epohedimg001

 

coolbiz poster B

 

 環境省では、脱炭素社会づくりに貢献する製品への買替え、サービスの利用、ライフスタイルの選択など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。

 この「COOL CHOICE」の主要施策のひとつとして、室温の適正化とその温度に適した軽装などの取組を促す「クールビズ」を、今年度も推進していきます。

 クールビズの実施に当たり、日本百貨店協会、日本チェーンストア協会、一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会も連携して取組を実施することとしており、各会員企業の店舗において、冷房温度緩和の取組を行うなど、クールビズの取組を推進していきます。

1.概 要

 クールビズの実施期間は、昨年と同様、5月1日から9月30日までとします。また、10月においても、暑い日には室温の適正な管理と、各自の判断による軽装などの取組を呼び掛けていきます。
なお、近年は異常気象の影響もあり、11月以降であっても季節外れに暑いと感じる日や極寒の日もあることを踏まえ、そのような日における各自の判断による軽装などの取組も呼び掛けていきます。

【クールビズとは】
 地球温暖化対策の一環として、平成17(2005)年度から政府が提唱する、過度な冷房に頼らず様々な工夫をして夏を快適に過ごすライフスタイル。
室温の適正化とその温度に適した軽装などの取組を呼び掛けています。軽装以外の取組としては、省エネ型エアコンへの買換え、西日よけのブラインド、日射の熱エネルギーを遮蔽する効果がある緑のカーテンなど、具体的なアクションなどを呼び掛けています。

2.クールビズ 知っておいて頂きたいポイント

 

○クールビズは気温に合わせた柔軟なライフスタイル
 皆様のお陰で、気温に合わせて柔軟な服装で過ごすライフスタイルは定着してきました。今年度の実施期間も昨年度と同様5月から9月末としますが、日本は南北に長く地域によって状況も異なることから、10月以降も暑い日には室温の適正な管理と各自の判断による軽装などの取組を呼び掛けます。
 大切なのは、無理せず、過度な冷房に頼らないことです。

○健康にも優しいクールビズ
 クールビズ開始後3年目の平成19(2007)年に「猛暑日」が設定され、平成30(2018)年には、日本の観測史上最高気温(埼玉県熊谷で41.1℃)を更新するなど、年々暑さが増しています。
こうした中、外気温と室温との差が大きいと、体の自律神経やホルモンバランスを崩しやすくなったり、冷えに慣れて汗をかかないでいると、汗腺が退化して、体温調整機能が働かなくなってしまうなど、健康への影響を指摘する専門家もいます。暑くなってきているからこそ、体にやさしい、地球にやさしいクールビズを実践する意義が高まっています。

○お財布にも優しいクールビズ
 クールビズは、軽装などの取組を実践することにより、快適に夏を過ごしつつ「冷房の適切な使用」を実践し、冷やし過ぎないことを目的としています。冷房の使用に当たっては、例えば、フィルターを定期的に掃除したり、夏場、家に帰って室内に熱がこもっている場合は、まず窓を開けて熱気を逃がしてから冷房をするなど、エアコンを賢く使用することで、冷房効率が上がり、お財布にも優しくなります。
 

3.クールビズ 環境省による情報発信

 

○掲出ポスター・ダウンロードポスター
・クールビズポスターのデータを、以下よりダウンロードできます。
 (http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/tool.html

○クールビズ推進ムービー
・環境省「COOL CHOICE」サイトに、COOL CHOICEイメージキャラクターの「君野イマ」と「君野ミライ」が登場する、3DCG動画「クールビズ×クールシェア×省エネ家電編」を公開中です。
 (https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/character/release/

その他、取組事例や各種ツールについてはリンク先をご確認ください。

環境省_令和2年度 クールビズについて
https://www.env.go.jp/press/107982.html

[/pb_text][/pb_column][/pb_row]

 

suishitsu odaku pc

 

水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直し案について、広く国民の皆様の御意見をお聴きするため、令和2年4月20日(月)から同年5月4日(月)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を実施いたします。

 

1.背景

ペルフルオロオクタンスルホン酸 (以下「PFOS」という。)及びペルフルオロオクタン酸 (以下「PFOA」という。)については、環境省において、これまで水環境基準体系における要調査項目に位置付け、知見の集積を図ってきたところですが、昨今の国内外の動向や国内における検出状況等を踏まえ、中央環境審議会水環境部会環境基準健康項目専門委員会において、その取扱いの見直しについて審議された結果、別添のとおり見直し案が取りまとめられました。

2.意見募集対象

「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直し案について」

3.意見提出

募集期間:令和2年4月20日(月)から同年5月4日(月)

提出方法:意見募集要項を参照ください。

4.問合せ先

環境省水・大気環境局水環境課 担当 小林

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1ー2-2

TEL 03-5521-8314

FAX 03-3593-1438

電子メール 

 

募集要項は下記リンクからご参照ください。

環境省_「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直し案について」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
https://www.env.go.jp/press/107983.html

 

 

R2 doubutsuaigo poster

 

広く国民の皆様に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、動物愛護週間(毎年9月20日~26日)が定められています。環境省と動物愛護週間中央行事実行委員会は、令和2年度動物愛護週間に際し、普及啓発を行うためのポスターのデザイン絵画を公募します。最優秀作品には環境大臣賞が贈られるとともに、最優秀作品をデザインとした動物愛護週間のポスターを環境省が作成し、全国の自治体等に配布して広く活用します。

 

 

