epohedimg001

環境省 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(配送拠点等エネルギーステーション化による地域貢献型脱炭素物流等構築事業)の公募開始

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(配送拠点等エネルギーステーション化による地域貢献型脱炭素物流等構築事業)について執行団体である公益財団法人北海道環境財団から公募が開始されますので、お知らせします。

 

1.補助事業の概要

 本事業は、配送にかかる車両を電動車両とすると同時にバッテリー交換式とし、各配送拠点等を災害時にも稼働しうるエネルギーステーション化することで、脱炭素物流モデル構築と配送拠点等の防災拠点化の同時実現を図り、もってエネルギー起源二酸化炭素の排出抑制に資することを目的としています。また、当該交換式バッテリーは平時において自然変動電源である再生可能エネルギーの受け皿としての役割が期待でき、こうしたストレージインフラを社会に浸透させていくことも目的とした事業です。
 さらに、本事業は、新型コロナウイルスの影響により需要が増大しつつある配送分野への支援となることも期待されます。

2.公募期間

(1)マスタープラン策定業務
  配送拠点とエネルギーステーションを両立するビジネスモデルの検討について補助します。
  令和2年5月19 日(火)から同年6月26 日(金)17 時(必着)
(2)モデル構築支援事業
  車両や交換式バッテリー、充電装置等の導入について補助します。
  令和2年5月19 日(火)から同年12 月25 日(金)17 時(必着)※都度採択
  ただし、上記期間が満了する前に予算額に達した場合は、その時点で受付を終了します。

3.公募の詳細

 下記執行団体ホームページを御覧ください。
 URL:http://www.heco-hojo.jp/_yR02/d11c01/competition.html

 

4.問合せ先

 公益財団法人北海道環境財団
 住所:北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地 伊藤・加藤ビル4階
 E-mail haiso_ask@heco-hojo.jp

※お問合せの際は、原則としてメールを御利用ください。

連絡先

環境省地球環境局地球温暖化対策課地球温暖化対策事業室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8339
  • 室長相澤 寛史(内線 6771)
  • 課長補佐在原 雅乃(内線 6769)
  • 係長稲見 啓(内線 7788)
  • 担当関 良平(内線 7775)

R2energystation kobo

jirei2all
2020年05月23日

環境省 地域循環共生圏…

環境省が提唱する地域循環共生圏の先進的事例について、事例集2が公開されました。 今回九州地域からは下記4件の先進的事例が紹介されています。…
2020年05月23日

環境省…

令和2年5月19日、環境省とアジア開発銀行(ADB)は、第6回環境省•アジア開発銀行環境政策対話をW…
2020年05月23日

環境省…

「国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律」(以下「環境配慮契約法」と…
2020年05月23日

環境省…

 「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づく昨年度の特定調達品目及…
2020年05月23日

環境省…

「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づく「環境物品等の調達の推進…