

上田市での現地開催のほか、オンライン配信が予定されています。※3/10までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2176-3-17.html

________________________________________________________

■【3/17開催】Green Startup Pitchの開催および環境スタートアップ大賞の受賞者発表

環境省は新たなロールモデル創出と、事業機会の拡大の支援を目的に、「環境スタートアップ大賞」を創設しています。

今回、応募申請の審査により受賞者が決定し、受賞者のピッチ(プレゼンテーション)及び表彰を行う「Green Startup Pitch」が開催され、会場視聴のほかWeb参加も可能となっています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2185-3-17-green-startup-pitch.html

________________________________________________________

■【3/17開催】環境省_「脱炭素都市国際フォーラム」開催について

環境省は、気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局の協力の下、令和3年3月17 日(水)、翌18 日(木)に、オンラインの「脱炭素都市国際フォーラム」を開催いたします。

世界の脱炭素化に向けては都市レベルの取組が重要であり、日本国政府及び環境省は、国内都市の脱炭素化に向けた取組を推進するとともに、国内都市と海外都市の連携を推進しています。本フォーラムでは、脱炭素化に向けた都市の取組を世界的に加速させることを目的として、国内外の多様な都市及び関連団体を招き、先進事例を共有するとともに、都市間連携の強化等の必要な方策について議論します。

https://www.env.go.jp/press/109217.html

________________________________________________________

■環境省_外来種問題と企業活動の関わりを考えるウェビナーの開催について

特定外来生物のヒアリを含む外来種の問題は、世界的にも生物多様性の大きな損失要因の一つとして認識され、中でも国際的な物流の増加に伴う非意図的侵入への対策は今年開催される生物多様性条約第15回締約国会議(CBDCOP15)でも重要な議題の一つとなっています。国際的かつ極めて経済・社会活動との関わりの深いこの問題は、今後ますます企業活動においても無視できないものになっていくと考えられます。

環境省では、企業の方々に「問題を知っていただき」「関わりを考えていただく」ことを目的としたウェビナーを令和3年3月24日(水)に下記のとおり開催します。

https://www.env.go.jp/press/109236.html

□情報提供・公表

■環境省_第16回エコツーリズム大賞の決定について

環境省では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する「エコツーリズム大賞」を平成17年度から実施しています。

この度、第16回エコツーリズム大賞への応募があった15件を対象に、審査委員による審査が行われ、その結果合計7件の受賞が決まりましたのでお知らせします。

https://www.env.go.jp/press/109223.html

________________________________________________________

■環境省_第2回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」受賞者の決定について

第2回「ESGファイナンス・アワード」では、ESG金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体や環境サステナブル経営に取り組む企業を多数の応募者の中から選定し、2月24日に開催された表彰式(環境省主催)において発表いたしました。

https://www.env.go.jp/press/109169.html

________________________________________________________

■環境省_ASEAN海洋プラスチックごみワークショップの結果について

環境省は、2月24日(水)、25日(木)にインドネシア国海事・投資調整府と共催で、「ASEAN海洋プラスチックごみワークショップ(ASEAN地域における海洋プラスチックごみの取組共有を通じた海洋プラスチックごみ削減と廃棄物管理の能力強化のためのワークショップ)」を開催しました。

https://www.env.go.jp/press/109240.html

________________________________________________________

■環境省_自然公園法の一部を改正する法律案の閣議決定について

「自然公園法の一部を改正する法律案」が令和3年3月2日(火)に閣議決定されました。

https://www.env.go.jp/press/109250.html

________________________________________________________

■環境省_地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案の閣議決定について

「地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案」が3月2日(火)に閣議決定されました。

https://www.env.go.jp/press/109218.html

________________________________________________________

■環境省_全国のニホンジカ及びイノシシの個体数推定及び生息分布調査の結果について(令和2年度)