1.公募の趣旨


国民の皆様に動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、「動物の愛護及び管理に関する法律」で動物愛護週間(毎年9月20日~26日)が定められています。環境省では、毎年、動物愛護週間のポスターを作成して全国の自治体や小学校等に配付しており、ポスターのデザイン絵画を広く一般に公募することによって、動物愛護週間の普及と国民の動物愛護管理に関する意識の一層の高揚を図っております。

 

2.デザイン絵画のテーマ


「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」

今年の動物愛護週間は、「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」をテーマに、人も動物も幸せに生を全うするにはどうしたらよいか、そして動物とともに暮らせる社会をどのように作って行くかを考える機会です。社会における生命の尊重、友愛及び平和の情操の涵養のあり方を問うとても大きな題であるとともに、人も動物も幸せに暮らせる社会を構築するために、必ず考えていかなければならない課題でもあります。今年のコンクールでは、人と動物の関係を広く大きくイメージした作品を募集します。

3.各賞


最優秀作品(環境大臣賞)1点 賞状・記念品(図書カード5万円程度)

優秀作品(動物愛護週間中央行事実行委員会委員長賞)5点 賞状・記念品(図書カード1万円程度)

最優秀作品については今年度の動物愛護週間ポスターとして採用し、全国の自治体、関係省庁、報道機関等に配布するとともに、動物愛護管理行政の推進を図るための資料として活用します。

4.主催


環境省、動物愛護週間中央行事実行委員会(環境省・東京都・台東区・公益財団法人日本動物愛護協会・公益社団法人日本動物福祉協会・公益社団法人日本愛玩動物協会・公益社団法人日本獣医師会・公益社団法人日本動物園水族館協会・一般社団法人家庭動物愛護協会・一般社団法人日本雑誌協会)

5.審査方法


環境省及び動物愛護週間中央行事実行委員会が選任する審査員が、審査を行います。審査員は、動物の愛護管理の専門家、デザインの専門家、マスコミ関係者、国及び地方自治体の動物愛護管理行政担当職員等で構成する予定です。

6.スケジュール(予定)


令和2年5月31日     募集締切(当日消印有効)

令和2年6月中旬     審査会-各賞決定

令和2年6月下旬     結果発表(環境省ホームページ等で公表)

令和2年7月       ポスターの印刷・全国配布

令和2年9月       表彰式(どうぶつ愛護フェスティバル)

 

その他、応募の詳細は下記からご確認ください。

環境省_令和2年度動物愛護週間ポスターのデザイン絵画コンクールの実施について
https://www.env.go.jp/press/107968.html

 

kokuritsukouen hojo encho

環境省においては、現在、令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(野生動物観光促進事業の補助事業)の1次公募を行っているところですが、コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言を受け、各種事業主体において業務体制や内容の見直し等が図られている状況に鑑み、公募期間の締切りを令和2年4月24日(金)から同年5月20日(水)に延長します。

補助対象となる補助事業及び公募の詳細については

※環境省HP(http://www.env.go.jp/press/107924.html)より御確認ください。

環境省_令和2年度国立公園等資源整備事業費補助金(野生動物観光促進事業)の補助事業の1次公募期間の延長について
https://www.env.go.jp/press/107981.html

 

a 1a

 

これまでに起こった様々な災害における実例を基に、環境省は人とペットの災害対策ガイドライン「ボランティアの活動と規範」を令和2年3月に発行し、自治体や関係団体に配布しました。本ガイドラインについて環境省、動物愛護管理室のホームページに掲載いたしますので、御活用ください。


1.「ボランティアの活動と規範」の概要

災害時のペットに関する対応において民間ボランティアが果たす役割は極めて重要です。ペットに関するボランティア活動には、飼養が困難になったペットの一時預かりや譲渡先の選定、放浪動物の保護と飼い主探し、避難所等における適正飼養のサポートや飼育用品の提供、傷病動物に対する治療など多様な分野があり、これまでの災害の発生時には大勢のボランティアにより活動が行われてきました。

また活動への参加の形も、所属する団体の一員や、個人として、または、現地動物救護本部等が実施する動物救護活動に協力するなど、様々な形態が見られました。このような中で、被災地に駆け付けたボランティアの動物救護活動にあたっては、様々なトラブルも見られました。本ガイドラインでは、大規模災害の際に被災ペットの救護等を実施するボランティアが、自治体と円滑に協働し、活動していただく上での一つの指針となるように、これまでの活動事例を基に、望まれる行動の基準を示しました。

自治体の皆様には、担当される地域でペットに関するボランティアを受け入れる際やボランティアを育成する際の参考に、また人とペットのために御活躍いただくボランティアの皆様には、災害時の活動が更に有益かつ効果的なものになるように、本ガイドラインを御活用いただければ幸いです。

2.「ボランティアの活動と規範」の目次

はじめに

用語解説

Ⅰ.自治体の役割

1 ペットボランティア活動における自治体等の役割

(1)組織間連携と協働体制の構築

(2)情報ハブとしての役割

(3)ペットボランティアの育成と登録

Ⅱ.被災地で実施するボランティア活動

ボランティアの皆さまへ

1.災害ボランティアの活動について

2.ペットに関する災害ボランティア活動とは

3.ペットボランティアの活動 -災害時の動物救護の歴史-

4.自分にできることは何だろう -ボランティアの種類と役割-

資料編

・防災ボランティアに関する法的枠組

・動物の愛護及び管理に関する法律

・所有者の判明しない犬又は猫その他の動物を拾得したとして申告を受けた場合等の取扱いについて

・ボランティアの定義人とペットの災害対策ガイドライン「ボランティアの活動と規範」は

下記のホームページに掲載します。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0204a.html

r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…