epohedimg001

「いきものログ」の『種名調べ支援』好評実施中!

 

環境省生物多様性センターでは、全国の生物情報を共有化して提供することを目的としたインターネット上のシステム「いきものログ」を運営しています。

 

ikimono log 2018 08

 

「いきものログ」では、名前がわからない生きものについて報告したいときに、写真とコメントを送って生きものの専門家に質問することができる『種名調べ支援』を今年も実施しています。

身近で見かけた虫や鳥、動物、植物などの名前がわからない、なんてことはないですか?
そんなときは「いきものログ」の『種名調べ支援』をぜひご活用下さい!

<種名調べ支援>
【実施期間】平成31年1月31日まで
【依頼数上限】1ユーザあたり20回まで(上記期間内)

今年は例年よりも期間を延長して1月末まで実施します。
また、依頼数の上限は、昨年度の倍の1ユーザあたり20回までに増えました。

※種名調べを依頼するには「いきものログ」へのユーザ登録が必要です。いきものログのすべてのサービスは、無料で利用できます。

※「いきものログ」は、個人でも団体でも参加可能で、ユーザ登録をすればどなたでも生きものの観察情報(確認位置、確認日、写真等)を報告することができます。また、過去に実施された生物多様性調査や自然環境保全基礎調査等の調査結果、ユーザの皆さんから報告された生きものの観察情報を閲覧したり、分布図で表示したり、データをダウンロードすることもできます。
「いきものログ専用アプリ」をインストールすれば、スマホを用いて、野外でも報告が可能です。あらかじめ地図をダウンロードしておけば、電波の届かないところでもアプリが利用できます。

 

【問い合わせ先】

いきものログ運営事務局(生物多様性センター内)

受付: 平日(土日、祝日、年末年始の12月29日~1月3日を除く)10:00~17:00
TEL: 0555-72-8018
E-mail:

 

【詳細・参考リンク】

種名調べ支援 ページ https://ikilog.biodic.go.jp/IdentifyRequest/
「いきものログ」ウェブサイト https://ikilog.biodic.go.jp/
環境省報道発表資料はこちら http://www.env.go.jp/press/105750.html
※環境省Twitterでも情報を発信しています!

スクリーンショット 6
2018年12月13日

長者原センターからのお知らせ

大分県九重町にある長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な山々が望める場所にあります。タデ原のを歩きながら、自然観察を楽しみましょう! タデ原の自然観察会…
2018年12月13日

諏訪の池ビジターセンターからの…

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔。豊かな自然に囲まれた雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントの…
2018年12月13日

九十九島ビジターセンターからの…

風光明媚な立地にある九十九島ビジターセンターから、12月・1月のイベント情報が届きました。ぜひ、お誘…
2018年12月13日

平成新山ネイチャーセンターから…

雲仙天草国立公園内にある、平成新山ネイチャーセンター。ダイナミックな平成新山を眺めながら、自然を体感…
2018年12月07日

第8回 大分自然環境研究発表会

大分大学にて「第8回 大分自然環境研究発表会」が開催されます。…