環境省では、ニホンジカ及びイノシシの全国的な生息状況の動向を把握するため、統計手法を用いた個体数の推定等を平成25年度より実施しています。また、両種を対象とした生息分布調査を実施し、今般、これらの結果をとりまとめましたので、公表します。

https://www.env.go.jp/press/109239.html

________________________________________________________

■【資料公表】環境省 報告書「ナッジとEBPM 〜環境省ナッジ事業を題材とした実践から好循環へ〜」の公表

環境省は、日本版ナッジ・ユニットBESTによる、ナッジとEBPM(エビデンス(根拠)に基づく政策立案 Evidence-based Policymaking)に関する議論報告について、下記の通り公表しました。

この報告書は、広く多くの方々に知っていただけることを目的として作成されています。

ナッジ(nudge:そっと後押しする)とは、行動科学の知見(行動インサイト)の活用により、「人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする政策手法」です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2177-ebpm.html

________________________________________________________

■【資料公開】「地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン」の公開

地方創生SDGs金融調査・研究会は、地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン 2020年度【第一版】が公開されました。

このガイドラインは地方創生にあたり、SDGs金融を通じた自律的好循環を形成するために、地方公共団体が地域事業者のSDGsに関する取り組みについて登録、認証制度構築をする際のガイドとして作成されました。

地方公共団体が地域の実情に応じて、制度を構築するための支援ツールとなっています。ぜひご活用ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1963-2020-10-22-05-47-27.html

_______________________________________________________

■【動画公開】環境省 令和2年版環境白書を解説するYoutubeコンテンツ

環境省は令和2年度版環境白書を解説する動画コンテンツをYoutubeチャンネルにて公開しました。

「気候変動時代における私たちの役割」をテーマに、ナレーションと動画によって、第1部総説の5章が4本の動画にて解説されています。

環境政策やSDGs、ESGに関する潮流などにご関心のある方は、ぜひ動画をご視聴ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2011-2-youtube.html

□公募・募集

◎事業公募

■【3/31締切】環境省_令和3年度 地方公共団体及び事業者等による食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業等の公募について

環境省では、食品ロスの削減及び食品リサイクルを推進するための先進的事例を創出し、広く情報発信・横展開を図ることを目的に、食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業、及びmottECO導入モデル事業、食品廃棄ゼロエリアモデル事業、学校給食における食品ロス削減等に関する取組のモデル事業を実施する地方公共団体及び事業者等を募集します。

https://www.env.go.jp/press/109232.html

_______________________________________________________

■【3/26締切】環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)のうち、「地域の自立・分散型エネルギーシステムの構築支援事業」及び「地域の脱炭素交通モデルの構築支援事業(自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業)」の公募開始について(第3次)

執行団体である一般社団法人地域循環共生社会連携協会より公募が開始されましたので、お知らせします。

https://www.env.go.jp/press/109216.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発 行】

九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州

https://epo-kyushu.jp  E-mail:

九州地方ESD活動支援センター

https://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!

https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F

TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894

開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)

休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

【リンク】

九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

沖縄奄美自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/okinawa/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------

当メルマガへの登録・退会は、大変お手数でございますが

https://epo-kyushu.jp/contact.html

のフォームからご連絡をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想

などがございましたらまでどうぞ!

----------------------------------------------------------------
Tags:
ecotourism award
2021年09月16日

【11/30締切】第17回エコツーリズム…

エコツーリズム大賞とは、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組の団体・個人を表彰し、 広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、…
2021年09月15日

【10/4締切】令和3年度脱炭…

環境省は、複合プラスチック等のリサイクルの技術的課題を解消し、CO2の削減に資する実証事業を支援する…
2021年09月15日

令和3年度プラスチックの資源循…

環境省は、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」に即したプラスチック資源の分別収集・リサ…
2021年09月15日

【10/8開催】第6回全国温泉…

環境省は、今回で第6回となる全国温泉地サミットを開催します。また、同時開催として第3回チーム新・湯治…
2021年09月15日

第40回温泉関係功労者表彰につ…

環境省では、温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に…