epohedimg001

毎年夏に、高校生たちが様々な分野のボランティア活動について

意見交換や交流する「国際ボランティアワークキャンプ」が開催されます。

主催は実行委員会、企画をサポートする熊本市国際交流振興事業団(EPO九州が入居する熊本市国際交流会館の指定管理者)

とともに活動が始まっています。

そのワークキャンプの中で、環境をテーマとする分科会が企画され、担当する3人の高校生が相談にきました。

「水」環境について、水質汚染や暮らしと水の関係をテーマにしたいとのこと。

話を聞きながら、熊本市の水の科学館を紹介(水をテーマにした俳句コンテストなどがあっています)したり、

水環境に詳しい大学の研究室(ホームページ)を紹介しました。

8月のプログラムに向けて、合宿や会議が続くそうです。

  スタッフ 澤

jirei2all
2020年05月23日

環境省 地域循環共生圏…

環境省が提唱する地域循環共生圏の先進的事例について、事例集2が公開されました。 今回九州地域からは下記4件の先進的事例が紹介されています。…
2020年05月23日

環境省…

令和2年5月19日、環境省とアジア開発銀行(ADB)は、第6回環境省•アジア開発銀行環境政策対話をW…
2020年05月23日

環境省…

「国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律」(以下「環境配慮契約法」と…
2020年05月23日

環境省…

 「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づく昨年度の特定調達品目及…
2020年05月23日

環境省…

「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン購入法)に基づく「環境物品等の調達の推進…